English Innovations スタッフブログ

中学生からTOEFL塾に通った理由


名前:Ten.K
職業:中学生、ピアニスト
2019年ショパン国際コンクール in Asia 出場
2019年万里の長城杯音楽国際ピアノコンクール中学生ピアノ部門の1なしの2位
受講期間:通常クラス36週間
開始時の英語力:未受験
受講後のスコア:TOEFL50点(EI練習テスト)

ショパンコンクールアジア大会にも出場したことのある中学生ピアニスト
中学2年生、13歳という若さで将来を見据えてTOEFLの勉強をするためにイングリッシュイノベーションズ大阪校に通い出しました。

彼がこの若さでTOEFLというアカデミック英語に挑戦したのは何故だったのでしょうか?

どうしてTOEFLが必要になったのですか?

高校受験で60点あれば入試テストが100%になるので、そのために最初は勉強を始めました。
また、その時は将来アメリカのUCLAに大学生になったら行きたいと思っていたので早めにTOEFLの勉強をしておいた方がいいとお母さんに勧められました。

最初は英検を勉強しようと思ってたけど、高校までしか使えないので一生使える英語力をつけたいので
将来も使える英語力ということでTOEFLを早めに初めました。

どうしてイングリッシュイノベーションズを選んだのですか?


最初はお母さんがインターネットで学校を見つけて、点数保障制度があるということでまずは体験レッスンに行って正直やる気はなくて、そこまで興味のなかったけど、その時のスタッフさんとお母さんに説得されて受講を決めました。

実はお母さんもその時にTOEICEのクラスに通い出しました。
親子で英語の勉強をすることになりました。

イングリッシュイノベーションズの授業はどうでしたか?

すべて英語で行うオールイングリッシュの授業は最初は慣れなかったですが、
英語で話すということをしなければいけない状況で話すことで、徐々に慣れてきて自然と英語で話すことができるようになりました。

慣れてきたら英語で話すコミュニケーション能力もついたし、Ricky(講師)の説明が簡単な単語で言い換えてくれるのでわかりやすく
ネイティブスピーカー独特の言い回しを知ることもできました。

クラスメイトの中で一番年下で、ほとんどの生徒が高校生でしたが、みんなフレンドリーで年齢関係なく勉強や音楽などいろいろな話をすることができて面白かったです。

TOEFLの勉強法

全スキルに関しては、とにかく授業で習ったストラテジーを覚える!

■リーディング

わからない単語はもちろん出てくるけど、全て調べて、完全に理解した上で問題を解くのは時間がかかるし、めんどくさい(笑)
実際のテストでは単語がわからないことももちろんあるので、わからない単語が合っても無視して文章の流れを理解して問題を解くことを心がけています。

わからない単語は印をつけておいて、問題を解いた後に調べていました。

■リスニング
普通に聞いて、メインテーマだけを聞き出して、何の話をしているのかを理解して、とりあえずわかる限りで問題を解く
一回解いた後にスクリプトをみてもう一度聞いて単語を調べて、さらにもう一回解く

好きな分野のリスニングを中心してやって、いざ出たときに完全にスコアを取れるように、好きな分野に関わりのある単語を覚えました。
また、リスニングシグナルをひたすら覚えて、答えが出てきやすいところに注目してメモを取るようにしていました。

■スピーキング
クラスメイトやスクールメイト、特に一緒によく自習をしていたMihoとEricaに教えてもらいました。
一緒に練習してアイディアをもらったりしていました。
アイディアが出てこなかったときのエマージェンシーセンテンスを覚えて使う練習もしていました。

また、部屋の片付けをしながらトピック選んで頭の中で英語で話していました。

■ライティング
一回自分の中で完璧なものを3,4時間かけて作って、それをもとに自分の書きやすいものを覚えて使えるようにしました。
アイディアが出ないときはネットから、もしくは他はクラスメイトやスタッフさんに聞いていました。
接続詞の使い方をしっかり覚えて、文章をつなげる練習をしました。

1日にどのくらい勉強しましたか?

