English Innovations スタッフブログ

TOEFL Writingスコアアップのコツを完全攻略。これを知るだけで10点はあがる!

こんにちは!

 

 

前回に引き続き、

TOEFL対策シリーズをお届けします。

 

 

Speakingに続く、

我々日本人が苦手なOutput….

 

 

Writing

 

 

TOEFLのWritingは、

おおよそ20分〜30分の時間内でパソコンに

 

 

自分の意見(Independent Task)

◇30分 以内に200-300文字記載◇

 

 

もしくは

 

 

記事とリスニングの内容の要約(Integrated Task)

◇20分以内に150-250文字記載◇

 

 

 

を書き込みます。

 

 

 

Writingの一番のコツは・・・

 

実際のEssayを書き始める前に、

 

 

必ずメモを取る事!

 

 

 

思いついた事から話すよりも

 

ある程度書きたいことを

 

整理した状態から書き始めると

 

書くスピードも

 

 

 

おのずと上がってきます!

 

 

(このスキルはSpeaking sectionでも活かせると思いますよ!)

 

 

 

メモ取っていいのは

TOEFLならではの特徴なので

 

 

 

上手く利用していきましょう☆

 

 

 

また、Writingをする際に

 

マイナスになるポイントは・・・

 

*スペル間違い

*文法間違い

*適切な場面で適切な表現を使えているか

 

 

 

さらに

Integrated Taskの場合は

 

*Reading, Listening共に内容が

しっかり理解出来た上で要約出来ているか

 

 

これらがチェックされています!

 

 

 

逆に!

こんなことが出来ると

Writingスコアアップに繋がります

 

 

 

*オーガナイズされた内容であること

→出だし

(Introduction)

→例を踏まえた理由を述べる

(First of all, Secondary, Finallyを使って)

→まとめ

(Conclusion)

 

 

おおよそ5Paragraphを

しっかり理由付けて書くようにしましょう!

 

 

話が色んな方向にいってしまうと、マイナスになります

 

 

 

 

その他は・・

 

*アドバンスな単語を使っているか

*Idiomの利用

 

 

 

などが、より良いEssayを書くためのポイントです!

 

 

 

 

 

ただ、単語やidiomって

 

すぐに覚えて使うことってなかなか難しいし

 

日々の積み重ねが大事なので

 

 

明日からすぐに意識!

ってなかなか難しいですよね・・・

 

 

 

 

 

そこで!

 

 

 

 

 

すぐにスコアアップが出来る

ちょっとしたWriting Tipsをお伝えします☆

 

 

皆様が良く使うであろう

 

「and」

 

という表現。

 

 

 

 

これ、and 以外に何か代用出来る表現をご存知ですか?

 

 

 

日本語でも、

◯◯と◯◯と◯◯と・・・

 

 

と続けるよりも

 

・それ以外にも

・他にも

・さらに

 

 

など

 

「と」に代用出来る言葉って

 

 

たくさんありますよね。

 

 

 

 

それにこういった言葉を

多様出来ると

 

 

 

読み手にもわかりやすく、

 

 

 

表現力もぐっとあがってくると思います!

 

 

 

 

 

 

そこで!

 

 

 

 

Andに変わる表現を

ちょっとだけレクチャーします☆

 

 

 

 

* in addition

* plus

* futhermore

* on top of that

 (これは一番最後に、一番強調したいときに使えるフレーズ)

 

* not only ◯◯ , but also ◯◯ 

=これかなり文字数稼げますし、

アドバンスな表現にもなるのでおススメです!

 

 

 

 

 

いままでAndを多様していたみなさま・・・

 

 

 

これらを取り入れるだけでも

大分表現力が増すと思いませんか?♪

 

 

 

 

その他にも!!

 

 

 

 

【but】の変わりに・・・

 

*However

*On the other hand

*In contrast

*Conversely

 

 

 

 

【because】の変わりに・・・

*Consequently

*As a result

*Due to this fact

 

などなど♪

 

 

 

 

 

きっとTOEFL受験の方以外でも

 

 

メールを英語で打つ方にも

参考になるのではないかと思います!

 

 

 

WritingもSpeaking同様

 

 

添削してもらえる人がいることは

非常に大切です。

 

 

 

 

Writing以外もなんでもそうですが、

 

 

 

勉強はある日突然良くなってる!

 

 

 

ってことはありません  ・・・

 

 

少しづつコツコツ。

 

誰かに指摘をしてもらう環境を作っておき、

 

 

TOEFLテスト本番に臨みましょう☆彡!!

 

無料で授業を体験する

関連タグ:, ,

カテゴリー:

2016/02/11

執筆者 この記事を書いた人:EI staff

EI staff

点数保証をするTOEFL/TOEICの専門校、イングリッシュイノベーションズのスタッフです。スタッフの多くはアメリカからの帰国組です。 私たちもTOEICやTOEFLのスコアアップに苦しみました!その経験を皆様にシェア出来ればと思います。何でも聞いてください。