English Innovations スタッフブログ

【TOEFL×野球】0からのスタート!アメリカカレッジ進学

名前:Genta.Y
職業:元高校球児
受講期間:通常クラス24週間+春季短期講習+日中クラス4週間
開始時の英語力:TOEFL18点
受講後のスコア:TOEFL52点

親子で甲子園を目指していた野球少年、
思いがけないことにより夢を叶えれる環境を失ってしまいました。

アメリカの大学で活躍している日本人選手を存在を知った時に、甲子園が全てではないし、アメリカの大学でも野球が出来る、

自分もその一人になりたいと思って、アメリカの大学で野球をするためにTOEFLの勉強を始めました。

 

英語はほぼ0からのスタート、努力と仲間の協力で目標スコアを突破、希望しているカレッジへの進学を決めました。

どうしてTOEFLが必要になったのですか


アメリカで野球をするとは最初は全く思ってなくて自分の夢は親子で甲子園に行くことが小さい頃からの夢でした。

父を甲子園に連れて行くため、兄がキャプテンで父が監督という環境の高校にスポーツ推薦で行くことが決まっていました。

しかし、僕が入学する直前に不祥事により監督である父が責任をとり辞任となり、さらにキャプテンである兄もクビとなり、
自分もスポーツ推薦取り消しとなり、どん底の高校野球生活が始まりました。

夢を叶えれる環境も失ってしまい、モチベーションを完全に無くしてしまいました。

 

 

それでも野球が好きだったのでyoutubeで野球の動画を見ているときにアメリカで活躍している日本人の選手の存在を知りました。

自分もこんな風になりたいと思うようになり、新しい夢ができました。

また、自分の中学の時のコーチがアメリカに行ってたという事もありそのコーチと親にアメリカで野球がしたいと相談したところ夏にトライアウトを受けることになりました。

 

高校の時、自分の周りにプロを目指す選手がいなくてレベルが低いなと感じていましたが、
アメリカで野球をやらせてもらった時に自分と同じ年の選手がみんなプロを目指していて高い意識を持っている練習をしている姿を見て

自分もこの環境で野球をすればもっと成長も出来るし、この環境に飛び込んで挑戦をしてみたいと思いました。

 

アメリカの大学で野球をするためには、まずは入学をしないといけないということで、
そのためにはTOEFLが必要ということで勉強を始めることにしました。

 

どうしてイングリッシュイノベーションズを選んだのですか

トライアウトを受けた時に、コーチに勧められたカレッジが13校ほどあったが、

その時は州やどこのカレッジに行くのかそのために何点必要なのかばらばらだったため、

明確な目標がなく何から勉強したら良いのかわからなかったので、とりあえず塾に行かないと勉強しいひんな、

というかそもそもTOEFLって一体どんなテストなんだろうか?
と思って調べて費用が安く、大阪にあって家からも通いやすいと思って通うことを決めました。

 

イングリッシュイノベーションズの授業はどうでしたか


体験授業を受けた時の英語力は先生が英語を喋ってんのかも分からんぐらい聞き取れなくて、

聞かれてもYESとNOで答えるしかできひんかったし、

先生が何ページ開いて、って言うことも聞き取れず、何ページひらけたらいいんかも分かりませんでした。

 

あまりにも分からなさすぎて、英語ができひんくて最初は悔しいと思うことすらなかったけど、

授業を受けている中で質問したいことがあるのに英語でどう説明したらいいかわからん時に、
英語力あったら聞いたり出来るのにと思いました。

アメリカに行った時にこれではアカンと思って授業でも間違っててもいいから率先して発言をするようにしていました。


講師もスタッフの方もフレンドリーでわからんかったら質問できる環境があって、
オールイングリッシュの授業に身を置かんと一から学んでいるようでは遅いと思ったし、
こっちの方が自分に合っていると思いました。

あとは、なぜか80点クラス(上級クラス)の人と話すことが多かったので教えてもらいながら、
TIP Class(無料の合同プラクティスクラス)にも参加して、
周りが上級クラスの生徒ばっかりで、自分との差にメンタルがいかれそうになったけど、いろんな面で成長できたと思います。

 

TOEFLの勉強法


自分の場合、英語というか勉強をしたことがなかったから、何から手をつけたら良いのかわかりませんでした。

野球で置き換えた時に年上の人と混じってやる環境が多かって、野球でわからへんことがあったら自分よりも上手い人に聞いて上達していったし、

勉強でも一緒やなって思って、分からへんかったら恥ずかしがらずに人に聞いてアドバイスをもらっていました。

そのアドバイスを自分のものにするために分かるまでやる。それの繰り返しやと感じてスタッフの方々や友達に聞きまくった。

 

 

自習にほぼ毎日来て自習に来ている人と問題を一緒に解いたり、
スピーキング、ライティングはアイディアを出し合って自分が持ってないアイディアを手に入れて自分のテンプレートに当てはめてすぐ使って使えるように練習しました。

具体的な勉強法はわからへんけどとにかく気持ちが大事。
行きたいという気持ちだけで頑張りました。

 

英語を喋る環境がなかったのでジムで出会った外国人の人と一緒にトレーニングしたり飯に行ったり、Ricky(講師)やJed(講師)に積極的に喋りに言って自分の意思を何とかして伝えて英語を喋る時間を増やすことを常に意識していました。

 

1日にどのくらい勉強しましたか


まず、readingを解いた時に単語が何もわからんかったので単語を1日100個ずつ電車の移動中に覚えました

ライティングも文法が無茶苦茶すぎて自分でも何書いてるんかわからんかったけど覚えた単語で例文を作ってユウキさん(スタッフ)やマコさん(スタッフ)に添削してもらってやり直すっていうのを何回もやりました。

 

授業の前と後にも自習して、終電になるまでEIに残って、電車の中でも単語やtedtalkを聞いたりしていたから大体10時間以上はしていました。

野球もGYMも日サロもやめて勉強に集中する期間を作って気がついたらEIにほぼ毎日行くようになって野球と勉強する時間が反対になっていました。

 

TOEFLのスコアは最終的にどのくらい上がりましたか

Reading 4点-14点
Listening 4点-12点
Speaking 5点-14点(最高17点)
Writing 5点-12点(最高14点)
Total  18点-52点

英語力ほぼ0の状態から34点アップ!

