English Innovations スタッフブログ

Duolingo English Testの概要と勉強法を徹底解説【まとめ】

duolingo English test

最近、耳にするようになってきたDuoligo。英語を勉強したい人は1回ぐらい、アプリをダウンロードしてみたという人も多いのではないでしょうか?

しかしこのDuoligo、近年では“Duolingo English Test”つまり「英語のテスト」としても名を馳せつつあります。

英語のテストと言えばIELTSや英検などなど様々ありますが、Dulingoテストはオンラインで、安価に受験できることもあってか、コロナ禍で大きくユーザーを伸ばしています。

この頁ではこのDuolingo English Testについて徹底解説しつつ、その勉強法についても触れていきたいと思います。

Googleトレンドで見るDuolingoの攻勢

GoogleトレンドにみるDuolingoの攻勢

上の表は、TOEFLとIELTSとDuolingoのGoogle(日本)の検索回数を比較した表です。

期間は2017年1月1日から2022年末までの6年間の推移です。

見れば分かる通り、TOEFLが減少傾向であるのに対し、IELTSが微増。Duolingoが増加傾向にあり、追いつく勢いです。

もちろん、あくまでもこれは検索する回数でしか有りません。またDuolingoは英語学習アプリも出しているので、テストだけを行うIELTSやTOEFLとは単純な比較は出来ません。

しかし、Duolinoの勢いがすごいことも同時に事実。

YOHEI社長
YOHEI社長
現在の、海外の大学に行くための英語試験と言えばTOEFLとIELTS!と言う主流は、崩れていくのかもしれませんね。

Duolingo English Testってどんなテスト?

という訳でDuolingoについて調べていきましょう。

まずはどんなテストかって話しです。

運営会社のサイトではテストの特徴として、以下の3つを挙げています。

  • 英語力の認定テストの新しいカタチ
  • 厳正な調査研究と業界トップのセキュリティで確かな保証
  • オンラインでいつでもどこでもアクセスが可能
  • サブスコアによる語学力へのさらに深い洞察…

    ホームページを直訳してみても、なんだか分かりにくいですね。

    要は、テクノロジーを駆使し、今までとは違った形で英語力を判定している「ちゃんとしたテスト」だって事を言いたい訳ですね。

    TOEFLやIELTSとのスコア相関性

    TOEFLやIELTSはとの相関性

    Duolingoが発表しているレポートを見てみると、TOEFLやIELTSとは上の図の様にテストの相関性が出ています。

    実際、テストを受けてみると分かりますが、解いている時間は1時間のシンプルなものです。こんなテストで本当に英語力が分かるの?と疑いを持つ人もいるでしょう。

    AIを活用して出来るだけ、お金と労力に負担をかけずに英語力判定をできるように努めた訳ですが、結果がこの通りです。

    「結構、ちゃんとしたスコア出てるじゃん!」
    「結構、スコアに幅が出ちゃってるね」

    この図の受け取り方はひと様々になりそうですね。

    Duolingo/TOEFL/IELTSのスコア換算表

    Duolingo/TOEFL/IELTSとのスコア換算表

    TOEFL/IELTSとのスコア換算表を載せておきます。

    つまり、米コミュニティカレッジなどを考えている方は75点、海外の四年制大学を目指すなら100-105点程度が必要となります。

    Duolingoを運営している会社について

    Duolingoを運営している会社は2011年に設立されました。本社はアメリカのペンシルバニア州、ピッツバーグ。支社はニューヨーク、シアトル、北京とベルリンにあります。残念ながら日本には無いようですね。

    前述したようにDuolingoはテスト以外にも英語教育アプリを提供しています。実は、このアプリは2012年にリリースされており、累計5億ダウンロードを突破し今や世界中でもっともダウンロードされた教育アプリになっています。

    そして、2021年7月にはNASDAQに上場!現在は英語だけでなく40言語を学ぶことができるようです。

    YOHEI社長
    YOHEI社長
    実は去年、日本の販売代理店をうちでやれないか?と打診してみましたが、自動返信メールで流されました。日本市場にはあまり興味がなさそうです…

    Duolingoテストの特徴は?

