English Innovations スタッフブログ

採用・昇進時に求められる基準、TOEICは何点?スコア別企業一覧【まとめ】

企業まとめ

就職活動をする上で、今やTOEICは必須の資格になりました!

企業の応募要件にTOEICスコアの提出が条件となっている会社はとても多いです。

また、会社の中での昇進の条件としても活用されており、TOEICスコアを持っていないと昇進ができない…
といった状況は近年では珍しくなくなりました。

当校、イングリッシュイノベーションズは英語学校を運営するものとして、現在の日本企業が求めるTOEICのレベルを日々調査しています。

と言うのもTOEICを勉強する上で、目標スコアの設定がとても重要になるからです。

自分は何点を目指すべきなのか?
就職したい企業は何点を求めているのか?

まずは自分が目指すスコアを知り、自分のモチベーションにすることがとても重要だと言えます。

以下に必要な点数表も記載しているので、こちらを参考にゴール設定にご活用いただけると幸いです。

採用時、企業が求めるスコアは

「いったい何点TOEICスコアがあれば履歴書に書けるのか?」

履歴書にTOEICスコアを書いて英語力をアピールする。これは高いスコアを持っている人なら誰もがやっている事です!

では、どれぐらいの会社が採用する際にTOEICスコアを参考にしているのか?まずはこれを見てみましょう。

2019年採用時のTOEICの必要な割合
「2019年度英語活用実態調査」(2019年)


「上場企業における英語活用実態調査」(2013年)

上のグラフを見てみてください。

こちらは、上のデータは公式が発表する「2019年度英語活用実態調査」の結果になります。

55%以上の企業が採用時にTOEICが求められる、もしくは参考にしているのがわかります。これを見ると半数の企業・団体で思っていたよりも少ないと思われる人もいると思います。しかし、下のデータは、2013年に公式が発表した「上場企業における英語活用実態調査」によると約70%の企業が参考にしている、参考にすることがあるとあります。調査は上場企業が対象、中小企業でもTOEICスコアを求める会社は年々多くなってきています。これからの就職活動でTOEICスコアなしで勝負する!と考えている方は、おのずと選択肢の幅を狭めてしまうことは間違いなさそうです。

2013年よりも明らかにグローバル化が進む中で、上場企業は今ではもっとTOEICのスコアを求めていることが濃厚と言えます。

新入社員に期待するTOEICスコア

結論、2019年は新入社員に求めるスコアの平均は企業・団体全体で545点でした。

もちろん企業や業界・部署によっても求めるスコアは異なります。

海外に事業を展開してる会社、または海外展開を目指している会社は高いスコアを当然求めることでしょうし、逆に国内向けに限定して事業を展開している企業はさほど高いスコアを求めていないかもしれません。

ちなみにTOEICテスト、2021年8月のTOEICの平均スコアは614.5点でした。直近10回分の平均スコアをまとめても612.5点でした。以前まではTOEICのスコア平均は580点と言われていましたが、ここ数年でかなり平均点も上がり、今後企業が求めるスコアはさらに高くなると予想できます。

中途採用社員に期待するTOEICスコア

一方、中途採用に求める平均スコアは平均620点。

若干ですが、中途の方が高くなっています。

中途雇用をされた社員は即戦力を求められています。日本企業の海外進出企業が増えている昨今、今すぐにでも海外で活躍できる人材が求められているのかもしれません。

履歴書に書くのであれば2022年現在は新入社員600点以上、中途社員700点以上は欲しいところかもしれません。

昇進時にTOEICスコアが必要な業種・業界

TOEICのスコアは会社の中で昇進する上でも参考にされています。

「上場企業における英語活用実態調査」(2013年)の情報によると、具体的な数字で言えば15.8%の企業で異動、昇進・昇格の要件となっております。

業界別にみると、情報通信・通信サービス、商社の業界で圧倒的に求められています。特には必然的に海外との取引や輸入・輸出等での英語のやりとりがあるため、社員全体で英語の必要性が必須となっているのです。とは言え、どの業種でも英語ニーズは確実に増えてきています。企業によっては既に主任・係長、課長以上の昇進条件でTOEICスコアが必要なところも増えてきています。

英語は日本で最も人気の習い事。これから入社してくるライバル社員たちはすでに高いTOEICスコアを持って入社してくるという訳です。

必要に迫られてから、TOEICなどの英語テストの対策をするのも良いですが、現在日本社会全体の動きとしてにある程度の英語スキルが求めらています。

採用・昇進時に求められるTOEICは何点?スコア別企業一覧

ニコちゃんマーク

何点を求められているのか、スコア別に見てみましょう。

600点以上求める会社

採用会社

採用

  • 出光興産
  • 王子製紙
  • 大正製薬
  • 大和ハウス工業
  • ニトリホールディングス

昇格・昇進

  • 住友林業
  • マツダ
  • トヨタ自動車
  • 日本IBM
  • 富士通
  • 住友商事
  • NEC
  • 三井物産
  • 富士通
  • 丸紅
  • 日立製作所
  • 横浜ゴム
  • 日本ビクター
  • 楽天

海外赴任

  • キャノン
  • 大成建設

表を見る限り、やはり大手を受ける方は600点は最低限必要のようですね。足切りの条件としている会社も少ないないようです。

今や基準値がさらに上がっている企業もあります。日本の企業でも輸出入がある企業は英語の必要性は必須となるでしょう。

650~730点以上求める会社

630〜730

採用

  • アサヒビール
  • 佐川グローバルロジティックス
  • シチズンホールディングス
  • 三菱自動車(700点以上)
  • 東京電力(700点以上)
  • ブリジストン(700点以上)
  • ヤマト運輸(700点以上)
  • 三菱電機(700点以上)
  • ファーストリテイリング(700点以上)
  • NTT東日本(700点以上)
  • 武田製薬(730点以上)
  • ソフトバンク(730点以上)

