English Innovations スタッフブログ

【リーディングをあげたい!】新形式TOEICで700点をとろう!変更点・対策法

この記事は、600点は越えたけど、次は700点を目指している方。特にリーディングに苦手意識を感じている方にお届けします。

もしあなたがまだ600点の壁を越えれていない場合、こちらの記事を先にご覧ください。
【確実にTOEIC600点獲得】対策・方法を完全伝授します

大きな目標を掲げる前には、基礎固めが必要です。ここではある程度、英語やTOEICの基礎はあるという前提でお話しを進めていきます。TOEICレベルとしては、中上級レベル向けでしょうか?

700点に求められるスキルとはなんなのか。リスニング・リーディングの得意分野だけを鍛えても補い切れなくなるのが700点の壁です。新たな壁を突破するためには、避けてきた勉強にも手を出さなければいけない段階となってきました。

ただ、この壁を越えれたときに、またあらたな英語のスキルが身につくことは間違いありません。しっかり戦略立てをし、対策していきましょう。

TOEIC700点をとるには、7割の正答率が必要

TOEICは全部で200問。点数でいうと990点が満点です。
これの7割。140問以上を正解するとざっくりですが700点を突破できると計算できます。

現在のあなたのスコアはいかがでしょうか?

たとえばあなたが、リスニング350点、リーディング250点の場合の場合。
たしかにリスニングのほうがスコアは高いですがリスニング・リーディングそれぞれ495点満点なのでリスニングにもまだまだ伸びしろがあります。こういう方に関しては、元々リスニングには苦手意識がないはずなので、リスニングを400点越え、リーディングを300点越えするような勉強方法・対策をすることがオススメです。

逆にリスニングが400点越え、リーディングが200点代・・・なんて方。
このような方は、圧倒的にリーディングが課題、と顕著ですね。リスニングの対策には多くの時間を割かなくてもいいので、リーディング対策に一定の期間を費やしましょう。

リーディングが200点代の人の課題は、圧倒的に語彙力の不足です。文法の基礎もよくわかってない方が多いと思うので、一度TOEICで出てくる基本文法の見直しはしましょう。TOEICの文法は理解できれば、基本は同じことを繰り返し問われます。ここを押さえず他のリーディング対策をしてしまうことは、目の前に釣れる魚に見向きもせず、釣りする場所を移動してしまったり、さらに大きい魚を捕りに行ってしまうような感覚でしょうか。目の前の魚を地道に集めることでも、収穫につながるはずなのに。

ちなみに、うちの学校では完全に後者のリーディングが圧倒的に弱い方の来校率が高いです。日本のTOEIC全体平均は、リスニングが高い方の割合が多いです。リスニングが高い方は、うちのオールイングリッシュの授業で、元々得意なリスニングを強化+リーディングの基礎を上げる、という一石二鳥な勉強方法が可能となります。

TOEIC旧型式と新形式の違いは?

ちなみに、あなたが最後に受験した形式は旧型式ですか?新形式ですか?2016年5月よりTOEICの形式が変わっているため、新形式で受けてみたら思っていたスコアより下がっていた・・なんて話も良く聞きます。

ざっくり言えば、正解しやすかった問題数は減り、難易度の高い設問の問題数が増えました。例えば、文法がある程度理解できる方が取れやすかったパート5は、40問が30問に問題数が減りました。

いままでになかった新しい問題もあります。どんな問題かというと、より実践に近いシチュエーションでの問題が増えています。
リーディングのパートでは新しい問題が設立されたところは、パート6とパート7です。

パート6は、文書の中の空欄が3つ。×4つの文書で問題が出題されていましたが、新形式では空欄が4つ。×4セットで出題されるようになりました。しかも、旧式では語彙を入れる問題だけでしたが、適切な文章をいれる問題が新たに増えたため、文章全体の中身を理解しなくては解けない問題が増えました。

パート7では、文書が1つ、もしくは2つある問題の設問に答えていくのは旧型式だったのに対して、トリプルパッセージといい、3つの文書を読み設問に答えるもの増えました。これを意味することは単純に読む量が増えたこと。いままで以上に、速読力を鍛えること。速読のために必要な単語力が必要となりました。

さらに、チャットや携帯メッセージのやりとりも新形式では出題されるようになり、ビジネスメールや広告のような文章だけではなく、口語表現や日常会話のやりとりのフレーズの理解も必要となりました。

