English Innovations スタッフブログ

【TOEFL Speaking/Writing】本気で80点越え目指すにはイディオム使用はマスト

TOEFLを勉強している皆様!

 

スピーキング, ライティングでIdiomを利用すると

ますますスコアUPにつながることってご存知でしたか?

 

 

コミュニケーションする上でもNativeが良く口にするイディオム

色々知っておけるといいですよね!

 

今日は色んな場面で使えるイディオムをいくつかご紹介していきます。

 

 

① A piece of cake
=こんなの楽勝だよ!

人物 (18)

 

 

For Example

〝That English test was a piece of cake.”
「あの英語のテスト楽勝だったよね!」

〝Don’t worry about it. It’s just a piece of cake !”
「心配しないで、あんなの朝飯前だよ!」

 

ケーキ一個くらいなら余裕で食べられるよ!

というアメリカ人の強気な表現から、さまざまな出来ごとに対して

「そんなに大変ではないよ!」という意味で使われるそう。

強気なところとか、ケーキとか・・・さすがアメリカ!

 

 

② To feel under the weather
=気分がすぐれない、体調不良

人物 (65)

 

For Example

〝I am feeling a bit under the weather today.”
「今日ちょっと調子悪いんだよね」

 

暴風雨が原因で船に乗っている船員が船酔いしたことが語源だそう!

「I’m sick…」ほど大げさではないときに、すごく使える表現ですよ!

 

 

③ To kill two birds with one stone
= 二つの問題を同時に解決すること。一石二鳥!

shutterstock_173798813 (2)

 

 

For Example

“By studying TOEFL you can kill two birds with one stone.

You can improve your TOEFL score and communication skills.”

「TOEFLの勉強をすると一石二鳥だよ。

スコアもあがるし、コミュニケーションスキルもあげられるからね!」

 

日本語の一石二鳥とまったく同じ意味ですね!1つの石で2羽の鳥をしとめる!という意味。

 

 

④ Break a leg
=健闘を祈る、がんばって!

アメリカ (10)

 

For Example

“Break a leg Sam, I’m sure your performance will be great.”

「絶対に素晴らしいパフォーマンスになるよ!がんばって、サム」

 

よく舞台やプレゼンテーションなどのパフォーマンスの前にかける言葉。

舞台関係者の間では、“Good luck!”「幸運を祈るよ!」と言うと、

その逆の“bad luck”が起こるという迷信があるそうです。

そこで、“Good luck!”の代わりに、“Break a leg!”「脚を折れ!」

と言うようになったと、一般的には言われているみたいです。

 

 

⑤ knock on wood
=「良い事が続きますように」「悪い事を避けられますように」

shutterstock_112044458

 

For Example

I haven’t been flu yet. I’ve gotta knock on wood.

「まだインフルエンザにかかってないんだよね。これからもかかりませんように!」

 

“Knock on wood”(木を叩く)は不吉を追い払う魔除けのおまじないのようなものです。

“touch wood”と言うこともあります。

不吉を呼ぶような発言をしたら、

木製の机などをコンコンと叩いて「不吉を追い払う」迷信があるのです。

実際「knock on wood」と口に出して言ったり、

何も言わずに木でできたモノを叩いたり、両方したりします!

 

 

⑥ play it by ear
=成り行きに任せる

LA (7)

 

For Example

It’s hard to know how the situation will develop. Let’s just play it by ear.

「この状況をどうしたら良くなるかなんてわからないよ。とりあえず成り行きにまかせよう。」

 

もともとの計画ではなく、起こった出来事に臨機応変に対処しよう!成り行きにまかせよう!

という意味でよく使われます。

語源はバンドで他メンバーの演奏を聞きながら自然に反応する、

つまり「耳で」即興の演奏をするという考えに由来しているそうです。

 

 

まずIdiomを自分で使えるようになるには

例文をそのまま覚えることが一番の近道だと思います!

 

 

海外ドラマなどはこういったIdiomの宝庫。

私はよく英語字幕にしながら「これあきらかにIdiomだよな~」と思ったのを

その場でiPhone のSiriに聞いたりしています。
(英語で聞くと自分の発音Checkにもなりますよ♪)

 

 

 

いざ!って時のために、たくさんのストックをもっておいて

 

TOEFL Speaking, Writing スコアUpしていきましょう☆

 

 

ちなみに・・・もし、Idiomをガッツリ勉強したい方へは

IDIOM ADVENTURE

 

無題

こういった本を使って勉強してみるのもいいですよ!

無料で授業を体験する

関連タグ:, , ,

カテゴリー:

2016/03/10

執筆者 この記事を書いた人:EI staff

EI staff

点数保証をするTOEFL/TOEICの専門校、イングリッシュイノベーションズのスタッフです。スタッフの多くはアメリカからの帰国組です。 私たちもTOEICやTOEFLのスコアアップに苦しみました!その経験を皆様にシェア出来ればと思います。何でも聞いてください。