English Innovations スタッフブログ

TOEFLのスコアを使ってアメリカへ交換留学【生徒実績報告】

名前:Zaiken.L
職業:大学生、大阪の観光を盛り上げる人力車引き
受講期間:通常コース24週間(うち10週間は2クラス受講)、夏季短期講習
開始時の英語力:未受験
受講後のスコア:74点

 

大学2回生で大学の交換留学制度を利用して留学するために、大学入学と同時にTOEFLの勉強を始めました。

TOEFL未受験の状態から10月までにスコアを出さないと希望の交換留学プログラムを参加出来ない、
大学が始まってすぐの忙しい時期から大学の勉強とTOEFLの勉強を始め、規定のスコアを取得し、9月からの交換留学プログラムに参加をします。

どうしてTOEFLが必要になったのですか?

入学した大学では2年間の留学でアメリカの学位と日本の学位が両方とれるダブルディグリーの留学プログラムがあり、
そのプログラムへ参加するか、1年間の交換留学をするかを悩んでいました。

 

アメリカに留学に行きたいということは決まっていて、2回生で早めに行って、日本での就職活動などもあせらずにできるようにしたかったので
入学してすぐにTOEFLの勉強をすることを決めました。

 

どうしてイングリッシュイノベーションズを選んだのですか?

体験レッスンに行ってオールイングリッシュで少人数制ということに惹かれたのと
自分の場合は徒歩圏内に住んでいたので、ほかの学校に比べアクセスも良かったということがあります。

 

実は別の学校にも体験レッスンに行ったのですが、
大人数で日本語の授業だったので高校の授業みたいで自分のスタイルに合わないなと思ってイングリッシュイノベーションズを選びました。

 

イングリッシュイノベーションズの授業はどうでしたか?


とにかく解き方、ストラテジーを教えてもらえたのがよかったです。
これによって自分が何をやったらスコアが伸びるのかがわかりました。

 

何よりもよかったのは周りの生徒のレベル、モチベーションの高さでした。

英会話ではなくて、本気で英語をやって海外の大学に行きたいって気持ちの高い人が多いので同じ目的で勉強をする仲間ができました。

 

イングリッシュイノベーションズの授業は専門性が高いからこそ、生徒の専門性も高い=モチベーションが高い
ただただ英語を勉強するではなく、TOEFLのスコアを取って、さらにそこから海外の大学に進学して、さらにそこで現地の人と一緒に勉強をして
その国で自分のできることを最大限やって、その経験を生かして仕事につく、というところまで考えている生徒が多く、年下の生徒からも刺激を受けることが多かったです。

 

TOEFLの勉強法

受験勉強をしていたこともあって、問題集の例文をこなしたり、暗記するまで読むということをやっていたので
TOEFLも同じように、よく使うフレーズを習ったり、読んだりすると、とにかく使えるようになるまでひたすら覚えいました。

 

その例文を自分の単語や言葉に若干言い換えて、文章そのものを何も考えずに言えるように覚えるようにしていました。

 

リスニング、リーディングはとにかく解く、嫌というほど数をこなしていました。

もともと受験勉強いろんな学部の論文みたいなのものを読んでいたので、レベルはTOEFLに比べると低いですが、形式は似ていたので、これもいい勉強になっていたかと思います。
この2つに関しては問題に慣れなしに高得点を取ることは不可能ではないかと思います。

 

おすすめの参考書

toefl_book

» TOEFL iBTテスト必修フレーズ100-スピーキング・ライティング攻略のための

この本に出てくるフレーズを読んで口に出して、書いて使えるようになるまでひたすら覚えていました。
フレーズを使って、単語を組み合わせて、どんな問題にでも正しい単語で使えるように、使いこなせるまで頭に叩き込みました。

 

フレーズを覚えることで、もちろん単語も覚えるので、ただ単純に単語を覚えるようも効率的だと思います。

 

1日にどのくらい勉強しましたか?


大学の授業がない日は朝から夜まで7、8時間していました。
受験勉強の延長という感覚で勉強をしていたので、朝から夜まで勉強をするということにあまり苦痛は感じませんでした。

 

ただひたすら同じ場所にいると空きてしまうので、1、2ヶ月おきに勉強をする場所を変えていました。

一時期はイングリッシュイノベーションズに朝から夜までいて、他の生徒もいたので自習部というものが気がつくと出来上がっていました。

TOEFLを勉強していて辛かったことはありますか?