    Duolingoテストの特徴は?

    では、ここからはテストについて解説してきましょう。

    すごい簡単に言うと、かなり安く、手軽に受けれるテスト。それがDuolingoです。

    まだテストとして受け入れられている大学の数はTOEFLやIELTSには及びませんが、その数もどんどん伸ばしています。とりあえず、特記項目を5つ挙げました。

    ① 完全にオンラインで受験
    ② テストの所要時間は1時間
    ③ 結果の通知が48時間(2日)で来る
    ④ 受験料金はUS49ドル+TAX
    ⑤ 受け入れている大学の数:4000

    それぞれの解説をしていきます。

    ①完全にオンラインで受験

    これは言葉の通りですね。
    Duolingoテストは、ご自宅の誰も人が入ってこない静かなスペースで、受験しま
    す。

    よって、試験会場に行く必要は有りません。

    ②テストの所要時間は1時間

    テストの所要時間は1時間

    テストの所要時間は60分で完了。TOEFLやIELTSは3時間程度はかかるので、比較すると大分、負担は少ないですね。

    ・試験の準備に(5分)
    セットアップやテストの規則と要件の説明

    ・適応型のテスト(45分)テストは、以下のような流れで進められます。

    ・オープン・エンド型の質問(10分間)

    インタビュー形式で色々と聞かれます。これはスコアには反映されませんが、出願する際に教育機関にも提供されるため重要です。

    ③結果の通知が48時間(2日)で来る

    Dulingoは結果が来るまでの期間が短いです。
    試験を受けてからわずか2日以内にメールで届きます。

    これは他の試験よりも圧倒的に早いです。

    ④受験料金はUS49ドル+TAX

    受講料金が安い。

    TOEFLは235ドル
    IELTSは25,380円

    ここから考えても、海外大学に出すための英語要件をクリアするためのテストとしては格安です。

    ⑤受け入れている大学の数は4000

    海外教育機関の出願要件として認可されている数は2023年1月現在で4000。TOEFLやIELTSが11,000程度なので、そこからすると見劣りします。

    主要な大学やコミュニティーカレッジは使えるようになって来てはいますが、まだどこでも認められているという訳では有りません。

    よって、まずは出願する予定の大学や教育機関がDuolongoテストを受け入れているのかを、まずは調べておくことが重要です。

    YOHEI社長
    YOHEI社長
    2023年1月時点で4000の教育団体がDuolingoを受け入れていますが、この数もすごい勢いで伸びています。
    いずれはTOEFLやIELTSにも追いつくかも、ですね。

    Duolingoテストのデメリット

    Duolingoテストの結果が無効です

    自分も受験してみましたが、試験を受けて1時間たって見返してみたら、なんと「受けた試験は無効です!」と出てしまいました。

    理由はバックでなにか他のアプリが動いていたんだと。

    「ダメならもっと早く言えよ!!受け終わってから言うなよ!!」

    全アプリを閉じてからやったつもりなのに…なんででしょ。2度とやる気が起きず、自分はそのままです。

    しかし、ググってみると同じ現象の人も結構いるようです。

    つまり自宅で受けられる試験だからこそ、PCやネット環境のチェックなども自分でやらないといけません。今回のように上手くいかなかった時、理由が分からない時に誰も頼れないのは困りますね。

    こんな人におすすめ

    結論、海外の大学、大学院進学を目指すのであれば、現時点では、Duolingoの対策だけをするのはオススメしません。理由は、まだ使える大学がTOEFLやIELTSなどの半分にも満たないので、受験できる大学の数が限られてしまうからです。

    でも以下のような使い方は良いと思います。

    1)TOEFLやIELTSの準備をしている人が、Duolingoも受け、スコアの良い方を提出する。
    2)行きたい大学が決まっており、Duolongoテストを受け入れている
    3)あくまでも英語力を向上させるための試験として活用する。安いので良いかと!

