English Innovations スタッフブログ

TOEFLの勉強で自然にTOEICスコアもあがる!【卒業生の声】

先日イングリッシュイノベーションズを卒業したありさ(東京都在住・高校3年生)
彼女から嬉しいご報告を受けました!

TOEFLのスコアアップのためにイングリッシュイノベーションズに12週間(約3カ月)通学。
元々英語は好きでした!とお話していましたが、スタート時のレベルは43点。(高校生で40点以上のスコアは個人的には、さすが!という感じでしたが・・)

それがなんと、TOEFL43点から69点の26点アップ!
(R:10 L:12 S:10 W:11)➡(R:18 L:20 S:14 W:17)

TOEIC655点のスコアが825点まであがりました!!

TOEFL、TOEIC共にこれだけ短期間での著しいスコアアップは素晴らしいです!

現役高校生故、普段から英語に触れる機会や様々なジャンルの教育に触れる機会は多かったと思いますが、この3カ月どんなことを意識してスコアを伸ばしたのでしょうか?
基本的にはTOEFLの勉強をメインに進めていましたが、
今回TOEFLの勉強=TOEICスコアも上がる!ことを証明してくれました。

3カ月のTOEFL勉強でやったこと【簡単まとめ】

≪Reading(10点➡18点)≫

Readingを上達させるには、やはり慣れだと思います。そんな短時間では中々スコアは上がらなかった。けど、ストラテジーを知ることで段々伸びていきました。問題のパターンを知ることで、どこの文から答えを探せばいいかが知れてとても役に立った。ボキャブラリーをさらにやれば、もっとスコアアップ出来たと思います。

≪Listening(12点➡20点)≫

Listeningも慣れかなと思う。講師から長い講義形式のリスニングの中でどこを聞き逃してはならないのか。何が質問でよく問われるのかを教えてもらってから、効率的にメモが取れ、よく聞けるようになりました。何がポイントかわからず闇雲にメモを取るより、知っててよかったストラテジーでした。おかげで正解率が上がりました!

≪Speaking(10点➡14点⦅最高18点⦆)≫

Speakingは常に英語に触れていないとテストの日だけっていうのは絶対に難しいです。授業にくれば、講師がネイティブなので絶対に英語を話す機会があったし、英語を話すことへの抵抗感も3カ月前と比べると薄れた気がします。リスニング同様、スピーキングの問題ごとのテンプレートを覚えてしまえば、どんな問題の時にも同じストラテジーが使えるので、とても役に立ちました。

≪Writing(11点➡17点⦅最高18点⦆)≫

Integrated Task(リーディングとリスニングのまとめのやつ)では、テンプレートを覚える事が大切でした。スピーキング・ライティングはテンプレートを覚えただけで、絶対にスコア上がりました。テンプレがわからないと、どのように話すか、書くかがわからず、実際にはスキルがあっても点数には反映されないので、TOEFLの勉強をする際には、マストで覚えなくてはならないことだと思いました。イングリッシュイノベーションズでの通学は3カ月だけだったけど、このテンプレを毎回必ず授業で教えてくれるので、自然と毎回復習が行え、定着していきました。あとは書き始める前のメモは実際に書き始めたときのスムーズさに繋がって

TOEFLの学校を通ってみた感想

「イングリッシュイノベーションに入って、心の底から良かったなと思います。TOEICもTOEFLも上がったのはこの塾のおかげです。外国人の先生に教えてもらってとても楽しかったです。料金もTOEFL〇〇〇ー〇(某老舗TOEFL学校)より断然安くて質の高い授業でとても満足です。これからも英語を楽しんで勉強したいと思います。今までありがとうございました!☺」

10か月間のアメリカ留学から帰国してすぐ通いはじめたありさですが、TOEFLが思ったようなスコアではなく、英語漬けの環境だったからと言って、スコアに反映されるわけではないんだな、と実感。
留学生活をしていた彼女にとっても、何もTOEFLのことを知らずにスコアを獲得する難しさを実感したそうです。

うちに通う前には違うTOEFL学校に通っており、そこでの勉強法が合わずスコアが変わらなかったそうです。

はじめて来た時には、伸びるかどうかご両親ととても心配されていましたが、彼女の努力あって大学推薦に必要だったTOEFLスコアも余裕ももってクリア!
そのあと当初予定していなかったTOEICも受けてみたところ、825点獲得と、本人もご両親も大満足の結果となりました!

TOEICのスコアは何で上がったの?

驚くことに、TOEICの勉強はほとんどしなかったそうです。
「TOEFLの勉強の後だったので、TOEICはまったく難しく感じませんでした。TOEFLでは、生物・科学・歴史・経済・地学・天文学などあらゆるトピックがあるのに対して、TOEICで出題される日常会話・ビジネスの内容は、専門用語も少ないですし全然大丈夫でした。

なにもしなくてもTOEICのスコアがあがったのは、間違いなくTOEFLの勉強で総合英語力を鍛えられたことが大きかったです。

唯一難しかったのは、TOEICはタイムマネジメントを意識しながら問題を解かないと、最後まで解けなかったことだと思います。気にかける部分は違えど、TOEFLの勉強はしていてよかったなと思いました!」と、TOEFL/TOEICの両方の受験を経て感じられた貴重な意見!

日本ではいまだTOEICの需要のほうが大きいですが、近年では企業や受験などでTOEFLスコアを活用する場面も増えてきています。

ありさのように、どちらのスコアも獲得しておくことと、受験のあとの就職活動など活用できる機会がたくさんあります。
選択肢を増やすことで、将来の可能性が広がるとしたら彼女のように1つの目標がクリアしたあとに、違う英語の資格を受けるのはナイスだと思いました!

今、TOEIC,TOEFLどちらかの勉強をしている方はついでにもう一つの試験を受けてみるのはいいかもしれませんね。

無料で授業を体験する

関連タグ:, , ,

カテゴリー:

2016/11/05

執筆者 この記事を書いた人:Kana

Kana

小学校の頃に アメリカ、ニュージャージー州に滞在。 大学卒業後、某大手英語学校に勤務しました。 その後ロサンゼルスに夢だった留学を果たし、 先日日本に帰国しました。 趣味は高校生からずっと続けているチアダンスです☆ 目標のために英語をがんばる人を応援します!