辛いというよりも驚いたことですが、周りのレベルの高さ!

 

もちろんそれぞれ得意不得意の分野が違うにしろ、みんな出来るし、モチベーションが高いので、最初は出来ないとか言っていても
気がつくと自分が抜かれてて、めっちゃ出来るようになってたり

 

その環境のおかげで勉強をちゃんとすることを続けれましたが、常に抜かれた、めっちゃ出来る生徒多いという感じだったので気を抜くことが出来なかったです。

TOEFLスコアは最終的にどのくらい上がりましたか

リーディング 25点
リスニング 14点
スピーキング 17点
ライティング 18点

合計74点

リーディングは驚異の25点!

ひたすら数をこなした成果が発揮されたハイスコアです。
TOEFL自体を全くやったことない時点から半年間の勉強で74点は努力の結晶です。

 

イングリッシュイノベーションズに通われて良かったことはありますか?

モチベーションの高い友人たちがたくさん出来たことが良かったです。

 

友達がたくさん出来たおかげで、勉強に来たというよりも遊びに来る感覚で勉強が出来たし
授業終わりに楽しく話をして、そのまま自習もして、日々の生活の中にイングリッシュイノベーションズに来ることがルーティーンとして組こまれていました。

 

自分と同じように英語を勉強して、海外に挑戦をしたい、海外で生活をしてみたい、という生徒ばかりなので
プライベートでも集まって勉強を一緒にしたり、遊びに行ったりしていました。

いろんな方法での留学やチャレンジ精神を学ぶことが出来て、自分の目標も素直に口に出して共有の出来る、自分の夢に向かって素直になれる環境だと思います。

 

また、1週間休みが取れたり、授業の振替が出来たりと融通の効く学校なので
今週は一回いままでやってきたことをおさらいしたいと思った時に、自分の時間を作りやすいのも勉強を勧めていく上で助かりました。

 

交換留学でアメリカに行くことはどんな意味を持ちますか?(どんなことをしたいですか?)

ミネソタ州立大学へ1年間の交換学部留学をします。
経営、マーケティングを学ぶ予定です。

 

日本とアメリカでは経営の仕方が大きく違うのではないかと思います
日本では、基本的に「日本人」が生活、仕事をしているため、日本人の慣習があると思いますが、アメリカではいろいろな国籍、民族、文化違いとかある中でどうやって会社、組織が運営をしているのかということを学んでみたいと思っています。

 

大学そのもののあり方や、学び方も違うと思うので、そういったことも留学生活を通して体験をしていきたいです。


また、アメリカに住む人達に日本について、日本の文化についてどのように思っているのかを知りたいです。
その上で日本の文化を伝えてみたいと思っています。

 

今、大阪新世界で人力車を引くバイトをしているので、そういった経験も元にアメリカの人たちに日本文化を紹介していきたいと思います。

 

これから学びたいと思っている方へメッセージをお願いします

できるできないじゃなくて、やってみたいを目標に変える
妄想して夢見て、それを目標に変える

 

目標を持つことができればモチベーションも自然と高くなって、目標を達成するために頑張ることが出来ます。
勉強だけではなく、何かを始めたいと思ったら、まずは目標を持つことから始めると良いと思います。

 

最後に海外への意気込みを教えてください

アメリカに爪痕を残す!

コミュニケーションを通して、異文化を理解し、自分の文化も伝えられる、
そんな夢や目標を持っていたらイングリッシュイノベーションズの体験レッスンに参加してみてください。

 

当校の体験レッスンは学校についての説明ももちろんさせて頂きますが、どのように勉強すればいいか、スコアアップの秘訣についても伝授しています。きっと参考にして頂けるんじゃないかと思います。

体験レッスンは無料。新宿・大阪(梅田)・横浜、京都(烏丸)で行っています。
授業の邪魔にならないように1日2組まで限定なので、必ず事前に予約をしてくださいね。

無料で授業を体験する

関連タグ:, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者 この記事を書いた人:Yuki

Yuki

元留学カウンセラーであり、ニュージーランド、オーストラリア語学学校にて勤務経験もあります。また、海外でアシスタント英語教師や現地ツアーガイドなどもしていたので、コースや英語の勉強法はもちろん、現地の生活から観光まで、英語、海外について何でも聞いてください!