English Innovations スタッフブログ

IELTS6.0を達成するための勉強法【カナダ大学進学】


名前:Ibuki.M
職業:高校生、アーティスト
受講期間:通常クラス24週間
開始時の英語力:未受験
受講後のスコア:IELTS6.0点(EI練習テスト)

興味のあることはすべて挑戦をしたい!
美術部員として油彩画も書き、また、漫画テイストのイラストや服のデザインも書く、ファッションと含めた全てのアートを楽しむアーティスト

4月からカナダ、トロントへの大学進学に向けて留学します。

どうしてIELTSが必要になったのですか?

ファッションを中心とした芸術に興味があり、幅広く世界中の芸術に触れたいと思った時に英語は必要なツールだと思い、中学生の頃から英語を中心に勉強していました。
最初はヨーロッパの大学に留学し、ファションを学ぼうかと考えていましたが、国によって言語が違うのと、結局最先端な情報は英語で行われるので、まずは英語を習得しようと思いました。
そのために英語で勉強ができて、なおかつヨーロッパやニューヨークにも行きやすいカナダのトロントでファッションを学ぶことを決めました。

美術部で書いた油彩画

日本で一度学んでから留学をすることも考えましたが、日本に比べて芸術の幅が広く寛容である海外で基礎から幅広く学びたいと思いました。
最初イングリッシュイノベーションズに通いだした頃はヨーロッパに留学することも考えていたので、世界で幅広く利用されているIELTSの勉強をはじめました。

どうしてイングリッシュイノベーションズを選んだのですか?


中学、高校で英語の会話の授業も多く、英語を英語で理解しながら勉強をしていたため、日本語で文法を勉強したり、英語を理解することが難しいと感じていていました。
友達と一緒にIELTSの勉強をできる学校を探していた時に、すべての授業を英語でしている学校を見つけて、先に友達が体験レッスンに行って受講を始め、私も同じように体験レッスンに行って受講をすることを決めました。

イングリッシュイノベーションズの授業はどうでしたか?

同じ年齢や歳の近い生徒が多かったので勉強するのが楽しかったです。
スピーキングの授業があることもあって、比較的みんなと話すことが多く、高校から留学する中学生やヨーロッパにバレーで留学する高校生、大学院留学を考えている大学生など
色んな方法で留学に行く生徒がいて刺激にも励みにもなりました。

みんなそれぞれやりたいことがあり、それぞれキャラが濃かったので斬新な環境で勉強をすることができました。

IELTSの勉強法


友達と作っていた単語テスト

とにかく最初から単語は必ずやっていました。

友達と交代で単語リストを作ってテストしていました。
1日80語、新しい40語と前日の40語を混ぜて毎日テストして、更に週末に全部の復習テストをして、負けたほうが罰ゲーム!
勉強をしながらでも楽しくできるように工夫をしていました。

また、単語を覚えるために友達とスピーキングの練習もしていました。
これも楽しくするためにブリティッシュとアメリカンの発音の違いを真似したり、言い回しを変えてみたりしてフレーズを覚えていました。

それ以外にも高校の英語の授業で使っていた英語のテキスト再度読み直したり、単語を調べたりしていました。
私の高校は英語に特価していることもあり、高校でもアカデミックライティングやスピーキングの教材があったので、それをやり直すことでIELTSの勉強もすることができました。

1日にどのくらい勉強しましたか?

週11コマに高校で英語の授業+5時間授業をイングリッシュイノベーションズで毎週やっていました。
なのでIELTSの勉強というよりも、毎日自然と英語に触れている環境にいました。
高校の宿題や復習をしていくことで、毎日英語を勉強し続けているようになっていました。

特に高2までは、英語で英語を習う授業が週5時間くらいあったこともあり、IELTSの勉強を始める前に英語を英語で理解する基礎を身につけることができていたかと思います。

IELTSスコアは最終的にどのくらい上がりましたか

公式テストは受験していませんが、イングリッシュイノベーションズで6週間に1度行われるテストではOverall4.5から6.0まで上がり、それぞれのスキルで最高6.0を取ることができました。

