English Innovations スタッフブログ

超短期スコアアップ!7週間でIELTS6.5取得した対策方法

名前:Yuya
職業:フリーター
受講期間:通常クラス7週間
開始時の英語力:Overall 5.0(公式テスト)
受講後のスコア:Overall 6.5(公式テスト)

フィリピンやミャンマーなどアジアの多くの国に渡航経験があり、就労経験もあるYuya
ヨーロッパへの大学進学を目指し独自でIELTSを約6ヶ月勉強するも、目標のスコアに届かずEnglish Innovationsに通いだしました。

その結果たったの7週間で5.0→6.5まで、1.5点アップ!
超短期間でスコアアップした秘訣を聞きました。

どうしてIELTSが必要になったのですか?


最初は単純に英語が話せるようになりたいと思いフィリピンに留学しました、その後に縁があって、ミャンマーで仕事することになりました。
いろいろな国の人と仕事をする中で、英語でのコミュニケーション力がもっと必要だと思いました。
また、いろいろな国でもっといろいろな人と仕事をしてみたいと思い、海外の大学へ進学することを考え出しました。

ヨーロッパ、特に東ヨーロッパ周辺は大学のレベルが高いですが、学費や生活費は安く、勉強のしやすい環境が整っているので、この地域の大学進学をするためにIELTSの勉強をはじめました。

どうしてイングリッシュイノベーションズを選んだのですか?

他の学校でも体験レッスンを受けたり、説明を聞きに行きましたが、
IELTSを専門的に教えている感じが無かったのと、試験対策をするには授業時間が短すぎると思っていました。

イングリッシュイノベーションズで体験レッスンを受けて
授業の中でストラテジー(攻略法)を聞いて、英語の勉強だけじゃなくて、やり方を理解しないとスコアを取れないて思い受講を決めました。
もちろん費用が安いということも決め手にはなりましたが、一番の決め手はMike(講師)の体験レッスンでした。

イングリッシュイノベーションズの授業はどうでしたか?

ストラテジーの勉強がやっぱりよかったです。
英語を理解するのはもちろんですが、そもそもテストを理解して、ストラテジーを理解していないとIELTSのスコアを上げるこは難しいと思います。

スピーキングの授業でトピックが理解できなかった時、アイディアが出てこなかったときの時間の使い方、エマージェンシーセンテンスの使い方は実際のテストでかなり役に立ちました。

IELTSでは「トピックに対していかにアイディア出すのか?」ということが必須になりますが
授業の中でどうやってアイディアを出すのかという練習をしたり、グループレッスンなので、他の生徒がどんなアイディアがあるのかを共有できたことで、自分にないアイディアを得ることができました。

IELTSの勉強法

■リーディング
パッセージを解いたら、まずはわからない単語をすべて書き出して、覚えていないものをピックアップ
品詞、意味を書いて、発音しながらひたすら書いていく→これによってスペルミスをなくして、スピーキングの時もスラスラ出るようになる
ボキャブラリーを最低でも2時間はする、ボキャブラリーはすべてのスキルアップに関わることなので、理解して覚えるまでしっかり時間をかけてやっていました。

単語が終わったら、パッセージの文法も調べて、完全に意味を理解した上でスキャンをして、再度問題を解く
すばやくスキャンをできるようになるまで練習を繰り返していました。

■リスニング
とにかく問題数を解く!毎日Youtubeで上がってるリスニングを毎日やる
7週間でおそらく100問はやったかと思います。(1日2問以上)
スクリプトは見ずに、ひたすら数を解いて、IELTS問題形式を完全に理解するためにやっていました。

感覚ですがYoutubeのリスニングでは本番よりも難しいと感じるものも多いので練習に向いていると思います。
数をこなすことで、リスニングの前に答えを予想できるという能力も養えます。

■ライティング
ライティングも数をこなすことはとても大事ですが、添削をしてもらわないと意味がないので、必ず添削をしてもらうことをお勧めします。
ライティング-添削-書き直し-正しい形を覚える、という流れでライティングの勉強をしていました。
ストラテジー(使うべき単語、文法、流れ)を理解して、それを間違えないように書くことが大事。

タスク1は分析方法を理解する練習をしました。
Nardeen(講師)からグラフを持っていない人にグラフなしでも理解できることを意識して書いた方が言われたことを意識して書いていました。

■スピーキング
基本はライティングと同じで、アイディアの出し方をひたすら練習していました。

スピーキングで出ると言われているトピックをインターネットでできる限り探して
ブレインストームして回答のアイディアを作っていました。

1日にどのくらい勉強しましたか?