昇格・昇進

  • 日立製作所
  • 双日
  • ソニー
  • ブリジストン
  • 楽天
  • キリンビール(700点以上)
  • ファーストリテイリング(700点以上)
  • シャープ(700点以上)
  • 伊藤忠商事(700点以上)
  • 住友商事(730点以上)
  • 日本IBM(730点以上)
  • 丸紅(730点以上)
  • タバコ・ジャパン合同会社(730点以上)

海外赴任

  • みずほ証券(700点以上)
  • 資生堂(700点以上)
  • シャープ(700点以上)
  • 伊藤忠商事(700点以上)
  • 住友商事(730点以上)
  • 丸紅(730点以上)
  • 三井物産(730点以上)

入社時では600点でよかった企業も、昇進の際にさらに上のスコアを求められるような企業も出てきました。

また、テレビなどでも良く聞くような会社、世界に名を馳せていれば会社ほど高いスコアを求めてきています。

また入社しても役職があがるにつれ、会議等で海外とのやり取りは密に取るようになるため、入社後もTOEICの勉強は必須となるでしょう。

社会人

800点以上求める会社

800店以上

採用

  • 韓国サムスン(900点以上)
  • 韓国LG
  • 韓国ヒュンダイ
  • 住友不動産
  • 野村不動産
  • 野村ホールディングス(860点以上)
  • NTTコミュニケーションズ(860点以上)

昇格・昇進

  • 韓国サムスン
  • 日立製作所
  • 三井住友
  • KDDI
  • サイバーエージェント
  • 京葉銀行(830点以上)

海外赴任

    • 富士通(860点以上)
    • 三菱商事(860点以上)

韓国の企業が求めるTOEICスコアは日本の企業と比べてもかなり高いです。

韓国では、日本以上に大企業に勤めることを重要視している人が多い傾向にあります。例えば世界的に有名となったサムスンに入社するためには900点を越えなくてはいけません!

TOEICが公開している情報によれば、900点以上持っている人というと、全体の約3.6%しかいません。日本人ももっと頑張らないと、世界からどんどん遅れをとってしまうかもしれませんね。

TOEICスコア分布図

スコア分布

あなたがとったTOEICスコアの世の中の該当レベルは上のグラフでCheckしましょう!

これを見ればあなたの英語力はどの位置にあるか、どれぐらいの英語力があるかも自分で把握できますね。

何かをはじめるときは、まずは現在の自分の立ち位置を知ることが非常に重要です。あなたが将来どんなことが出来る人になりたいか。その為にはTOEICの取得が必要でしょうか?

もしYESの場合は、何か始めるのに遅すぎることはありません。具体的にどうスコアを上げていくのかを考えていきましょう。

英語でアウトプット出来る力まで求める企業も増加傾向

社会人腕組み

近頃は通常のTOEIC試験では測れないSpeaking, Writingスキルを求める会社も増えてきています。聞く読むといったインプット力だけでなく、話す、書くといったアウトプット力も求めらてきています。

その証拠に最近ではGMAT(英語(Verbal)、数学(Math)、ライティング(Analytical Writing)、総合分析能力(Integrated Reasoningのセクションに分かれた能力判別テスト)やTOEICスピーキング、ライティング試験の取得を求める企業も増えてきています。さらに、外務省ではTOEICではなくTOEFLを条件としています。

これは読む聞くだけじゃダメ。アウトプットも出来るかを確認したいという事に他なりません。

日本人はスピーキングが本当に苦手。当校でもスピーキングのスコアを伸ばしたくて駆け付けてくる生徒さんもたくさんいます。

TOEICのスコア、どうやって伸ばせばいいのか分からない!?

講師

まとめると、企業が求めるスコアは業種やポジションなどによっても異なります。

しかし、ざっくり言えば新卒で履歴書に書けるレベル最低スコア550点、
中途採用の転職での最低スコア600点、
外資系や海外展開をしている会社だと800点程度は欲しいところです。

目標とする点数が決まったら早速実践。

自分で勉強しているがなかなか成果が出ない、最短でスコアを上げたい方は点数を保証するTOEIC,TOEFL,IELTSの専門校、イングリッシュイノベーションズの体験レッスンに参加してみてください。

当校の体験レッスンは学校についての説明もさせて頂きますが、どのように勉強すればいいか、スコアアップの秘訣についても伝授しています。きっと参考にして頂けるのではないでしょうか。

体験レッスンは無料です。新宿・大阪(梅田)・横浜・オンラインにて行っています。
通常授業へ参加していただくため席数を限定させていただいています。お越しになる際は必ず事前のご予約を!!

 

特別割引キャンペーン実施中
\授業料が10%OFFに!/

関連タグ:, , , ,

カテゴリー:

2022/03/29

執筆者 この記事を書いた人:Yohei Otsuka

YOHEI OTSUKA

イングリッシュイノベーションズ代表取締役CEO。2005年に渡米、留学会社を現地で設立。日本帰国後、2014年に当校を設立。現在は日・英・比で学校運営に携わる。2022年にはIELTSの運営会社であるIDP Educationと共著でIELTS公認問題集を出版。

特別割引キャンペーン実施中
\授業料が10%OFFに!/

かんたん1分無料体験レッスン予約

無料体験レッスンの流れ

授業の様子