English Innovations スタッフブログ

失敗しないIELTS学校・塾選び【授業スタイル、料金比べてみました】

IELTS失敗しない学校選び

IELTSの受験者数は世界で年間350万人以上!日本でも5万人を超え、受験者は増加傾向。この増加に伴い、日本ではIELTSを指導するスクールや塾の数も年々増えてきています。

そこで、今日は、IELTSの学校の選び方について徹底的に分析、解説していきたいと思います。学校選びの参考にして頂ければ幸いです。

IELTSのスクールについて解説する私について

IELTSの試験会場

解説するのは私、イングリッシュイノベーションズの代表を勤めるYOHEIです。

私の教育・学校業界のキャリアは2005年にアメリカで留学エージェントをはじめた時から。世界2000校以上の大学や語学学校を訪れ、自分の足で見て提携してきました。つまり英語学校を見る目は肥えていると思います。

また、自分自身のIELTS学習経験はもちろん、当校で毎年1000人以上のスコアアップに関わってきた過去があります。ネイティブ講師や生徒たちの声など、全てを元に「失敗しないIELTSの学校を選ぶためのポイント」をお伝えしたいと思います!

なぜ独学ではなく、学校・塾に通うのか?目的を再確認

IELTSの学校ってどんなのがあるの?

IELTSに関わらず、英語試験は基本、自分との戦いです。もちろん、独学でもできない事はないですが、スピーキングやライティングセクションがあるため、どうやってスコアを上げていくのかイメージできない人も多いと思います。

よって、結論、独学で勉強するよりは学校に通ってスコアをメイクする人が多い傾向にあります。

しかし、どの点が難しいのでしょうか?なぜ、学校に通うのでしょか?そこで、まずは学校に通うその目的について改めて確認してきましょう。

私が学校に通った方が良いと思う理由は以下の5つです。

  • ネイティブチェックを受けれる
  • ストラテジーを効率的に学べる
  • 学習のリズムを作れる
  • 周りに一緒に勉強する仲間を作る
  • 教材の入手

独学だと、ライティング、スピーキングの採点が出来ません。自分の答えが正解なのか?答えられているのか?分からないので、勉強をしていてもどこかでつまづいたり、スコアに伸び悩んでしまうことがあります。

また、講師は攻略ストラテジーを教えることだけを試験対策のプロです。当然、自分でやるより効率的に学べることでしょう。

また、一緒に学ぶ仲間も重要です。IELTSの勉強は数週間で終わるものではありません。仲間と学ぶのはモチベーション維持にも繋がります。

YOHEI社長
YOHEI社長
これらを通じで、結果として、早く、確実にスコアが取れる、という事だと思います。

独学で勉強したい人はこちらも参考になさってください。

IELTSスクール・塾の授業料金の相場

学校に通うとなると当然のことながら、お金が掛かります。ここでは料金について解説します。

まず前提として、日本には英語の学校は多く存在しますが、IELTSコースのある学校はあまり多くはありません。理由は単純で、指導する講師にも専門的なスキルを要するからです。よって総じて言えることは、授業単価は他の試験対策コースと比べても少し高めの傾向です。

では、それがいくらになるのか、これは後で説明する授業のスタイルによっても大きく異なり、単純な料金比較は難しいです。

とは言え多くの人が授業の質はもちろん、授業料は学校選びをする中で大切にするポイントとなるので、レッスン数と授業の時間単価で比較してみましょう。

レッスン時間と料金表

表の通り、マンツーマンレッスンを提供している学校は1時間単価で計算すると6,000円~8,000円。グループレッスンのスクールで2,000円から5000円程度の学校が主流です。

YOHEI社長
YOHEI社長
グループレッスンのスクールとしては当校が最安値になるかと思います。

プライベートかグループレッスンか?

