English Innovations スタッフブログ

【IELTSリーディング対策】早く読むコツ、効率的な単語の覚え方

ほとんどの方が最もスコアが取りやすいというリーディング、
IELTSが出している公式スコアでも日本人の平均スコアの中で唯一6.0を超えているのがリーディングです。

Listening 5.91
Reading 6.11
Writing 5.38
Speaking 5.58

内容を詳しく知り勉強をすることで
更に高いスコアを取り、Overallのスコアアップを狙うことができます。

テスト内容

時間:60分
形式:ペーパーベース
パッセージ数:3
問題数:40問(各パッセージ13~14問)
文字数:各パッセージ800文字~900文字程度
問題傾向:文章は様々な専門分野に関する記事(新聞、雑誌等)や、
書籍などから転記されたもの(文章自体は専門家ではなく一般向けの内容)
専門的なトピックの場合、注釈がつくこともあります

注意点!
ペーパーベースで手書きのテストですので
スペルミス(読めない文字を含む)指示に沿っていない場合(語数制限など)は得点となりません。

IELTS独特の問題

IELTSリーディングには他のテストにはない独特な問題形式のものがあります。

■Choose ONE WORD ONLY from the passage / Choose NO MORE THAN TWO / THREE WORDS from the passage…
文章の中の単語2語/3語以内を使って回答する・文中の語を使って要約文や表などの穴埋めをする、文章から1つの単語のみを抜粋して答える問題です。
例えばNo more than 3 wordsの場合、3単語以内なので、答えが2単語ということもあります。

■True, False or Not Given / YES,NO or Not Given

文章の内容と一致するか否かの正誤を判断する問題、TRUE / FALSE / NOT GIVENで回答。
もしくは、YES / NO / NOT GIVENのような場合もある。

設問の情報が正しければTrue、間違っていればFalse、
その情報が本文に含まれていなければNot Givenとなります。

■Which paragraph contains the following information? / Choose the correct heading for paragraphs

どの情報がどこのパラグラフに書かれているのかを回答する問題
答えはそれぞれのパラグラフの番号ABC,,,で答える。
各パラグラフに対する見出しを選ぶという問題もあります。

独特の形式のためIELTSを勉強しないと練習ができない問題であり、
高スコアを取るには必ず対策のいる問題形式です。

リーディングの勉強方法とコツ

リーディングの勉強をする上で、最初のステップはまず”読む”ということに尽きるのですが
どのように読み進めていくのか、ということを知ることで、効率よく読むことがきるようになります。

IELTSリーディングにおいて早く読むことは最も重要なスキルです。

早く文章を読む、英語の文章を読み慣れるには、多くの文章を読む必要があるのですが
何を、どのように読むか、ということが重要となります。

英語の文章を読む練習

まず、練習で読む文章はIELTSの問題分である必要はありません。
むしろ自分に興味のあるトピックの記事や、小説で問題ありません。
自分が興味を持って、楽しんで読み進めていけるトピックであるものをまず選びましょう。

ただし読む文章のレベルは自分のレベルにあった物を選んでください。
例えば小説であれば見開き1ページ読んで、内容が50%以上理解できないのであれば難しすぎるので
最低でも70%は内容がわかる=単語も70%以上分かるものを探して読み進めていきましょう。

次に読む時間を決めてください。
毎日20分なら20分と決めて、時間をはかって読めるだけ読んでください。

この時に大事なのは、読んでいて分からない単語が出てきても、
そのたびに読むのを止めて辞書で調べることをやめましょう。

分からない単語には印をしておいて、20分読んだ後で見直して
その時に辞書で調べ、単語帳に分からない単語をメモしておいてください。

最後に意味を調べた上で、さらに理解するために読んだ文章をもう一度読み、
詳しい内容を理解して、楽しんで毎日続けれ習慣を作りましょう。

また、時間内に読めた文章量をチェックしておくことで
読む速度が早くなってきたか、ということも確認できます。

70%以上の理解を目安に、読むものを徐々に難しいものにしていき、
読めるトピックの幅を広げていくように練習をしていきましょう。

リーディングのコツ

リーディングの試験が始まったらまずは設問をすべて読みましょう!
どんな質問がされているのかを簡単に理解し、問題のキーワードとなるものに印をつけることを忘れないようにしましょう。

