点数保証するTOEFL®テスト/TOEIC®テスト対策専門校

tel/03-4590-0322
tel/06-7713-2108

無料体験レッスン

TOEFLスピーキングセクションの攻略法

日本人にとって最も難関なのがここスピーキングセクションです。

まずはこのTOEFLのスピーキングセクションでは、どのような問題が出題されるのかを見ておきましょう。

出題傾向出題傾向

問題数は6つ。
講義を聞いて要約するものや、2択の問題を出題され、その正解と正解の理由を説明するものなど、実際の大学現場で遭遇する場面が想定されています。

<評価>

それぞれの問題が0~4Pで評価され、以下3つの基準で評価されます。

  1. 1)Style:聞きやすい英語になっているか
  2. 2)English:アカデミックな環境で使える英語力があるか
  3. 3)Structure:分かりやすい内容・文章構成になっているか

しかし、ここのパートは日本人にとって大の苦手。

▽ TOEFLを勉強しはじめて一番はじめに受けるテスト結果例

  • Reading:11
  • Listening:10
  • Writing:5
  • Speaking:4
  • 合計30点

上記のようなスコア結果は本当に多い。
聞くこと話すことに極端に弱いのが日本人の特徴です。

どうやってスコアを上げるか?どうやってスコアを上げるか?

採点官がどのように採点をしているかを把握し、
高得点を取れるための成功パターンを習得すること。

アカデミックなフレーズや単語、聞き取りやすい
話し方を繰り返し修正していくことでマスターしていくのです。

さすればおのずとスコアは上がります。

しかし!これを一人でやるのは非常に難しい。

と言うのも話す内容が

  • ・「Style」聞きやすい英語か?
  • ・使っている単語が「English」アカデミックかどうか?
  • ・「Structure」分かりやすい文章構成か?

これってネイティブじゃないと非常に判断が難しい。
でも、高得点を狙おうとなると、単語に「S」をつけるかどうかって所まで徹底的に見られる。

だからこそTOEFLのトレーニングは、日本人である自分たちだけじゃ難しいのです。

イングリッシュイノベーションズの授業は!?イングリッシュイノベーションズの授業は!?

まず講師はネイティブです。

毎回の授業の中で、自ら課題に取り組んでもらい、
スピーキングを実践してもらいます。

その上で採点官の視点にあった、
スコアの取れる力を身につけてもらいます。

ネイティブ講師だからこそ、採点も出来れば、
間違いに気が付きそれを修正することが出来るのです。

無料で授業を体験する