English Innovations スタッフブログ

【実績報告】TOEFL初受験でTOEFL 83点取得!

イングリッシュイノベーションズでのレッスン受講後、
TOEFL iBT初受験で83点を記録したスーパー高校生が大阪で誕生!!!

受講期間はたったの6週間(通常授業5週間+10日の夏期講習)。
これだけの短い期間に彼女はどうやってスコアアップしたのでしょうか?

志望する大学に合格するため、スコア71点以上取りたいんです!とEIに駆け込んできてくれたAちゃん。
実はAちゃん、中学2年生の頃までは英語がきらいだったと教えてくれました。文法が全然わからずそのままにしていたら、どんどんわからなくなって…と。
でも、洋楽や海外ドラマにはまって留学したい気持ちが芽生えてからというもの、しっかりやり直さなければと英語にしっかり向き合い始めたそうです。

彼女の目指す学部は競争率も非常に高いそう。それもそのはず、なんとそこでは、4年間でアメリカと日本の大学両方の学士号が取れるのです。
アメリカで勉強したいという気持ちを強く持ち、挑戦を続けているAちゃんは、学校、そして受験前という忙しさにもかまけず、スキマ時間を活用しスコアアップを実現しました。

好きこそものの上手なれ


まず彼女は、普段の生活を英語漬け状態に。
電車の中で聞くものは洋楽のみ。
英語の記事も積極的に読み、そこから情報を取り入れるのが日課でした。

授業後の復習もしっかり行い、レッスン中にぎっしりとったノートやプリントを見ながら通学時間をうまく活用していました。

英語を使って楽しむことも忘れず、様々な英語のアプリや学習サイトなどを試したり、YouTubeで好きな海外アーティストのインタビュー動画を繰り返しみたりもしていたそう。

苦手だった講義形式のリスニング克服法


スコアアップするにおいて、一番大変だったのは、講義形式のリスニングだったそう。

会話形式だと、相手とのやり取りの中で雰囲気をつかみとることもでき、比較的ついていきやすいという生徒さんも多いです。
一方、講義形式のものは、先生がアカデミックな内容をほぼノンストップで話すため、100%理解するのは難易度が高いです。
そこで役に立ったのがEIで学んだストラテジーでした。
合計4時間という長期戦のテストの中で、数分間ぶっ続けの講義をフルで集中して聞き続けること、ましてや聞き取った内容を同時進行で全てノートにとることは至難の業。
でも、聞くべきポイント・メモするべきポイントを押さえていれば何も怖くないのです。

例えば、
・生徒が先生に質問をした瞬間
・一見、授業内容とまるで関係のないような例え話がでてきた瞬間
などなど…
こういったポイントを押さえておけば、授業の中で重要なポイント(=設問で問われるポイント)をしっかり把握することができるのです。

Aちゃんは、通常授業に加え夏期講習での集中特訓でコツがつかめてきたそうで、本番でも少しずつ実践できるようになってきた!と話してくれました。

最後に…


初めての公式テスト申し込みの際、どうすればいいの~?!と聞いてきてくれ、手取り足取りで一緒に申し込みをしたAちゃんでしたが、受講されるうちにメキメキとスキルを磨いて立派なTOEFLマスターへの道を歩み始めていました。
クラスでは周りの生徒を巻き込んで先生との会話を楽しんだり、学校でも文化祭を盛り上げようと役割に徹したりと常に全力投球で頑張る姿が印象的だった彼女が、これからの学生生活も積極的にEnjoyする様子が目に浮かびます。

アメリカの大学で勉強したいものの一つとして、経営にも興味があると話してくれたAちゃんが夢を実現し、ますます活躍されることを、講師・スタッフ一同応援しています!

TOEFL、何から始めればいいのか分からない!?


自分で勉強しているがなかなか実績が出ない、最短でスコアを上げたい方は点数を保証するTOEFL、TOEIC、IELTSスクール、イングリッシュイノベーションズの体験レッスンに参加してみてください。

当校の体験レッスンは学校についての説明ももちろんさせて頂きますが、どのように勉強すればいいか、スコアアップの秘訣についても伝授しています。きっと参考にして頂けるんじゃないかと思います。

体験レッスンは無料。新宿・大阪(梅田)・横浜にて行っています。
授業がスムーズにいくように1日2組まで限定なので、必ず事前に予約をしてくださいね。

▶体験授業の予約はこちら!

無料で授業を体験する

関連タグ:, , , , , , , , ,

2017/11/11

執筆者 この記事を書いた人:Yuki

Yuki

元留学カウンセラーであり、ニュージーランド、オーストラリア語学学校にて勤務経験もあります。また、海外でアシスタント英語教師や現地ツアーガイドなどもしていたので、コースや英語の勉強法はもちろん、現地の生活から観光まで、英語、海外について何でも聞いてください!