    YOHEI社長
    YOHEI社長
    何回も受験して良いスコアを提出できるというのは多きなメリットですよね

    Duolingoの対策・勉強法について

    Duolingo英語テスト(DET)はTOEFLやIELTSと比較して英語力の判定方法が独特です。よって、攻略のコツが少なく対策が難しいテストです。

    試験自体はアダプティブ、つまり英語力によって出題される問題が変わるので、難しいと感じることはTOEFLやIELTSと比較すると少ないかもしれません。

    しかし受けてみると分かりますが、Duolingoの試験問題はとにかく独特です。

    1) 模試を受け、テスト形式に慣れる

    テストに慣れる事

    Duolingoのウェブサイトにいけば、無料の攻略ガイドと模擬テストがあります。
    試験の構成を理解すべく、テストを受けてみましょう。

    >Duolingo無料模試の受験ページへ

    何にせよ、まずはこれをやることです。

    2) 語彙を増やす

    ボキャブラ・語彙問題

    Duolingoでは単語のリストが出ます。単語の音を聞いて、または並んでいる単語の中からそれが本当に存在する英単語なのかを判定するパートがあります。

    よって、高得点をとるには単語力が必要となります。
    ただ、単語の意味を言えるというよりは「その単語が実際に存在しているのか」がわかれば良いので、完璧に覚えようとするのではなく、出来るだけ多くの単語に触れておくことが重要です。

    使用教材はTOEFLやIETLSの教材で良いかと思いますが、音声を聞いて判断できるように、アプリなどを上手く利用するのも手です。

    3)写真を説明する練習をする

    写真描写問題

    写真をみて内容を説明するスピーキング問題が出ます。

    これに対応できるように、インスタグラムやフェイスブックなどの写真を見て、自分なりに説明出来るようになっておきましょう。

    4) 発音練習

    発音練習

    テストでは発音もみられます。短い文章を声に出して読むトレーニング、ブログの記事やニュース記事を発音を意識しながら読みましょう。

    5)ディクテーションの練習

    ディクテーションの練習

    Duolingoテストには、短い英語の文章を聞き取り、書き取る部分が有ります。ポッドキャストやYouTubeのビデオを英語で聞いて、自分で書いてみる。つまり、ディクテーションを反復しておくのが有効です。

    また、発音の練習にもなるので、それを声に出して繰り返し読みましょう。

    Duolingoを本格的に対策をしたい方へ

    最後に私たちの話しをさせてください。

    当校、イングリッシュイノベーションズはTOEFLやIELTSなど英語試験対策の専門校です。2014年に日本に誕生して以来、年間1000人以上のスコアアップをサポートしてきました。

    なお、Duolingoに関しても、現在、対策講座を開発中です。講座は短期間、おそらく5日間程度でマスターできる内容になるかと思います。

    当校は、新コースのリリース当初はモニター生として講座の費用は半額で提供しています。もし興味がある方は以下のフォームよりお名前とメールアドレスを登録しておいてください。

    講座の詳細が固まりましたら、ご連絡させて頂きます。
    Duolingo講座の事前登録フォーム

    特別割引キャンペーン実施中
    \授業料が10%OFFに!/

    関連タグ:

    カテゴリー:

    2023/01/09

    執筆者 この記事を書いた人:Yohei Otsuka

    YOHEI OTSUKA

    イングリッシュイノベーションズ代表取締役CEO。2005年に渡米、留学会社を現地で設立。日本帰国後、2014年に当校を設立。現在は日・英・比で学校運営に携わる。2022年にはIELTSの運営会社であるIDP Educationと共著でIELTS公認問題集を出版。

    特別割引キャンペーン実施中
    \授業料が10%OFFに!/

    かんたん1分無料体験レッスン予約

    無料体験レッスンの流れ

    授業の様子