毎日10時間×半年!
10月スタートIELTS未経験で教材買った状態から、ほぼ毎日
最初はリーディング一個で3時間かかっていました。
Cambridge 9-13はやりこんでほぼほぼ暗記しています(笑)

IELTSを勉強していて辛かったことはありますか?

正直、最初はIELTSがそこまで難しいと思っていませんでした。
海外で英語を使って仕事してたからある程度できるかと思ったら全くできなかったです。
単語、文法の理解がとにかく難しかったです。

3か月くらい勉強して、公式試験を受けてOverallで6.0いったかと思ったら、まさかの5.0で心が折れました
これだけやって駄目だったので、自分だけでやっててもスコアを上げれないと思いました。

その時に完全にIETSが嫌になって、TOEICを1回受験したら815点取得できて、
これならIELTSでもスコアを取れるはずと自信をつけて、再度IELTSの勉強に本腰を入れました。

IELTSスコアは最終的にどのくらい上がりましたか

Listening 5.0 – 7.5
Reading 5.5 – 6.0
Writing 5.5 – 5.5
Speaking 4.5 – 6.0
Overall 5.0 – 6.5

Listeningは驚異の2.5アップ!
Readingは若干ミスったかもという感覚でも6.0を取得。
Writingは後から考えると残念ながらトピックの問題を理解しそこねてしまったということでしたが、それでも5.5というスコアを取ることができました。

Overallを0.5上げるのに2~3ヶ月かかると言われているIELTSで、わずか7週間で1.5点上げたのは驚異としか言えません。

イングリッシュイノベーションズに通われて良かったことはありますか?

勉強のサポート、自習に来ていろいろな教材を貸してもらえたり、ライティングの添削やアイディアをもらえたことが良かったです。
特にMike(講師)に面白い言い回しやアイディアをもらえたので、それを自分で使えるように練習しました。

グループレッスンだと他の生徒からアイディアをもらえるということも良かったですし、
学校で一番になりたかったのでクラスメイトで自分よりも正解数の多い人がいて、それを見て闘争心に火がついて、モチベーションアップのきっかけにもなりました。

なぜヨーロッパの大学に進学をしようと思ったのですか?

いろいろな人と一緒に勉強ができ、知識だけでなく文化など、多様な国のバックグラウンドを知ることができると思うので
よりチャレンジができ、本気で勉強できる場所を探していてヨーロッパの大学にいきつきました

そのなかでも、学べること、レベル、学費、生活費などなど総合してポーランドの大学への進学を考えています。
もし、ヨーロッパが難しい場合マレーシアでダブルディグリーの取れる大学への進学も考えています。

実はインタビューをした数日後に、願書を題していたポーランドの1つからは受け入れの連絡が届きました。
もう1校からの連絡を待って、進学先を決定するということです。

これから学びたいと思っている方へメッセージをお願いします

単語はやっとけ!
ストラテジーとアイディアは必須!だけど単語が理解できて使えないと、結局それを活かすことはできない。
身の丈に合ってない難しい問題にチャレンジし続けるれば英語力が上がって、スコアも上がるはず!

最後にこれからの目標を教えてください


ヨーロッパかマレーシアの大学に行って現地で就職、もしくは大学院まで行ってさらに知識を深めたうえで現地で就職。
新しい場所で挑戦をし続ける!

やると決めたことは諦めない、新しいステージでの挑戦が始まる

無料で授業を体験する

関連タグ:, , , , ,

執筆者 この記事を書いた人:Yuki

Yuki

元留学カウンセラーであり、ニュージーランド、オーストラリア語学学校にて勤務経験もあります。また、海外でアシスタント英語教師や現地ツアーガイドなどもしていたので、コースや英語の勉強法はもちろん、現地の生活から観光まで、英語、海外について何でも聞いてください!