English Innovations スタッフブログ

IELTS試験とは【初心者向けにマルっと解説します】

IELTSの本

IELTSは全世界の受験者数が300万人突破した世界的に最も有名な英語力判定テストということを知ってましたか?

海外大学進学や、または日本での大学や高校進学、海外への移住にIELTSが必要ということを最近日本でも耳にすることが増えてまいりましたが、IELTSとはどんなテストなのかご存知でしょうか?

 

IELTSテストにも種類がある?
目的に応じて受験をするテストが異なる?
そもそもどんなテストなの?

 

IELTSテストとはどんなものなのか?試験内容などをまるっと解説します。
あなたのIELTSデビューのきっと参考となるでしょう。


※記事後半ではIELTS各技能の勉強法などの紹介もあります。
 こちらも、是非参考にしてみてくださいね。

 

IELTS試験とは?

ケンブリッジの教材

IELTSとはInternational English Language Testing Systemの略で、ケンブリッジ大学英語検定機構、ブリティッシュ・カウンシル(英語文化振興会)IDP Education(国際教育サービス事業) によって協同で運営されています。

イギリス、アメリカ、オーストラリアなどの140カ国以上の教育機関、国際機関、政府機関で採用されている世界的に認められた英語運用能力試験です。

IELTS試験の種類

IELTS試験には3つの種類があります。

  • Academic Module
  • General Training Module
  • IELTS for UKVI

試験の種類①: Academic Module

「留学生の英語力が英語圏もしくは英語で授業が行われる大学や大学院に入学して授業を理解できるほどのレベルがあるか」を評価、判断するものとして使用されています。

 

イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドを含む多くの大学や大学院では、このAcademic Moduleの試験結果に基づき、入学が許可されるかどうか判断します。

試験の種類②:General Training Module

英語圏での就業、職業訓練などの学業以外の留学を希望としている、もしくはオーストラリア、カナダ、ニュージーランドへの移住申請をする際に必要となってくるものです。

試験の種類③:IELTS for UKVI (UK Visa and Immigration)

イギリス国旗
英国政府が認める Secure English Language Test (SELT) のひとつで、英国ビザ申請のために必要な英語能力証明テストです。

このIELTS for UKVI もAcademic と General Training という2種類の試験形式に分かれます。

 

しかし、上記で説明した従来の IELTS とは試験内容と採点方法に違いはありませんので、試験対策に影響は出ません。
では、従来のIELTS とIELTS for UKVI の違いは何でしょう。

IELTSとIELTS for UKVIの違いって?

考えている女性
通常のIELTSは、大学留学やワーキングホリデーのビザ申請で必要ですが、IELTS for UKVIは英国に移住申請する際に必要となるものです。

そもそも、通常のIELTSとIELTS For UKVI では、実施されている組織が異なります。

IELTSは日本の場合、日本語英語検定協会、一方のIELTS For UKVI はブリティッシュ・カウンシルによって運営されています。

そのため、どちらの試験を受けるかで申し込み先が変わってくるので注意が必要です。

そのほかにも、受験料や試験当日もしくは試験中のセキュリティに違いがあります。
本
また、本来ならばTier4(学生ビザ)を申請する際はこのIELTS for UKVIで各セクション5.5以上を取得しなければなりません。

しかし、留学先の大学や大学院がイギリス移民局から許可を得て、HTSリストに記載されている場合には、出願時に必要とされた従来のIELTSスコアはそのままTier4の証明としても認められます。

移民局から許可を得た大学とは、英語のレベルの審査に対する権限を移民局から移譲されていることを意味しています。

先ほど出てきたHTSリストはイギリス政府のHPに記載されていますので、事前に確認してください。

勉強している学生
Highly Trusted Sponsor(HTS)の資格を持つ教育機関へ、学位(学士、修士、博士など)取得を目指して留学しTier4学生ビザを申請する方は、留学先の教育機関が指定する語学力証明>を提出する必要があります。

話している学生
つまり、留学先が指定しない限り、IELTS for UK Visas and Immigration(IELTS for UKVI)を受験する必要はなく、世界1000カ所ものテストセンターで行っている通常のIELTSを受験し、その結果で申請することができます。
ブリティッシュ・カウンシルより引用

つまり、HTSリストに出願する大学がある場合は、出願要項にIELTS for UKVIの指定がなければ、通常のIELTSでOKです。

逆に、大学名がリストにない場合は、IELTS for UKVIを受験しなければならないということです。

IELTS試験に関する基礎知識

ここでは、それぞれのIELTS試験ではどのようなスキルのテストがあるのか試験料は、どれくらいの頻度で試験があるか、などIELTSの基礎知識を確認していきましょう。

