ビジネス英会話

どちらの情報がお知りになりたいですか?

ビジネス英会話マンツーマンコースの目的

ビジネス英会話マンツーマンコース

ビジネスで使える英語力を養成するためのコースです。

TOECI攻略コースは、スコアをアップを目的とし、読むこと、聞くことが中心のコースなのに対し、ビジネス英会話マンツーマンコースは話すことや書くことを中心とし、実際のビジネス上で英語を使えるようになることを目的としています。

まずは個別説明&体験授業に参加!

ビジネス英会話マンツーマンコースの特徴

  • POINT 1ケーススタディメソッドで、あなたのためのカリキュラム

    ビジネスで良く使うケースに特化し、明日使える英語力をつけます。従来は、すべての生徒に合わせた汎用性のあるカリキュラムを使っているケースが多く、必要のないパートの学習もやらなくてはいけません。
    しかし、実際には仕事内容により英語を使うケースも異なります。

    • ・メールでのやりとりが多い人
    • ・接客で使う英語力をつけたい人
    • ・ミーティングでのみ英語を使う人

    icon本コースでは参加者の使用するシーンに合わせた13のケースを用意し、自分自身が最も利用する頻度の高い講座を選んで受講することが出来ます。

  • POINT 2英語を使うことに重点をおきます

    ソフトバンクの孫氏が2013年に行った71分にものぼる英語のスピーチでのこと。彼ほどのグローバルパーソンでも、ここで使われた英単語数はわずか653語でした。
    また、近年の言語処理システムを使った研究では、1,000語の常用単語でネイティブスピーカーで使う90%の会話がなされいるとの発表があります。

    これは実際にビジネスで使うために必要な語彙力はそれほど必要の無いことを表しています。
    英語を話せるようになるためには、当然、最低限のインプットが必要ですが、実際に使う(アウトプット)ことが不可欠です。

    icon本コースでは難易度の高い文法や単語をインプットすることよりも、
    アウトプット(英語を使う)に重点を置いています。

  • POINT 3日本人の苦手なスピーキングにフォーカス

    読むことは出来る、聞くことも出来る、書くこともなんとか…でも言いたいことが言えないんです(T_T)
    あなたはそんな事ないでしょうか?

    icon本コースでは、今まで日本人が勉強して来なかったスピーキングを集中的に身につけます。
    出来るだけ多くの英語を繰り返し発し、トレーニングして行きます。

ビジネス英会話マンツーマンコースの対象

  • ・読み書きだけでなく、将来のために英語を話せるようになっておきたい方
  • ・TOEICスコアはある程度上げたものの、実際に英語を話す力が不足していると感じる方
  • ・今、まさに英語をビジネスで使えるように求められる方

13のモジュール

下記モジュールのうちからあなたの英語力とよく使うシーンに合わせて選んで行きます。

ターム(学期)ごとに開講予定モジュールが異なりますので、現在の開講モジュールをスタッフまでお問い合わせください。

10段階のレベル構成

モジュール(ケース)の選び方によって成長の仕方は若干ことにますが、以下が期待する成長スピードです。
生徒は10のレベルに分けられ上のレベルを目指します。

ビジネス英会話マンツーマンコースの料金表

本コースはモジュールごとに料金が設定されています。

プライベート
レッスン

20時間(40チケット)

159,600(7,980円/時間)

40時間(80チケット)

299,700(7,493円/時間)

60時間(120チケット)

399,600(6,660円/時間)

80時間(160チケット)

498,700(6,234円/時間)

100時間(200チケット)

577,500(5,775円/時間)

<注意>
※途中の週の授業回数を変更した場合は割引率のみ引き継ぎます。
※テキスト代・消費税が別途かかります。

業界に特化(選ばれる理由)

講師訪問型の研修カリキュラム

無駄なケースは徹底的に排除して業界に必要な業界の為の、
明日から使える英語を身に付けます。

従来の英語研修や通学するタイプの英語学習では、多くの場合でビジネス上汎用性のあるシーンを元に学習して参りました。
とりわけ複数で行う授業の場合、参加者全員の満足度を高めるため、全員が共通して学べる学習目標が必要となります。

特徴としてメール文書の作成、ミーティングで用いる英語など、受講者の使用するシーンに合わせたモジュール制システムを採用。導入企業の事業分野に合わせた専門用語を用いたケースを多用することで、御社のビジネス上にて頻繁に遭遇するだろうシーンの中で学んでいきます。

難易度の高い文法や単語を捨て、実際に使う単語のみに重点をおきます。

TOEICで高得点を狙おうとすると、
1万語の単語が必要とされています。
しかしながら実際にビジネスシーンで使われている会話のほとんどは私達が中学・高校で学んだことばかりです。
ですので難易度の高い文法力を習得することを目標としません。実際に現場の会話で使われている英語構文をを使い、1500単語以下の必要な単語やフレーズを元に授業を展開します。

ケースに合わせて御社用のカリキュラムを作成します!

