English Innovations スタッフブログ

6ヵ月23点アップでアメリカ大学進学【TOEFL実績報告】

アメリカ大学進学のためにTOEFLのスコアが必要ということで
他の学校でTOEFLを少し勉強をした経験はありましたが日本語での授業で生の英語を聞く機会が少ないということで
ネイティブスピーカーの講師が英語で授業をするということをネットで見てイングリッシュイノベーションズへ体験レッスンをしにきてくれました。

少人数制クラスでネイティブの授業を受けれるので
TOEFLのスコアを取得するためにも、将来の大学進学後の現地での生活のためにもなると思い、イングリッシュイノベーションズに通いだしたH.Kちゃん。

6ヶ月間の受講で23点アップの79点を取得し、
進学希望先のアメリカの大学の基準をクリアして大学進学を決めました。
9月から受講開始ということで、もうすぐついにアメリカに旅立ちます。

スコアを上げた勉強法

リーディング

教科書を何度も解いたりTOEFLが出版してる問題集を何回も解きました。
あと、ウィキペディア(英語版)をよく読んでました。BBCやNBCnewsのアプリを入れて通学中とか読んだりしてました。

リスニング

教科書をいっぱいやって、誰かTOEFLを勉強してた人とかと一緒に解いたりしてました。
YouTubeにあるscishowという内容は難しいけど楽しく教えてくれるのですごくいいです。
あとはTEDtalkのアプリを入れて通学中に見たりしてました。
堅苦しい勉強に飽きた時は、映画やドラマを音声は英語、字幕も英語で見ました。

スピーキング

私は外国から来た先生に話しかけたり、その先生に実際に解いてもらってどうやってノートをとるか教えてもらいました。
ノートをとるときに必要な略語とかはあらかじめ自分用に考えてました。

ライティング

ひたすらパソコンを使って家でも練習しました。教科書に載ってる問題はとりあえずやってみました。
そして学校の先生(ネイティブ講師)に添削してもらいました。
熟語は講師のリッキーに教えてもらったもの以外にもネットや学校の先生に教えてもらったものを何個か使いやすいものを頭に叩き込みました。

総じて、単語は必要だと感じることが多々あったので電車乗ってるときや、隙を見つけては単語を覚えました。
点数伸び悩んで、辛いことも多かったのですが、周りにいるTOEFL経験者に相談してアドバイスをもらうのもすごく役にたちました。

経験者の方に言われた「テスト中は精神的に1番ダメージくるからそれをポジティブに保つことが大事」が印象に残ってます。
勉強に関しては、「何度も数をこなす」や「今の時事問題とかも予備知識として日本語でもいいから調べる」とかすごく役に立ちました。

イングリッシュイノベーションズに通ってみていかがでしたか?

1番良かったことはTOEFLについて英語で学ぶことができたことです。
レクチャーの内容も英語で教えてくれるので、自分の中で理解する時に日本語に訳さず
英語で理解することができるようになったことです。
英語での授業なので自然と耳も英語に慣れ、難しいトピックでも英語でそのまま考えることができるようになりました。

全セクションの攻略法をそれぞれ学ぶことができました。
また、だめなポイントを教えてくれるだけでなく、
良いポイントをしっかりと褒めてくれるのでモチベーションを高く保つことができました。

スタッフの皆さんも勉強法のアドバイスをくれたり、
一緒にTOEFLについての悩みを解決してくれたので毎回レッスンを受講しに来るのが楽しかったです。

これからの目標は?

アメリカでは医療関係を勉強し、看護や障害のある子たちをサポートしたり、リハビリテーションの勉強をしたいと考えています。
アメリカの大学で学んだことを生かして、卒業後はグローバルに活躍できる医療関係の仕事に付きたいと思っています。

ついに今月アメリカに飛び立つH.Kちゃん、
アメリカで医療を学んでグローバルに活躍できる人になること間違いなし
日本に帰国した時に成長した姿を見せてくれるのを楽しみにしています!

無料で授業を体験する

関連タグ:, , , , , ,

カテゴリー:

2018/08/12

執筆者 この記事を書いた人:Yuki

Yuki

元留学カウンセラーであり、ニュージーランド、オーストラリア語学学校にて勤務経験もあります。また、海外でアシスタント英語教師や現地ツアーガイドなどもしていたので、コースや英語の勉強法はもちろん、現地の生活から観光まで、英語、海外について何でも聞いてください!