English Innovations スタッフブログ

TOEFLの短期講習に参加して10日間で30点UP!!【新宿・横浜・大阪】

この夏、2回のTOEFL夏期短期講習が終了しました。
今回は新宿・大阪・横浜の3校で8クラス、95人の方が参加。スコアアップに励みました。

ご存知の通りTOEFLは非常に難易度の高いテスト。こうやって皆で集中して学ぶことで、モチベーション維持しながら切磋琢磨できますね。
今日はその様子をレポートします。

TOEFL短期講習の概要

TOEFL夏期講習は夏休みの期間を使って行われるTOEFLの短期集中講座です。

平日1日6時間、午前9時から午後16時15分までみっちり勉強します。
最初と最後の日にパソコンを使って行われる模擬テストを含め、わずか10日間で60時間のレッスンを受講します。

⁻中にはTOEFLをほぼ初めて勉強するという方や、
⁻すでに通っている生徒さんで、短期講習も一緒に受講される方、
⁻短期講習を受けるために遠方から上京される方、
⁻海外の学校に通っていて夏休みに一時帰国していた方

などなど、いろいろな生徒さんがTOEFLのスコアアップという目的のために集まります。

どれぐらいTOEFLスコアはアップするの?

はじめと最後に受ける模試では、どれだけ自分のスコアが上がったのか、力がついたのかが分かります。

事例を見てみましょう!

某大学の学生  初回48点→最終日78=30点UP!!
今季最大、驚異の30点もアップ

帰国子女高校生 初回96点→最終日101点
今季最高点、100点超え!!

特にの伸びているのはライティング、スピーキングといったアウトプットのスコアでした。

ライテイングは平均4点UP!!
スピーキングは平均5点UP!!

日本人が苦手とするアウトプットスキルを短期間でしっかり勉強をすることができます。

感想

Y.I
各セクション毎のストラテジーの説明を1つ、1つ丁寧に教えてくれる点が一番良かったと思います。
問題の特色に合わせてた解き方を説明してくれました。
特にReadingの核問題米に掛けれられる時間や解き方等を詳しくしれたのが良かったです。
話している内容、各問題に対するストラテジーを理解し始めてから授業が楽しくなり、力が着いている自信がつきました。

Y.M
集中していっきに勉強できたこと、また、勉強をする習慣をつけることができました。
短期講習で特に良かったのは、同じ目標を持って一緒に勉強をできる仲間に出会えたことです。
毎日ライテイングやスピーキングのアイディアを出し合ったりチェックし合ったりしていました。
仲間がやっていると負けてられないと思って、自主勉強も進んで行うようになりました。
これからもスコアアップ目指して一緒に勉強していきます!

I.H
2週間やりきったという達成感!
今までなんでスコアが出たのか、なんでスコアが悪かったのかがわからなかったけど
2週間集中して勉強したことで、どんな問題が苦手で、どうしてスコアが出てないのか、ということがわかりました。
スキルによってはスコアが思ったよりも上がらないことはあったけど、
自分の苦手得意が分析できたので次回のテストではもっとスコアをあげれるという自信が付きました。

Z.L
内容がすごい濃かったですが、みんなと一緒に勉強することが楽しくて1日が早く感じました。
1日が終わると疲れているのに、不思議ともっと勉強したいと思って
ほとんど毎日そのまま学校に残って宿題や復習をしていました。
毎日理解できる内容が多くなり、大変さよりも楽しさが多かった2週間でした。

エピソード

【新宿校】
10日間という期間は非常に濃厚で大変な努力が必要です。
毎年参加者たちは上手くいかないことの連続とどうしたらいいかわからない不安、疲れ、睡魔、人からのプレッシャー等のあらゆる苦難を乗り越え最終日までたどり着きました。
もちろん途中数名は風邪などをひくものもおりましたがみんなよく頑張りました。

台風がヒットした週でユニークな事がおき、
本来であれば台風直撃の際、安全確保を判断基準として閉講することが当然ですが、
ある生徒の一言で担当講師陣もスタッフも心打たれ、
台風日も任意参加にて開講を決断したのです。

その一言とは「明日は学校閉めるんですか?俺はこの夏にかけてます。
電車で1時間半かけて夏期講習通ってます。
もし講習があるならカプセルホテルかどこかで一泊するのでとにかく受けたいです!」
その判断は後に幸運を生み直撃するはずの台風も進路が急遽大幅にズレ、
参加した生徒達にとっても大きなモチベーションアップとなり今年も大きなスコアアップが沢山生まれました。

【大阪校】
10日間、60時間という集中講座を受講しながら
その後、学校に残って夜9時までほとんど毎日誰かが勉強をしていました。

週末でも教室が空いているというと、それに合わせてクラスメイト同士で声を掛け合って
学校に集まり、ライテイングの交換をしたり、スピーキングを練習しあったり
目的に向かって一緒に勉強をするということをしていました。

短期講習の生徒が自習をしているのを見て、
通常コースの生徒も自習をするようになり、短期講習が終わっても
毎日数人の生徒が時間を見つけて学校に来て一緒に自習をするようになりました。

勉強法だけでなく、どんな留学をしたいのか、海外でどんなことができるのかということを共有できたようで
「いつも一人だと思っていたTOEFLで同じ夢を持って一緒に頑張る人たちがいるとわかった」
「一緒に頑張れる仲間ができて勉強が面白いと思えた」
という短期講習だけでなく、今後の学習のために高いモチベーションを持つことができた生徒さんが多く生まれました。

【横浜校】
前期の受講生7名はほぼ既存生だったこともあり初日の緊張感や人見知りはあったものの、
日を重ねるごとに休憩をみんなで一緒にとっていたりいい関係性がうまれていました!

また、唯一いた社会人の方がまとめ・相談役となっており、
後日聞いた話では、全員を連れて近くのおそばやさんに行き全員にランチおごっていたり、
最終日もピザパーティのあとに全員でカフェに行き3時間ほど過ごしたそうです!

学生たちも「社会人の方のお話や、仕事に関すること、
英語・TOEFLスコアの重要性も聞けて刺激になった」と言ってました。
現在も通われている方がほとんどなのでその後もクラス内にいい雰囲気が出ております。

横浜は新校舎のためまだまだ少ない人数ではありますが、
帰国子女も多く先生や他の生徒との交流がとても多くみられ、
自習する生徒も増えておりとってもいい雰囲気で行っています。

次回開催、冬期講習

次回のTOEFL短期講習は、冬季5日間短期講習を予定しております。
12月24日から28日までの5日間です。

2018年の最後をTOEFLのスコアアップで締めくくれる日程となっております。
席に限りがりますのでご興味のある方はお早めにお問い合わせください!

無料で授業を体験する

関連タグ:, , , , ,

カテゴリー:

2018/12/04

執筆者 この記事を書いた人:Yuki

Yuki

元留学カウンセラーであり、ニュージーランド、オーストラリア語学学校にて勤務経験もあります。また、海外でアシスタント英語教師や現地ツアーガイドなどもしていたので、コースや英語の勉強法はもちろん、現地の生活から観光まで、英語、海外について何でも聞いてください!