会社それぞれの必要モジュール履修して、会社独自のカリキュラムを組みます。
1つの授業は15時間で構成されており、必要な英語を最短距離で学びます。

基礎 ① English Basics and Foundation
英語の基礎
② Basic Skill in English Speaking and Conversation
英会話の基礎
③ Basic Skill in English Writing and Composition
ライティングの基礎
④ An Introduction to Business English
ビジネス英語のイントロダクション
聞く・話す ⑤ Business English in the Office
オフィス内での会話を円滑にする
⑥ Participating in Meetings
ミーティングに参加する
⑦ Customer Service / In-Person or Via Telephone
顧客対応/対人・電話
⑧ Speeches for Business-Related Occasions
スピーチをする
読む・書く ⑨ E-mails and Memos
Eメール及び社内文書を書く
⑩ Business Letters
ビジネスレターを書く
選択コース ⑪ Difficult Work Situations
表現の難しいビジネス英語表現
⑫ Sales and Marketing Strategies
営業・マーケティングを英語で学ぶ
⑬ Professional Business Presentations
プレゼンテーションを極める
⑭ Contracts and Agreements
契約書の理解と簡単な修正
⑮ Performance Appraisals and Evaluations
現地人材を人事的な側面で評価・査定
⑯ Analyzing, Hiring, and Managing Employees
契約書の理解と簡単な修正

イングリッシュイノベーションズの教育効果の高いプログラム

16種類の枠を飛び越えた新しい教育モジュールをカスタマイズ!
御社だけの、御社の為の、御社独自の授業を可能に致します。

研修日程・時間も自由自在

好きな曜日、好きな時間に講師を呼べるから、
通常業務の邪魔をしないように時間割を自身で組める。

英語研修を受ける際にどうしてもネックになってくるのが時間の問題。
忙しいあなたも、1分でも無駄な時間を節約したい。そう思う人は多いはず。
BEPはそんなあなたのために開発されたプログラムです。

就業時間中に受講するのはもちろん、会社に1時間早く出社し英語レッスンを受講してから就業する。
また週末に出社する事で、3時間まとめて受講する。などといった形で、あなたや会社に合わせ、自由な時間で設定することができます。

講師訪問型の最大のメリット

学校に通うという移動時間を省くことが出来る。
普段通り出社して会社で勉強して、また仕事に戻れる

例えそれが片道15分でも週2回通えば、1週間で1時間、1年間で約50時間かかることになります。
その点BEPでは普段通勤する会社の中で行う研修形式。少し早く会社に出社する。就業後にその場に残ることで、時間を効率的に使う事ができます。

また学校に通うとどうしても参加する生徒全員のペースを守る必要があります。
その場合、出張や残業の多いあなたを待ってはくれません。
たまには受講できない時間が発生してしまう事もあるかも。
BRPは、あなたや会社に合わせたスケジュールを設定できるため、授業に遅れることはありません。

ペラペラを目指さず使える英語が身につきます!

中学校レベルの英語(500語)+ 専門的な英語(500語)

BEPでは英語技術を向上させる事よりもあなたが働く場面で使えるフレーズを覚えるすることで明日から仕事で使える英語を修得する事が可能です。

また同僚と学びます、授業の中で英語を話す事を体験しておけば実戦で恥ずかしがることはなく、スムーズに英語を使う事ができるようになるでしょう。

更に日々のビジネス上において、同僚と学んだことを使い合うことで必然的に復習をすることになります。今日学んだことを、今日使うことで倍速で英語を身につけることができます。

導入の流れ

  • カウンセリング
  • 契約
  • オーラルテスト
  • クラス編成
  • 授業スタート
  • 受講フォロー
  • 目標達成確認



導入事例

Skechers 世界で3000億の売上を誇るアメリカ生まれのシューズメーカー
IR-Japan IR(投資家対応)・SR(株主対応)活動の総合コンサルティング企業
Vision Global Wi-fiからインターネットに関わる様々な形態に幅を広げられている。
eBOOK 電子書籍サービス。東京証券取引所市場第一部(証券コード:3658)

他多数...

『BEP(ビジネスイングリッシュプログラム)』についてのお問い合せ

無料体験レッスンを申し込む お問い合わせ

新宿校03-4590-0322

大阪校06-7713-2108

横浜校045-777-5730

受付時間は各校舎にて異なる為、各校舎のアクセスメニューにてご確認下さい。