今まで対策してこなかった方には、痛い変更ではありますが、新形式でスコアの獲得ができることは、実践で使える英語の理解に繋がります。前向きに取り組むことが出来れば、実践の場で大いに役立てられるでしょう。

TOEIC700点になるために必要な文法


大きく分けると、TOEICで押さえるべき文法問題はこちらの6種類。

✔品詞問題
➡同じ単語だけど、文脈の中から名詞・動詞・形容詞・副詞などを選ぶ問題。それぞれの形が大体決まっており、名詞の終わりが ~tion,~ment・・になる。などと覚え、文中のどこが空いていると名詞なのか、動詞なのか、形容詞なのかを理解できればそこまで難しくない。TOEICの文法問題の半分が品詞問題なので、確実に押さえるべき文法問題。

✔動詞問題
➡品詞問題の次に出題頻度が高いです。現在形・現在進行形・現在完了形など日本人の多くが苦手とする文法問題。時系列で考えたときに、いつの話をしているのか。動詞がどの視点で使われている動詞なのか(主述の視点 vs 能動態か受動態か)を見極めて問題に答える必要がある。

✔前置詞・接続詞問題
➡複数はこの手の問題もでます。in,at,on,despite,althoughなど前置詞で使われているか、接続詞で使われているか。どのシチュエーションで使われるかを暗記すれば、確実に正解できます。基本の前置詞や接続詞の使い方をまずは理解する必要があります。

✔代名詞問題
➡he, his, him, himselfの選択肢で適切なものを選ぶような問題。そこに空欄があるかで、ここも覚えてしまえば、そこまで難しい問題ではありません。

✔関係詞問題
➡who, whom, whoever, whoseの中から選ぶような問題。人を指しているか、物を指しているか。これもある一定のルールがあるので、そこさえ押さえれば確実に抑えられる問題です。

✔ペア表現・比較問題
➡both, either, neither, soなどの選択肢問題。こちらもパターンを抑えてさえしまえば、そこまで難しい問題ではありません。

TOEICの文法のパターンはこの中から確実に出されます。数でみれば、そこまで沢山のパターンがあるようには見えないですよね?これを一つずつ理解していく対策を早速初めていきましょう!ちなみに著者は、現在860点保持していますが、いまだに動名詞の理解がはっきり出来ず、動名詞の理解を諦めました(笑)

はじめから諦めてしまってはダメですが、勉強しながら「全然意味わからん!」というものは、潔く他のパートや単語の勉強にシフトすること。時間の活用の仕方としては有効な場合があります。本当に理解が出来ないものには諦めてもいいと思うので、70%くらいの文法を人に説明できるようになっていれば、確実に700点突破に向けて準備ができるでしょう。

TOEIC700点になるために必要な単語・読解


リーディングが苦手な方の大半は、問題を最後まで解ききっていません。単語量と文書の読解は密に関連しているため、単語力がない方がどんなに速読のトレーニングをしたところで、一向に文書の意味が理解できません。

これは単純に活字を読むことに抵抗があることと、単語量が少ない、どちらか、もしくは両方に原因があります。

単語量が増えないと・・・
内容の理解が出来ない正解に結び付けない。最後まで問題が解けない。となります。

最後まで問題がいかない!
と悩む方は、まずは単語量を増やしましょう。

何か1つ単語帳を買って、700点突破に必要な単語をひたすら覚えてください。
(この時ポイントなのは、800点越えに必要な単語など難易度の高い単語は見なくてOK!!)

単語は一回みただけでは、覚えません。毎日毎日見る習慣をつけて、確実に覚えます。本番で「あー、この単語見たことあるけど、どんな意味だったっけ」となった時点でタイムロスです。しっかり単語を見た瞬間、意味が理解出来るよう覚えましょう。

ある程度単語の意味が理解出来たら、次に、文書を日頃から読む習慣を作りましょう。

700点に必要な単語力をつける 
速読力を鍛えるために、文書を日頃から読む習慣を作る。

この順番で700点に向けた対策を行いましょう!
■パート5:語彙の問題
■パート6,7:単語・読解力
これらのブラッシュアップに確実に繋がります。あとはどれだけあなたが本番までに言い訳せずに、この対策をやり遂げるかが重要です。