当たり前の話しですが、グループレッスンはプライベートレッスンよりも安いです。

プライベートで、お金をかけてでもきめ細かくやってもらいたいのか、ここは費用も加味して、グループレッスンで効率的に対策をしていきたいのか?の違いだと思います。

両方できるのがベストです。しかしどちらかを選ぶならば個人的に私のおすすめはグループレッスンです。

というのも、IELTS対策をする上では、長時間英語に触れるていうことがスコアアップの鍵の一つになります。特に日本人はネイティブと会話をしてきた時間が圧倒的に少ないため、リスニングもスピーキングもハンデが有ります。

その点プライベートだと料金がしてしまう分、どうしてもレッスン時間が短くなってしまいます。なので同じ費用ならばグループで長くレッスンを取ることが良いと思います。

さまざまなIELTS学校・塾のスタイル

さまざまなIELTS学校・塾のスタイル

しかし当然、学校と一言に言っても、それぞれにスタイル、レッスンスタイル、授業時間、料金とさまざまな違いがあります。という訳で、その辺の違いについて触れていきたいと思います。

考えるぺきポイントは4つあります。

  • マンツーマンかグループか
  • 日本人講師が良いかネイティブ講師か
  • コーチングスタイルか指導型か
  • オンライン英会話はどうか

どれが良いか、ではなく、どれが自分に合うかが大事だと思います。それぞれどんな特徴があるのかみていきましょう。

マンツーマンかグループか

授業を受けている画像

IELTSの学校・塾を選ぶ上で、マンツーマンかグループレッスン形式の学校に通うかは迷うポイントだと思います。

マンツーのメリットは、一人ひとりの学習進捗に合わせてカスタマイズしてくれること、また単純にマンツーであるが故に会話量が増える事がメリットでしょう。

しかし、当然、費用は高くなります。また、グループと比べて授業時間は短かくなってしまうので、会話密度は増えても、英語に触れているトータルの時間は減ってしまうかもしれません。

一方で、グループの場合、基本は講師の費用を、参加者みんなで割っているため、比較的授業料は安い傾向にあります。

また、授業参加する仲間同士で切磋琢磨できることもメリットとして挙げられます。他の生徒の意見を聞くことができるので、スピーキングやライティングで自分以外の意見や解き方などを聞き、自分では出てこないアイディを得ることができるかもしれません。

YOHEI社長
YOHEI社長
グループは一緒に学ぶ仲間がいるのでモチベーションが維持しやすいですね

日本人講師かネイティブ講師か

学校を選ぶポイントとしてまず考えて欲しいのは、講師が日本人かネイティブか。

これは、結論、ことIELTSのハイスコアを狙うのであれば、ネイティブの講師から指導を受ける方が良いと思います。

無論、日本語で聞き、日本語で質問ができるので授業の内容を理解をすることは簡単でしょう。しかし、日本語で指導を受けても、授業中にリスニングやスピーキング力を伸ばすことは難しいでしょう。日本人から学ぶのであれば、ここは「スコアを取るための対策法を知る」という事に徹するのが良さそうです。

一方で、ネイティブ講師による英語の授業はどうでしょうか?
もちろん、授業は英語ですから皆さん不安に感じるのは、授業についていけるのか?理解ができるのか?ということでしょう。英語で英語を習うので、分からない時にはどうしたらいいのか?と戸惑ったりもしてしまいそうです。

実際、英語での授業は慣れるまで時間はかかります。しかし、ことIELTSのスコアアップという意味では英語での授業の方が最終的にメリットの方が大きくなると思います。授業も自分からの質問もすべて英語になりますので、授業を通じてリスニング力やスピーキング力もつくからです。

また、授業に徐々に慣れて、英語を英語で習うということに抵抗がなくなってくると英語に対する理解度が高くなります。

皆さんは海外の大学でついていけるだけの英語力をつけたいのですよね?留学後もしかり、高いレベルを目指すのであればあるほど、英語は英語で理解する必要がいずれにせよあるのです。早い段階で英語脳にしておくことをおすすめします!