IELTSの試験内容

ライティング、リーディング、リスニング、スピーキングの4技能に分かれて行われます。

ライティングとリーディングに関しては、Academic ModuleとGeneral Training Mouleで問題内容が異なります。

各セッション間に休憩はなく、合計2時間40分の試験時間です。

スピーキングセクションは、筆記の場合2日後、コンピュータの場合は当日の午前中に行います。

試験の概要
日本英語検定協会

受験料

通常IELTS :25,830円
IELTS for UKVI :30,600円

試験方法

筆記
コンピュータ
(どちらの試験方法を必要とするかは、出願先に確認しましょう)

試験日程と会場

全国16の都市でほぼ毎週実施

*コンピュータでの試験は東京のみでほぼ毎日行われています

(東京テストセンター:札幌・仙台・埼玉・東京・横浜・長野・金沢・静岡)
(大阪テストセンター:名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡・熊本)

申し込み方法

公益財団法人日本英語検定協会のHPから:インターネット・郵送
一般社団法人JSAFのHPから:インターネット
(申し込み際にパスポート番号が必要です)

試験結果

IELTSの試験結果
合格・不合格はなく1.0〜9.0のバンドスコアで示される。
各技能の英語力もこのバンドスコアで評価されるほか、総合評価とオールバンドスコアが与えられる。

それぞれのスキルごとに1.0〜9.0のバンドスコアで出てオーバーオール(平均点)が1.0〜9.0でスコアが出ます。

例:バンドスコアがリーディング6.0、リスニング5.5、ライティング6.0、スピーキング5.0
4スキルの平均5.625となるので、切り下げとなり、オーバーオール5.5となります

(これらの成績も受験するタイプによってスコアの受取日が異なります。筆記の場合は受験日の13日後、コンピュータの場合は5〜7日後)

受験者数

世界で年間300万人以上 (2017年調べ)

IELTS筆記試験とコンピュータ試験の違い

基本的に試験内容・採点基準・試験時間・スコアの有効期限・受験費用はどちらも同じです。

上記で示した以外での違いは、受講回数が1日1回の筆記試験に対し、コンピュータ試験は1日に2〜3回開講されており、コンピュータならではの試験方法が施行されます。

例えばライティングでは、筆記試験は紙とペンで書いていきますが、コンピュータ試験はキーボードにタイピングすることになります。

また、リスニングは会場全体に流される音声ではなく、ヘッドフォンを装着して聞くことになります。

IELTSの問題構成

上記の基礎知識で説明したように、両Moduleともリスニングとスピーキングセクションの内容は同じになります。

リスニングセクション

英語を聞いている女性
Task :1日常会話
2〜3人の電話でのやり取りが一般的で、電話番号や時間、名前や住所などを問われることが多い。


Task 2:日常説明

1人の話し手により、日常生活に関わる説明が読まれる。それを聞きながら穴埋めや、短い質問に答える。


Task 3:アカデミックな会話

2〜4人が研修や学校での場面で話された内容に対して、穴埋めや、短い質問に答える。


Task 4:アカデミックな説明

1人の話し手により、研修や学校での場面が説明されるほか、ニュースについても話や講義形式で出題されることもある。

スピーキングセクション

(面接官とインタビュー形式)

Task 1:自分の名前や出身地、趣味や家族の事について10個ほどの質問をされることが一般的。


Task 2:
タスクカードにて指定されたテーマについてスピーチ。1分程考えた後(メモ取り可能)、1〜2分で話す。
(この際、ストーリーを考えたりすることもあるため、想像力が試される)


Task 3:
Task 2で出題されたテーマに沿って4〜5分ほど、質問の受け答えを交えて面接官と議論を行うものが一般的である。
(具体的にどのような会話なのかは公式サイトに例が載っています)

会話している男女

リーディングセクション

ここからは、各Moduleによって問題内容が異なります。

Academic Module
書籍や雑誌、新聞などから一般教養についての文章が、各パッセージ900文字前後で出題される。

 

General Training Module
上記の内容に加えて、広告やチラシ、パンフレットなどからも出題される。
2つ目のパッセージまではAcademic Moduleで出された文字数より少ないが、3つ目のパッセージは長くなる。

 

ライティングセクション

Academic Module
Task 1:棒グラフや折れ線グラフなどの様々な種類の表や図のデータを見て、主な特徴を挙げたり比較したりしながら要約するものが一般的。

Task 2:出されたテーマについて、自分の意見やその理由を自分の知識や経験を交えながら250字以上で論理的に書く。

 

General Training Module
Task 1:お礼・依頼・苦情などのフォーマルな手紙を150字以上で作成する。
(書く際に、書いてはいけないことなどのルールを指定されることがある)