やる時にしっかりやるという短期集中型なので、
毎日勉強していたということはないですが、
イングリッシュイノベーションズの定期テストの前とか、授業後にみんなで残って自習をしていました。

インタビューをさせてもらったゴールデンウィークは10日間ほぼ毎日朝から夜までイングリッシュイノベーションズで自習をしていました。
一人だけになる日もあれば、年上のクラスメイトを呼び出して一緒に勉強していることもありました。

TOEFLを勉強していて辛かったことはありますか?

辛いということはなかったですが、単語がわからなくて、何について話しているのかがわからないことがあって、
それがなんか気持ち悪いなと言う感覚がありました。

もともと英語が好きなのと、みんなで一緒に勉強をすることが多いので、嫌になるということはないです。

TOEFLスコアは最終的にどのくらい上がりましたか

受講期間:通常クラス36週間
TOEFL未受験、未経験 → 50点(EI練習テスト)

TOEFL、アカデミック英語は全くの未経験から中学2年生にして50点
最近の練習テストではスピーキングは安定して15点以上を取っています。

イングリッシュイノベーションズに通われて良かったことはありますか?

年上の友達がいっぱいできた、みんなキャラが濃くて面白いし、いろんなことを教えてくれる。

英語を英語で勉強しているからか、年齢が違ってもみんなフレンドリー
プライベートで遊ぶこともあるし、授業後にみんなで残って勉強をしたり、楽しく英語を勉強して、海外のことや新しい情報を知ることができました。
スポーツなど一芸に秀でている人が多かったり、多趣味の人が多くて色んな話を聞けることが楽しかったです。

これからの目標

イングリッシュイノベーションズに通い出した頃は、将来海外の大学に進学したい、と思っていましたが
今はピアノで海外に留学するか、もしくは日本で芸大に進学して、その中で海外に行けるようになりたいと思っています。
そのためにはまずは音高に進学予定です。

ピアノの才能があると言われていたけど、よくわからなかったですが、
芸術は長い歴史の中で一度も途切れたことがない事だし、才能のある限られた人しかできないことなのに習い事だけで済ましてしまうのはもったいない、特定の人しかできないから求められる一生の仕事になる、
と言われて飽きっぽくて、集中力が続かない中でピアノは小さい頃か途切れずにずっとやってるし、やりたいと思うから、自分の才能を磨きたいと思っています。

音楽を続けていく中で、曲の背景や歴史を学ぶためにも、世界中の人とコミュニケーションを取るためにも英語は必要となるので
ピアノをやりながら、英語も継続して続けていきます。

これから学びたいと思っている方へメッセージをお願いします


4技能の能力がつくし、実生活で使える英語を勉強したい人には特におすすめします。

悪く言ったら癖強い(笑)個性豊かな仲間と一緒に勉強できるので、飽きないし、いつも新しい発見があって、
勉強をしに来るというよりも、友達に合いに来て勉強をしているという楽しい感覚で勉強ができます。

ピアノと言う大きな武器に英語を加えて、より深く世界とつながる新世代のアーティスト!

中学生からでもTOEFLを勉強することはできます。
少しでも早く世界で使える英語の勉強を始めませんか?

当校の体験レッスンは学校についての説明ももちろんさせて頂きますが、どのように勉強すればいいか、スコアアップの秘訣についても伝授しています。きっと参考にして頂けるんじゃないかと思います。

体験レッスンは無料。新宿・大阪(梅田)・横浜、京都(烏丸)で行っています。
授業の邪魔にならないように1日2組まで限定なので、必ず事前に予約をしてくださいね。

体験レッスンのご予約をこちらから

無料で授業を体験する

関連タグ:, , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者 この記事を書いた人:Yuki

Yuki

元留学カウンセラーであり、ニュージーランド、オーストラリア語学学校にて勤務経験もあります。また、海外でアシスタント英語教師や現地ツアーガイドなどもしていたので、コースや英語の勉強法はもちろん、現地の生活から観光まで、英語、海外について何でも聞いてください!