English Innovations スタッフブログ

College Board|アメリカ出願する大学を決めるための参考に

アメリカへの大学進学を目指している皆さまの中には、目標が明確な方、そうでない方、様々だと思います。

この大学に行きたい!だからいつまでに何点必要です!とゴールをしっかりと設定されている方もいれば、なんとなーく、アメリカにいきたい!・・・なんてまだ模索している人もいらっしゃるのではないでしょうか?

日本で進学受験をする時はどうでしょうか?

自分の偏差値と入りたい大学の偏差値や難易度、自分のやりたい事、環境などを調査しまずは目標設定をします。

第一志望はどこで、
第二志望はどこ…

とうい感じで。

アメリカに留学する方も基本は一緒。進学のために一番はじめにすることは目標設定。
つまり行く大学を決めること、最低でも方向性でも何となく決めることが大事。進む道が明確であればあるほどモチベーションにも繋がります。

そんな訳で今日は、アメリカにこれから留学をしたいと考えている人が、学校選びに使えそうなサイトを紹介します。

アメリカの大学っていくつあるの?どうやって調べるの?

結論から言うとアメリカには大学の種別は様々ですが、もろもろ合わせて4000校以上あります。
ちなみに、日本の大学は現在750校前後。ケタ違いの量の多さですね(笑)

日本で行きたい大学を探すことだって簡単ではないのに、異国の地での大学探し。
まずはインターネットで調べてみるが・・・サイト内はもちろん全部英語。

調べ方もよくわからない上に、情報量も多いので、
何から手を付けたらいいかわからない方って多いんじゃないでしょうか?

アメリカ留学、大学選びのポイントは?

皆さんが留学する上で、重要視するポイントは様々ですが、
立地、全寮制、都会、否か、アジア人が少ない場所、大学の規模などが一般的でしょうか?

本当は他にも見てもらいたいポイントはあるのですが、まあそれは置いといて…
今日はこれらの基本項目を自分で調べられるサイト、College Boardを紹介します。

カレッジボードとは?何が出来るサイトなの?

カレッジボードはアメリカの大学の基本概要を検索するためのサイトです。

言ってみれば会社四季報のアメリカ大学版みたいなものでしょうか。膨大なデータベースから様々な項目でソートし、自分の条件にあった大学を探し出せる点がGOODです。

専攻、学校の規模、立地、全寮制か、部活動、費用など様々なコンテンツより自分の希望を選択できます。

>> カレッジサーチはこちら
https://bigfuture.collegeboard.org/college-search

カレッジボードの使い方

当たり前ですがサイトは英語。とは言え、使い方もそれほど難しくないので、やるだけやってみましょう。
これぐらいの英語にアレルギーを感じているようではそもそもアメリカの大学に留学するなんて無理www

①“College Search”を選択


まずはカレッジを検索できるページに行きましょう。

②項目別に希望を選択する


自分がこだわりたい項目を選択肢していきます。

どんな項目があるのか、項目の意味を簡単に説明しますね。

◆Test Scores & Selectivity
SAT/ACTのスコアを持っている人は入力できる

◆Type of School
2年制/4年制・公立/私立・学校の規模が選択できる

◆Location
Zip code,エリアの希望があれば選択ができる

◆Campus & Housing
田舎か都会かの選択・全寮制か否か(費用サポートがあるか)

◆Majors & Learning Environment

専攻の選択・学校の条件などの選択(週末・夜間・インターンがあるかなど)

◆Sports & Activities
部活動の希望があれば選択

◆Paying
予算の希望

◆Support Services
キャンパスサービス・身体障がい者の受け入れ

上記で希望の部分だけ選択します。
条件を多くすれば、該当大学がどんどん絞られていきます。

③大学の詳細を調べる


該当大学が出てくるので、希望の大学をクリック


絞られた大学の情報を詳しく見てみましょう。

大学のキャンパスは都会か田舎か。何人が多いのか?寮があるのかなど、様々な情報が網羅されています。

まとめ

いかがですか?やり方がわかればそんなに難しくなさそうですよね?

入りたい大学の条件を選ぶ際には、自分は何を大事に学校選びをするかをしっかり考える必要があります。

予算を抑えたいなら、都内よりも田舎の環境や、公立の大学を選択する、また勉強に集中する環境を確保したい人も田舎の大学はお勧め。
と言う感じです。

最終的に自分はUCLAを卒業したいんだ!
という思いがあれば、カリフォルニアのカレッジを選択したほうがWメジャーで同じ単位の授業の選択が可能、など。

自分がアメリカ大学に進学する目的はなんなのか?
そのためには、何か絶対条件で、何を削れるのか。
そんなことを考えながら上手くサイトを活用してくださいね!

その他アメリカの大学検索に使えるサイト

下記のようなサイトも同時にご利用下さい。

Petersons
https://www.petersons.com/
大学名をいれればたちまち大学の詳細が見れる

studentsreview
https://www.studentsreview.com/
通学者の実際の声が見れる。生生しい大学の評価も

↓また、大学を調べる前にまずはアメリカへの留学する人たちの傾向や教育制度を知る必要があります。まずはここから読んでも良いかもしれません。
◆アメリカ留学に関する統計・推移【まとめ】

無料で授業を体験する

関連タグ:, , ,

カテゴリー:

2017/05/16

執筆者 この記事を書いた人:Kana

Kana

小学校の頃に アメリカ、ニュージャージー州に滞在。 大学卒業後、某大手英語学校に勤務しました。 その後ロサンゼルスに夢だった留学を果たし、 先日日本に帰国しました。 趣味は高校生からずっと続けているチアダンスです☆ 目標のために英語をがんばる人を応援します!