Task 2:こちらのタスクはAcademic ModuleのライティングのTask 2とほぼ同じ問題内容である。
ただし、Academic Moduleに比べて出題されるテーマが日常的なことが多い。

 

留学する際に必要とされるIELTS試験のスコア

学生の卒業
IELTS試験のスコアは、オーストラリアを含む様々な国の大学・大学院に入学する際に必要とされることが多くあります。

その際、どのくらいのスコアが必要かどうかは、それぞれの機関によって異なりますが、以下が一般的な目安と言われているスコアです。

  • 一般的な大学:5.5〜6.0
  • 大学院:6.5〜7.5
  • 専門学校:5.0
  • 語学学校:0〜4.5
  • 看護師や医師:全Module7.0以上

また、IELTSで取り扱われる英語は主にイギリス英語になります。

それに加えて、オーストラリアや南アフリカ英語といったイギリス英語から発展した英語も使用されています。

IELTS試験はイギリス英語だけどアメリカ英語との違いって?

黒板に英語が書いてある
この2つの違いとして大きく分けて単語、スペリング、発音と3つあります。

一例を見てみましょう。

たったそれだけのことか、と思うかもしれかせんが
アメリカ英語になれている方であれば、大きく違和感を感じるのではないでしょうか?

単語の違い

アメリカ英語イギリス英語
ApartmentFlat
ElevatorLift
Gas stationPetrol station
CookieBiscuit

スペリング

アメリカ英語イギリス英語
ColorColour
CenterCentre
ApologizeApologise
LicenseLisence

アクセント、発音

アメリカ英語とイギリス英語で決定的に違うとされているのは、発音またはアクセントを置く場所だと言われています。

英単語の表記やスペリングはお互い似ているので、テストではどちらか一方に統一されていれば問題ないです。

リスニングの試験は必ずと言っていいほどイギリス英語が主なので、IELTSを受ける予定だがイギリス英語に慣れていない!という方は、早めにイギリス英語をたくさん聞いて耳を慣らしておくのがスコアアップに繋がります。

最近では動画サイトでイギリスアクセント、発音を特集した動画もあるので、一度見てみるのもいいかもしれません。

IELTSどうやって勉強すればいいの!?

悩む女性

ここでは、IELTS各技能の勉強法を紹介します。

IELTSを勉強されている方からよく耳にするのが

・IELTSの勉強しかたがわからない

・自分の行っている勉強法があっているのかわからない


・独学で勉強しているが、教材の答えをみても何故その解答が正解になるかわからない


・スコアが伸び悩んでいるので、各技能の勉強法を詳しく知りたい

IELTSは4技能のスコアで、合計スコア(Overall)がきまるのですべての技能の力を伸ばす必要があります。

ただ、やみくもにIELTSの勉強をしていてもスコアアップは望めません。

また、やみくもに勉強してしまうと、勉強時間だけ取らてしまう結果となります。

スコアアップを目指すうえで、各技能の勉強法を理解することは重要です。

下記記事では各技能の採点基準、問題の構成、勉強法などを詳しく解説しています。
(IELTSアカデミックモジュールに関してです。)

また、リーディングに関しては、IELTS特有の問題に関しての説明もあります。

是非、参考にしてみてくださいね。




イングリッシュイノベーションズの体験授業(無料)に参加してみませんか?

会社名

「やっぱり独学で勉強をすることが不安」
「独学で勉強しているが、スコアが伸び悩んでいる」
「最短でスコアアップを目指したい」

そんな方は、イングリッシュイノベーションズの体験授業(無料)を受けてみてはいかがでしょうか?

当校の体験レッスンは学校についての説明もさせて頂きますが、IELTS対策とスコアアップの秘訣についても一部伝授しています。

当校の特徴は、IELTS,TOEFL,TOEIC対策を全て英語で行うことです。

一見英語だと説明が分かりにくそうなのですが、実際には逆で、卒業生は皆さんかなり短い期間でスコアを上げています。

私たちのメソッドに自信と実績があるので、点数保証制度も設けています。

生徒の皆様から、英語で授業を受けることでスピーキング力、リスニング力はもちろん、聞きながらノートを取るスキルなど実践的な英語力も身につけることできるという声を多数いただいています。

体験レッスンは無料。新宿・大阪(梅田)・横浜・京都(四条)で行っています。

興味のある方はまずは授業を体験してみてくださいね。

 

無料で授業を体験する

関連タグ:, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

カテゴリー:

2019/07/15

執筆者 この記事を書いた人:Yuki

Yuki

元留学カウンセラーであり、ニュージーランド、オーストラリア語学学校にて勤務経験もあります。また、海外でアシスタント英語教師や現地ツアーガイドなどもしていたので、コースや英語の勉強法はもちろん、現地の生活から観光まで、英語、海外について何でも聞いてください!