【バックグラウンド別】TOEIC勉強の方法、まとめ


ここまでリーディングのパート別対策方法をお伝えしました。
TOEIC600点を既にもっている方に向けての記事でしたが、最後に、あなたがどんな経緯で600点を獲得したかを教えてください。その経緯がわかると、あなたの勉強のクセがわかります。実際の勉強をする際に参考になるかと思います。

初めてのテストで600点を越えられた人

もっとも伸びしろの可能性を秘めています。TOEICの形態を今一度確認し、苦手なところをひとつずつ確実にすることで、そこまでスコアアップには苦労しないはずです。あなたが苦手なのは、文法でしたか?単語でしたか?迷ったら個人的には単語の勉強をすることをオススメしますが、文法の勉強を一切してこなかった・・という方は一度見直すことで、確実に取れる問題が増えていくでしょう。

3カ月~半年以上TOEICの勉強をしているけど、700点に行けない人

もしあなたが600点まではあがったけど、それ以降伸びなくなった・・・ケースであれば、単純に1つ1つの理解がなんとなくは出来ているけど、人に説明しろと言われたら「どうやって説明すればいいかわからない」という問題が多いはず。文法問題にせよ、単語問題にせよ1つ1つの理解を、この記事でお伝えしたように深めていけばかならず700点突破は出来るはずです。ながら勉強ではなく、しっかりインプットが出来た!と自信をもって言える問題や単語を増やしましょう。

2年以上TOEICの勉強をしているけど、700点に行けない人

何かスコアアップの足止めになってしまっている原因があるはずです。よく聞くお話しでは、自分のスタイルをなかなか曲げられない方。文法を正確に解くことにこだわりすぎてしまって、必要以上にパート5に時間を使う方は、このタイプが多いです。単語の勉強をしているんだけど・・とはいうものの、実はその単語の意味をしっかり頭にいれれていない方。そんな方は、今までのやり方がスコアアップには繋がらない真実を受け止め、一度自分のスタイルを見直し、崩してみる必要があるかも。客観的に見てくれるアドバイザーを近くに置く環境が必要かもしれません。

それでもTOEICのスコア、どうやって伸ばせばいいのか分からない!?

この記事を読んでも、「やっぱり自分では実践に移せないな」と思ったあなたは、スクールで強制的に勉強できる場に身を投じたほうがよさそう。

自己投資なので、ある程度お金はかかります。
それでもお金をかけたリターンは、必ずありますよ。プロから遠回りせずにやり方を教われるので、独学よりも圧倒的に効果的です。

ダラダラやっても結果は中々付いて来ません。
TOIECはモチベーションが高い時に短期で集中して、一気に勉強するのが1番の近道。

それは私たちの実績が証明しています。

■K.Sさん (製造) 5日間→360→500点 140点UP!!
■K.Sさん (商社) 8週間→530→700点 170点UP!!
■R.Tさん(大学生)12週間→580→865点 285点UP!!
■K.Tさん(高校生) 7週間→435→520点 85点UP!!
■T.Yさん(大学生)12週間→805→910点 105点UP!!

ご相談だけの受付も随時受け付けております。先着でのご案内になりますので、必ずご予約をお忘れなく。

TOEICのご相談をご希望の方はこちら

具体的にみんなどうやってスコアアップしたの?
実績ブログはこちらから!

■就職中のSさん、IT有名企業に内定!
TOEIC850点達成で大手IT企業に就職!! 800越えのコツは?

■CAを目指す大学生Sさん
4週間でTOEICスコア150点あがりました!【評判・口コミほか】

■子育て・仕事の奮闘していたママがTOEICの受験を決意!
働くママでも勉強は出来る!TOEIC300点代の私がハードな短期講習を受講した理由

■いくつになっても、目標達成はできます。
56歳で念願の900点越えを達成!【TOEIC実績報告】

体験授業にご参加されたら、なぜスクール通うことが効果的なのかお分かりいただけると思います。毎日限られた方のご案内のため、ご予約はお早めに!

無料で授業を体験する

関連タグ:, , , , , ,

カテゴリー:

2016/06/06

執筆者 この記事を書いた人:Kana

Kana

小学校の頃に アメリカ、ニュージャージー州に滞在。 大学卒業後、某大手英語学校に勤務しました。 その後ロサンゼルスに夢だった留学を果たし、 先日日本に帰国しました。 趣味は高校生からずっと続けているチアダンスです☆ 目標のために英語をがんばる人を応援します!