IELTSは紙で行うテストですので、リーディングの問題にメモを取ることができます。
問題のキーワードに印をつけ、その後本文を読み、同じキーワードと思われるものに印をつける、
代名詞が何を表しているかをメモする、というように文章を読み解きやすい用にメモを取りながら読み進めましょう。

回答は必ず本文の中にあります。
例え問題の答えと思われるものが知らない単語だとしても、
前後の文章から答えと思われるものが見つけることができれば、
それを正しく書き写し、すべての回答欄を埋めましょう。

スペルが間違えていたり、読めないと不正解となりますので
スペルに自信がない単語を書き写す時は特に注意してください。

また、上記のIELTS独特の問題では、文字数などの規定を正しく読んで
正しい回答の方法で回答をしましょう。

True/Falseの問題をYes/Noで回答していまうと、もちろん不正解となります。

たとえ時間がなく焦っていても、問題の正しく指示を読みましょう。
当たり前のように思えるかもしれませんが、実際のテストではいつも出来ることができないことは多々あります。
普段から試験と同じように時間を意識して、練習問題を解くことが重要です。

IELTSの単語

英語を理解する上ではもちろんですが、リーディングで特に重要となるのは単語力です。
読解力+単語力=速読力です。

単語の覚え方は数多くあり、人によって覚えやすい方法は異なると思いますが
ここでは2つの暗記方法をご紹介します。

文章で覚える方法

この方法は単語の意味だけでなく、使い方に重点をおいた暗記方法です。

慣れるまでは日本語で意味を書いても問題ありません、ただし品詞を必ず書き
また自分で作った例文を考えて書きましょう。

もし類義語、対義語を知っている場合はそれも書いておく
そうすると1つの単語で2つ、3つの単語を覚えることができたり、
すでに類義語、対義語を覚えている場合、使い方もわかっているので文章の中で使うことも簡単!

品詞を描くことでこの単語が文章のどの位置で使えるのか、ということも覚えることができ、
例文は自分で作成することで使い方も同時に覚えることができるので、単語を覚えるだけでなく、
文章の中で英語を使いこなすことができるようになる方法です。

例:Approximately
Approximately(Adv)
類義語:About, almost, roughly
意味: used to show that something is almost, but not completely.おおよそ
例文:The number of students at English Innovations is approximately 300.

この方法では何度も単語を書いて覚えるということはしません。
例文をそのまま覚えるイメージで単語を覚えていきます。

ただし単語帳を作るのには少し時間がかかります。

フラッシュカード

古典的な方法と思うかもしれませんが、確実に成果の出る方法でもあります。

表面には覚えたい単語、
裏面には意味(できれば英語)類義語、対義語、品詞
を書いて覚えるというものです。

最近では携帯電話のアプリなどもあり、
携帯電話さえあれば自分用のフラッシュカードを作ることもでき
持ち運びも簡単にすることができます。

問題を解いたり、文章を読みながら分からない単語が出てくれば調べて
アプリにメモしていくというのもいいのではないかと思います。

ただし文法を理解し、品詞の使い方がわかっていないと
単語の使い方を覚えることが難しいので、
リーディングで出てくると意味は分かるが、ライティングでは使えないといったことがおきることがあります。

家で学習する際は文章で覚える方法の単語ノートを作り
移動時間ではフラッシュカードで覚える
というように2つの方法を組み合わせて単語を覚えることで
より効果的に単語を覚えることができます。

イングリッシュイノベーションズでできること

イングリッシュイノベーションズでは経験豊富なネイティブの講師が本番のテストと同様に採点し、
スコアアップのための個別アドバイスをしています。

6週間に1度ある模擬テストでは、実際のテストと同じ形式で試験を受けることができます。
また、採点するとともに、生徒一人ひとりにテストのフィードバックを行っております。

新宿校、梅田校に校舎があり、無料体験レッスンを行ってりますので、
興味のある方はまずはレッスンを体験してみてください。
1日でご案内出来る人数は限定されていますので必ず事前に予約をしてくださいね。

無料で授業を体験する

関連タグ:, , ,

カテゴリー:

2018/06/05

執筆者 この記事を書いた人:Yuki

Yuki

元留学カウンセラーであり、ニュージーランド、オーストラリア語学学校にて勤務経験もあります。また、海外でアシスタント英語教師や現地ツアーガイドなどもしていたので、コースや英語の勉強法はもちろん、現地の生活から観光まで、英語、海外について何でも聞いてください!