Reading 4.0→6.0
Listening 5.5→6.0
Writing 4.5→6.0
Speaking 3.5→6.0

Overall 4.5→6.0

不思議なのはもともと一番得意だと思っていたスピーキングのスコアが最初なかなか上がらず、苦手なリーディングのスコアの方がよく、スコアの上がりも早かったことです。
ディベートクラスで話すことは慣れていましたが、IELTS用のスピーキングが必要ということがわかりました。

IELTSの勉強をしていたとき、辛かったことはありましたか

ライティングがしんどい!正直大嫌い!
完璧主義者な部分があり、文法を見直したり、単語がわからなくなってミスに気づいて止まってしまい、続きを書くことができなくることも。
特に文法は考え出すと分からなくなり、一度悩むと次に乗り出すまで時間がかかるため、ただただ書くことが嫌いです。

また、IELTSのトピックではアイディアを出すことが難しいものもあり、アイディアが出てこないと考えながら書くので余計文法が気になって、止まってしまって悪循環に陥ってしまいました。

イングリッシュイノベーションズに通われて良かったことはありますか?

やっぱり英語は英語で説明してもらうほうが楽だし、理解も早い
日本語に介さないのでいいので、実践的な環境で英語を勉強することができることが一番良かったことだと思います。

あと他の生徒が面白い!いろんなのりと勢いの人がいて、聞いたことないような留学の形や、目標、考え方などいろいろなことを知ることができて楽しかったです。
いい意味で日本人ぽくない人が多くて、面白いアイデアを共有することができました。

カナダでは何を学ぶ予定ですか?


Ibukiの書いたデザイン画
まず語学学校に半年通って、その後はトロントのジョージブラウン大学へ進学して 、そこでファッションを勉強します。
ただファッションだけでなく、アートを幅広く勉強してみたいので、イラストレーターやゲームデザインなどいろいろなことに挑戦をしてみたいと思っています。

できれば卒業後にカナダでアートに関わる仕事をしてみたいですが、やはりヨーロッパへの興味のあるのでヨーロッパで挑戦をするかもしれません。
大学中にできるだけ多くのアートに触れるように、長期休みなどを利用してヨーロッパに行ってみたいと思っています。

これからの目標は?

絵、イラスト、デザインなどアートに関わる全てに挑戦をしてきたいと思います。
その上で世界を渡り歩くことができるような会社に勤めて、いろいろな国で色々なアートに触れ、最終的にはヨーロッパを拠点に世界で活躍したいです。

これから学びたいと思っている方へメッセージをお願いします

イングリッシュイノベーションズだと、いろいろなアイディアがある人に出会えて、グローバルな情報をもらえたり、今まで自分の持っていなかった海外への視点を広げることもできます。
すでに留学を経験しているクラスメイトから現地の情報を聞けたり、スタッフさんも留学経験をしているので、いろいろな国の留学体験談を聞くことができます。
なので、余計に早く海外に行きたくなって、勉強をするモチベーションを高めることもできます。

勉強のことだけでなく、新しいアイディアやモチベーションを得ることのできる面白い学校だと思います。

最後に海外への意気込みを教えてください

世界を股にかけたアーティストになって、自分の名前を日本に逆輸入する!

Ibukiの書いたイラスト

チャレンジ精神旺盛なIBUKIならカナダでいろいろなことに挑戦して、自分の世界を最大限広げれるはず!
一皮も二皮も向けてさらに魅力的なアーティストへ!!

無料で授業を体験する

関連タグ:, , , , , ,

執筆者 この記事を書いた人:Yuki

Yuki

元留学カウンセラーであり、ニュージーランド、オーストラリア語学学校にて勤務経験もあります。また、海外でアシスタント英語教師や現地ツアーガイドなどもしていたので、コースや英語の勉強法はもちろん、現地の生活から観光まで、英語、海外について何でも聞いてください!