English Innovations スタッフブログ

今さら聞けないTOEFLテストとは?あるあると注意点まとめました!

アメリカへの進学だけではなく、日本の大学進学などにも使われるTOEFLですがどのようなテストかご存知ですか?
テストを受験するにはどうやって申込みをし、テスト当日には何をしなければいけないかを知っていますか?

そもそもTOEFLとはどんなテストなのか?
試験の申込み方法から試験当日について、その他の注意点など今さら聞けないTOEFLの詳細と注意点をお知らせします!

TOEFL iBT® テストとは?

TOEFL® テスト(Test of English as a Foreign Language)は、1964年に英語を母語としない人々の英語コミュニケーション能力を測るテストとして、
米国非営利教育団体であるEducational Testing Service(ETS)により開発されました。
大学のキャンパスや教室といった実生活でのコミュニケーションに必要な、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの技能を総合的に測定します。

また、TOEFL iBT® テストは2005年9月に米国で導入され、日本では2006年7月から運用が開始されました。
アカデミックテストとして、コミュニケーションに必要な「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を総合的に、かつ高い精度・公平性をもって測定されます。
さらに、各スキルを組み合わせて、課題を遂行する能力を評価するなどどれだけ英語を「知っているか」ではなく、「使えるか」に焦点をあてています。

公式Websiteより抜粋

つまり、英語を母国語としない人が英語を使って勉強をする大学などに通う場合の
英語能力の証明となるテスト、というものです。

TOEFL iBT® テストの特徴

・コンピューターで行うテスト
・全セクションでメモをとることが可能
・同時に複数の技能を測定する問題(リーディングとリスニングを聞いて答えるなど)が出題される
・採点されないダミー問題が試験に出ることがある

ダミー問題についの詳細はこちらから

最も大きな特徴として、試験はすべてコンピューターで行われるということです。
もちろんスピーキングもライティングもコンピューターで行います。

スピーキングはマイクに向かって話をします。
試験官がいて話をするわけではないので、身振り手振りは一切できません。

また、ライティングはキーボードでのタイピングで行います。
ですのでタイピングのスキルも必要となります。

試験内容

TOEFLテストにはリーディング、リスニング、ライティング、スピーキングの4つのセクションがあります。

実はリーディング以外にはリスニングスキルが必要となる問題があり、
リスニングのスキルはTOEFLテストを攻略するためにとても重要なスキルとなります。

ここではそれぞれのセクションの問題形式を解説します。

Reading

試験時間:60-80分
3~4パッセージ
42-56問

通常は3つ、ダミーが含まれる場合は5つのトピックを読む。4択問題が多い。
60分で3つのリーディング、または80分で4つのリーディング
パッセージの内容は生物学・天文学・社会学・歴史(Introductory Level)などの、多くの専門単語を含むアカデミックな内容のみで、時事問題や物語文、対話文などは出題されません。

Listening

試験時間:60-90分
2~3セクション 34問
通常は2リスニングであり、ダミー問題を含む場合には3リスニングとなる。4択問題が多い。

第1リスニングは17問 1:カンバセーション(3分以内), 2 レクチャー(約6分)
第2・第3が17問 で1:カンバセーション(3分以内), 2 レクチャー(約6分)

話者が2人以上いる場合は割り込みなど、現実の会話に即した内容がみられる。
個別にヘッドセットで英文を聞きながら行います。

解答は選択式で、選択した単語や文中の語彙をマウスでクリックして解答する形式になります。
英語の講義や授業中の討論、会話などを聞いた後に質問に答える形で、問題で取り上げられているテーマは、ほとんどが大学生活についての話や大学などでの講義内容に関するものです。

3分程度の「会話」(2~3人の人物が大学生活に関して話している形式)を聞いて5つの質問に答える問題が2~3セット。
3~5分程度の「講義・討論」(教授が1人で話す形式や、教授の講義を中心に学生たちがディスカッションを行う形式)を聞いて6つの質問に答える問題が4~6セットになります。 
リスニングでは設問を飛ばしたり、後から戻って回答することはできません。

Speaking

試験時間:20分
6問
Independent tasks:2問
身近なトピックに関する単純な質疑応答の独立型問題(Independent Task)。
短い英語の文章が課題文(質問文)として提示され、それに対する受験者の考えを述べます。
1問目は自分にとって身近なトピックについて解答し、2問目は対照的、あるいは対立する2つのことについて、どちらかの立場に立ち根拠を含めた意見を述べます。
※ 準備時間は15秒・解答時間は45秒です。