オールイングリッシュの授業を体験してみたい方は、当校でもやっておりますので、ぜひ体験してみてください。

体験レッスン申し込みボタン

コーチングスタイル授業か指導型か

最近ではコーチング型のスクールも出てきています。コーチングスタイルでは主に、勉強の仕方を教えてくれる、または勉強習慣を作ってくれるお手伝いをしてくれるというのがメリットでしょう。

    ・専属コーチがついてマンツーマンで学習サポート
    ・生徒に合わせて効率的に英語習得できるオリジナルカリキュラムを作成
    ・レッスン以外の日にもメールなどで情報交換およびサポート

と言ったサポートが全面に出ています。

レッスンはマンツーマンかもしくは少人数制で行われ、試験なども定期的に受けて成果を確認し、結果に応じてさらにその後のレッスンプランを作成していくというようなスタイルです。専属のコーチがつくので相談もしやすく、勉強方法もサポートしてくれます。

しかし、基本コーチはマンツーマンだし、時間単価が高い傾向にあります。また、普段からの自分自身のマネージメント能力も問われます。
レッスンプランを作ってもらっても、それをするのは自分自身ですので、意識を高く持ちモチベーションを維持するには自分自身のマネージメントが必要となります。

一方、指導型については、授業に参加すること自体がペースなので、基本は通って、ちゃんと聞いていればスコアは上がるようにカリキュラム化されています。よって質の良し悪しはあれど、基本は学校任せにしておけば良いかと思います。

オンライン英会話で学ぶのはどうか?

最近では海外の学校がオンラインで授業を提供していたりします。基本、オンライン=インターネットでSkypeやZOOMなどを通して授業を行うのが一般的です。

講師は多くの場合、フィリピン人が多く、アメリカ人などネイティブスピーカーの場合もあります。

メリットはずばり、ズバリ費用と時間でしょう。学校にもよりますが、通学型よりは安く、また時間も好きに選ぶことが出来ます。24時間いつでも講師の空きがあれば予約ができるというものもあります。英語を手軽に触れたい、仕事時間の終わり遅い方、シフト制の方などには適していると言えます。

ただし、基本的には講師がIELTSのノウハウをもっているか、というとここはクエスチョンです。一般的なオンライン英会話の場合、ただ英語が母国語であれば講師にはなれます。英語の指導には慣れている講師もいますが、IELTSの試験に精通している人は希少です。

よって、オンライン英会話は単に、「英語の流暢さ」を上げるという目的のため、補完的に利用するのが良さそうです。

YOHEI社長
YOHEI社長
オンライン英会話をやりながら、他の学校に通うという使い方がオススメです。

短期講習も効果的

自分でペースを作るのが苦手な人は、スコアが取れるまでの間は学校に通い続けるのがオススメですが、もし、出来るだけコストを抑えたい。もしくは攻略テクニックだけを短期間で学びたいという方は短期講習もおすすめです。

これは2日間や5日間といった短い期間で1日8時間などの授業時間を設け、ほとんどが同じ場合・同じメンバーで、短期間に集中して行うレッスンのスタイルです。

集中して短期間で英語に長時間触れることができるので、早急にスコアを上げたい場合、追い込みをかけたい場合などに向いています。
多くの学校さんが、GW・夏休み・年末年始などの長期休みを利用して短期講習を開催するところが多く、時間を有効に活用することができます。

まとめ

イングリッシュイノベーションズロゴ

最後に宣伝です。当校、イングリッシュイノベーションズでは、IELTSの専門的な指導ができるネイティブスピーカーの講師陣が正しい知識と攻略法で、最短でのスコアアップをサポートしています。を提供しています。

もし、学校に通う事を検討されている方は一度無料体験レッスンを受けてみてください。学校でしか学べないことがわかり、学校に通う必要性を感じることができると思います。

体験レッスンは無料。新宿・大阪(梅田)・横浜・オンラインにて行っています。みなさまからのお問い合わせお待ちしております!

特別割引キャンペーン実施中
\授業料が10%OFFに!/

関連タグ:,

カテゴリー:

2022/02/12

執筆者 この記事を書いた人:Yohei Otsuka

YOHEI OTSUKA

イングリッシュイノベーションズ代表取締役CEO。2005年に渡米、留学会社を現地で設立。日本帰国後、2014年に当校を設立。現在は日・英・比で学校運営に携わる。2022年にはIELTSの運営会社であるIDP Educationと共著でIELTS公認問題集を出版。

特別割引キャンペーン実施中
\授業料が10%OFFに!/

かんたん1分無料体験レッスン予約

無料体験レッスンの流れ

授業の様子