積極的にわからないことはいろいろな人に聞いて、アイディアを作って、使えるようにして、
と繰り返し勉強してきた成果がはっきりと出てスピーキングは17点!
ライティングも14点を取得。

 

最初は聞く事もできず、言いたいことも言えないという状態から、しっかりコミュニケーションを取れると言えるレベルまでスコアをアップさせました。


実はブログのインタビューをしたときのスコアは50点(スピーキングとライティングの最高点を取った公式テスト)、
その2週間後のテストで最高点を更新して52点を取得しました。

しかもすでに50点取れていたので、苦手なリーディングとリスニングに重点を置いて受けたライティングとスピーキングを流し気味で受けたにもかかわらず最高点を更新!

苦手なスキルでもしっかりとスコアを出すことが出来ました。

 

TOEFLを勉強をしていた時、辛かったことはありましたか

単語とか覚えるのが地味な作業やし嫌いでやってなかって、
復習のやり方もわからんくてただ問題を解いて終わっていた時に、
やっているのに点数が伸びないと感じた時が辛かったです。

3月にアメリカに野球をしに行った時に初めて受けたTOEFLの結果が返ってきて、その時は29点しかなくて、、、

アメリカのカレッジで受けたプレイスメントテストでも落ちて自分の力の無さと親に申し訳ない気持ちで悔しくて泣いてしまった。
その時が一番辛かったです。


でもその時に「絶対にここで野球をしてやる」とより強く思うようになったし、

自分のやりたいことに挑戦できているんやから勉強を苦に感じたらアカンなって思うようにもなって、

日本に帰ってから今まで避けていた単語や復習をするようになりました。

ここでも野球とつながって苦しいことから逃げたら成長しいひんし、
楽して近道なんかないなって改めて思いました。

 

イングリッシュイノベーションズに通われて良かったことはありますか


勉強をする習慣がなかったのにここに来たら自然とモチベーションが上がって勉強することが習慣になったこと。

高い目標を持った人が多くてみんな個性的で面白くて特に自分と同じスポーツをしている人も多かったから話も合うし、情報を共有できたのがよかったし優しいスタッフに出会えたこともよかった。

自分も目標を高く持つことができました。

 

アメリカで野球をすることは、どんな意味を持ちますか


勧められたカレッジを調べている時にそれとは別に自分が行きたいと思ったカレッジを見つけて、

そのカレッジは野球も強く設備も良いと思ったのでコーチに相談して3月にそのカレッジで野球をすることになりました。

その時に、アメリカで野球する厳しさ勉強の大切さを痛感しました。

 

日本よりも文武両道やし両方結果を残さないと生き残れないシビアな世界やと思った。

その分それができたときは達成感や、根性もつくし、人間的にも成長できると思います。

野球に関してはワクワクの方が大きいから自分の実力がどこまで通用するのか挑戦し続けたいです。

 

 

これから学びたいと思っている方へメッセージをお願いします


イングリッシュイノベーションズは意識の高い人の集まりやし、自然と勉強できる環境やと思うしここにきて勉強するべき。

英語のアドバイスはできひんけれどもとにかく努力することは大切。

 

あと夢を大きく持つことも、ここにきて自分も考え方が変わったし、英語だけじゃなくて全てにおいて成長できる場所。

 

最後に海外への意気込みを教えてください

全米NO,1サウスポーになる!!

EI(イングリッシュイノベーションズ)自習部と名前がつくほどGentaは勉強をしていました。

入学時にGentaにアドバイスを求められて、ライティングを見た時に「これはどこから手をつけていいのか、、、講師陣にどうやって指導してもらうように伝えたらいいものか、、、」と正直頭を抱えたのを覚えています。

 

いろいろな人にアドバイスを聞き、一つづつ確実に自分のものにして、出来ることを増やしていく、

出来ないからではなく、どうやったら出来るのかを常に考え努力を続けた結果がカレッジの合格という形になったのかと思います。

 

努力を怠らないGentaなら新しい夢を叶えれるはず!

 

いろいろな目標を持った仲間と勉強したい、と思ったらイングリッシュイノベーションズの体験レッスンに参加してみてください。

 

当校の体験レッスンは学校についての説明ももちろんさせて頂きますが、どのように勉強すればいいか、スコアアップの秘訣についても伝授しています。きっと参考にして頂けるんじゃないかと思います。

 

体験レッスンは無料。新宿・大阪(梅田)・横浜、京都(烏丸)で行っています。
授業の邪魔にならないように1日2組まで限定なので、必ず事前に予約をしてくださいね。

無料で授業を体験する

関連タグ:, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者 この記事を書いた人:Yuki

Yuki

元留学カウンセラーであり、ニュージーランド、オーストラリア語学学校にて勤務経験もあります。また、海外でアシスタント英語教師や現地ツアーガイドなどもしていたので、コースや英語の勉強法はもちろん、現地の生活から観光まで、英語、海外について何でも聞いてください!