Integrated Task(Reading、Listening、Speaking):2問
75~100語程度のパッセージを読んだ後に、その内容に関連する会話や講義を聞いて設問に答える統合型問題が2問あります。
パッセージを読む(45−50秒) → 関連した音声を聴く(60秒~90秒)→ 設問に対して解答、という形式になります。
3問目は大学内での会話の内容や背景を要約して説明することが求められ、4問目は学問的な内容を読み取って解答することが求められます。
※ 解答の間は30秒・解答時間は60秒です。

Integrated Task(Listening、Speaking):2問
長めの会話や講義を聞いた後に、その内容を問う設問に答える統合型問題が2問あります。
会話・レクチャーを聞く(60秒~120秒程度) → 設問に対して答える、という形式になります。
5問目は2人の会話を聞き、話者が抱えている問題の概要を説明したうえで、解決策について意見を述べることが求められ、
6問目は学問的な講義を聞き、その内容を要約したうえで、その中で挙げられた例と主題の関連性について述べることを求められます。
※ 解答の準備時間は20秒・解答時間は60秒です。

Writing

試験時間:50分
2問
Integrated Task:1問
解答の制限時間は20分。
アカデミックな文章を読む(3分) → 関連する講義の一部を聴く(約2分) → 要約を作成する、という形式になります。
まず230~300語程度のリーディングパッセージを3分間で読みます。
その後、約2分間の講義の音声が始まります。
内容は主にパッセージを違った視点から見た批判や問題点を提示するものです。
リスニングが終了すると解答画面に切り替わるので20分でライティングを行います。
解答の語数は150~225語程度が目安となっています。(ライティングの間、リーディングセクションを見返すことが可能です。)

Independent task:1問
解答の制限時間は30分で、その間に与えられたトピックに対する自分の意見を書きあげます。
トピックは、2、3つの事柄のうち受験者自身がどちらを支持するか、立場や意見を述べることが求められます。
またその理由についても、例などを交えて説得力のある説明することが必要です。
解答の語数は、300語以上であることが好ましいです。

TOEFLスコアがあると何ができる?

アメリカの高等学位への進学はもちろんですが、TOEFLのスコアは日本でも有効に働きます。

どんなことにスコアが使えるのか、自分が何点が必要となるのか、
を知ることで目標を立てることができ、勉強に必要な期間など予定を立てることもできます。

アメリカ

コミュニティーカレッジ(短期大学)なら45点から。
一般的な4年制大学で80点。
名門大学を目指すならば100点が必要となります。

また、専攻によっても必要となる点数は異なります。

TOEFLの必要点数と大学リストはこちらからご覧ください。

アメリカの大学に進学を目標としている方の多くは80点を目指しています。
80点があると選択肢が大きく広がり、学校、学部を選ぶことができます。

日本

日本の大学でもAO入試や一般入試でもTOEFLのスコアがあれば加点される場合や学部によっては必須の場合もあります。

TOEFLの必要点数と日本大学リストはこちらからご覧ください。

センター試験と違って、テストが一年間に何度も受験できるので早めに勉強を初めて、テストを何度が受け一番いいスコアを入試に使うという方も増えてきています。

テストの申込み方法

テストに申し込むにはまずは個人のアカウントを作成する必要があります。

その後、公式ホームページからのみ申し込むことができます。
お申し込み方法は公式ホームページで詳細がありますので確認をしましょう

注意!!

サファリブラウザや携帯電話からではお申込みができないことがありますので
パソコンでInternet ExplorerやGoogle Chromeからお申し込みをすることをお勧め致します。

また、お支払い方法はクレジットカードのみとなります。
テスト受験者の名義ではないものでもお支払いできます。

早めに予約しないと会場が埋まっていることがありますが、キャンセルが出て、空きが無かった日程、会場に空きが出ることがありますので予約をする際は毎日のチェックを忘れないように!

テスト当日

・テスト当日に有効な身分証明書(ID)
・Registration Number
・テスト前日にMy Home PageのView Order(s)で確認した内容を印刷したもの

有効な身分証明書はパスポートを持参するといいでしょう。
必ず有効期限内の原本が必要となりますのでご注意ください。

試験室内には基本的にIDのみ持ち込むことができますので
最小限の荷物のみをもって試験当日、試験会場に行きましょう。

また、試験当日は試験開始30分前には集合が必要となります。
遅れた場合、試験が受けれず、試験代の返金もありませんので試験会場へは早めに行って、準備をしておきましょう。

TOEFLあるあると注意点

スコアレポート

TOEFL公式テストではテスト後にいくつかの質問事項がありますがその中にはなんとテストスコアをキャンセルしますか?という項目が存在します。
それは学校へスコアを直接提出する人があまりにも酷い結果を既に感じる際に送らない方が悪いイメージを持たれない等の理由であるようです。
しかし、テスト後に疲れ切っている人間からしたら、そのような英語の質問はどうでもよくケアレスミスで希望しているのに、希望しないをクリックする場合もありますよね 。

実際には進学を考えている学校などに試験結果を送らないといけないのに
送ることができない、といった事態になってしまうことも。

実はそんな場合でもテスト後の申請を行うことができます。
送付先1団体に付きUSD$20かかりますが、試験後2年以内なら申請可能です。

ただし試験前であれば4団体まで無料でスコアレポートを送ることが出来るので
必要な方は忘れないように試験前に申請をしておきましょう。

詳しい申請のルールはこちらから

キーボードレイアウト

TOEFLはアメリカのETSという機関で作られているテストです。
パソコンのキーボードのレイアウトもアメリカ仕様となります。

日本で使い慣れているボタン配置と若干異なるものもあり
それによってタイピングをするのにロスをすることがあります。

日本で購入したパソコンでもキーボードのレイアウトを変更することができます。
練習からアメリカのキーボードレイアウトに変更し、ボタン配置に慣れておきましょう。

ボタンの位置がわからず迷ってしまうと
ライティングが書き終わらないということもあるかもしれません。

スコアに納得がいかない?

TOEFLではスコアに納得が行かない場合、スコアの見直しを申し込むことができます。
ただし、スピーキングとライティングのみ見直しが可能です。
リーディング、リスニングは一切再チェックができないので注意!

■受験から30日以内の見直し申込み
■スコアの見直しは1度のみ可能
■両方のセクションでスコアの見直しを希望される場合は、同時に申し込まなければいけない
■スコアの見直しによってスコアが変わる場合は、この訂正済みのスコアが正式のスコアとなる(下がった場合も!)
■スコアをすでに機関または団体に送付するよう要請している場合は見直しは不可
■手数料は1セクションUS$80

スコアの見直しは必ずしもスコアが上がるとは限りません。
また、すでにスコアを進学希望先大学などに送っている場合もできないので注意してください。

スコアをキャンセルしたい

テスト受験後にスコアを知りたくない、自分のアカウントにスコアを残したくない場合は、スコアをキャンセルすることもできます。
キャンセルをした場合は、1セクションのみではなく、すべてのセクションがキャンセルされます。
スコア自体をキャンセルするので、受験者はもちろん進学希望先の大学などにもスコアは届きません。

スコアをキャンセルした後に、スコアを取り戻したい場合は取り戻すこともできます。
ただし受験日から60日以内に申請する必要があり、手数料US$20がかかります。

もし受験した後に嫌になってスコアをキャンセルしても、60日以内であれば取り戻せますが手数料もかかるので、「スコアが良くないだろう」と思ってもスコアを受け取るほうがいいでしょう。

イングリッシュイノベーションズでできること


イングリッシュイノベーションズでは経験豊富なネイティブの講師が本番のテストと同様に採点し、スコアアップのための個別アドバイスをしています。

6週間に1度ある模擬テストでは、実際のテストと同じ形式で試験を受けることができます。
また、採点するとともに、生徒一人ひとりにテストのフィードバックを行っております。

新宿校、横浜校、梅田校に校舎があり、無料体験レッスンを行ってりますので、興味のある方はまずはレッスンを体験してみてください。
1日でご案内出来る人数は限定されていますので必ず事前に予約をしてくださいね。
→体験レッスンの予約はこちらから

無料で授業を体験する

関連タグ:, , , ,

カテゴリー:

2018/10/23

執筆者 この記事を書いた人:Yuki

Yuki

元留学カウンセラーであり、ニュージーランド、オーストラリア語学学校にて勤務経験もあります。また、海外でアシスタント英語教師や現地ツアーガイドなどもしていたので、コースや英語の勉強法はもちろん、現地の生活から観光まで、英語、海外について何でも聞いてください!