English Innovations スタッフブログ

アメリカの大学に留学する時、必要になるGPAとは?

GPAとはGrade Point Averageの略で、アメリカの高校や大学などで一般的に使われている成績評価の指標のことを言います。

アメリカでは、このGPAがとても大切です。大学での評価はもちろんのこと、就職ではしっかり見られます。
その為、アメリカの大学生、特に各国の留学生たちは本当に一生懸命に勉強します。

最近では、日本の大学でも従来の偏差値評価から、GPAを一つの成績評価指標として取り入れるようになってきました。文部科学省によると、平成17年248大学(全体の35%)、平成23年453大学、平成27年には634大学(全体の85%)まで増えてきたそうです。

それではもう少し細かくGPAについてお話します。

1)合否の決め手になるGPA
2)GPAの評価方法
3)GPAの重要性
4)名門大学に必要なGPAはどのくらい?
5)GPAが低かったらどうすればいい?

アメリカの大学へ進学する時に合否の決め手になるGPAについて

日本の大学では、一般入試というと大半が1発試験での合否となりますが、アメリカの大学は日本のようなペーパー入試だけで合否が決まる、という考査方法ではありません。

過去(一つ前の学歴)での成績(GPA)や先生方の推薦状、本人のエッセイ、面接、その他ボランティアなどの課外活動などをまとめて申告し、合否の判断がされます。
※出願者は願書と共に高校3年間分の(アメリカの高校は4年制)のGPAを提出することになります。

GPAの評価方法

GPAの最高点は4ポイント。アメリカの高校における3.5のGPAは、日本の高校の5段階の評定平均で単純に計算をすると4.375となります。※現在の成績や出願先の学校によって計算方法が異なることがある為、詳細は学校の先生に相談して下さい。

ただ、日本の通知表ではアメリカよりも低めに出ることが多く、アメリカへの大学進学という点においては多少不利になる傾向があります。※アメリカの大学生の全平均GPAは3.0。

日本のGPAとの換算方法

では、自分は日本の成績が4.2だとアメリカに換算して3.5には足らないとなった場合、審査基準が3.5以上必要な大学には引っかからないのか?

と言うと、そういう訳でもありません。

と言うのも評価基準、評価の仕方は大学によってかなり異なるからです。つまり同じ成績評価方式でも大学によってGPAが異なることがあるのです。

提出物として出す書類は成績表のみならず、授業の内容や時間数、評価の基準などを示す書類を同封し、大学側に評価をしてもらう形となります。

大学が出席率に重きを置くのか、全体平均なのか、突出した成績を好むのか?など、どこに比重を置くのかなども審査をする大学によって異なってきます。

以上のことからご自身の高校での成績がそのままGPAに換算されるわけではないことを覚えておきましょう。

GPAの重要性

いきなりですが問題です。

以下の2人。どちらが良い学生さんと評価されるでしょうか?

Aさん:日本の大学受験において偏差値の低い大学でGPA4.0で卒業
Bさん:日本の大学受験において偏差値の高い大学でGPA2.0で卒業

AさんとBさん、一般的に日本では偏差値が高い大学を卒業した方が就職では有利とされてますね。
一方、アメリカではAさんの方が就職時において大企業からは高い評価をされます。

それだけアメリカではGPAの評価は重要なのです。
(もちろん一部の誰でも知っているような名門大学だと話は別)

GPAは奨学金にも影響

また、GPAは奨学金や進級にも影響します。

最近アメリカのとある州立大学に進学したイングリッシュイノベーションズの元生徒のお話では、3.2以下で奨学金が支給されなくなり、3.0以下で進級にも影響するそうです。アメリカにも色々な種類の奨学金がありますが、結局のところベースとなるのはGPAのスコアとなります。元生徒さんが通われている大学ではGPA3.0が一つのボーダーとの事でした。留学生にとっては厳しい環境ですね。

名門大学に必要なGPAはどれぐらい?

さて、上記を踏まえ、名門大学に必要なGPAはどれぐらいか?
結論を言うと、アメリカの名門大学に入学するには3.5以上ないとダメとか、3.7が必要だと言われています。

<ハーバードの例>。
卒業生のGPA平均は3.64
⁻合格者のGPAは3.75以上が90%、3.5以上だと97%
※カレッジボード調べ

97%が3.5以上ですよ。平均3.64です。

3.5以上ないと絶対合格できないの?

自分はどうやら3.5はなさそうなので、諦めるしかないのか…。
わずか3%だけど、3.5以下のGPAで入学している人もいそう…。

確かに、私の知人でも実際に2点台でハーバード大学に入学した方がいます。
そういう意味では可能性はゼロではありません。

しかし、それは大学自体がGPAだけを評価の基準としているわけではないからです。

つまりはGPAが低くても人は相当他の部分が長けているということ。
めちゃくちゃスポーツが出来るとか、全米〇〇コンクールで優勝してます、とか…。

となると、やはり普通の人が3.5以下で合格するのって簡単ではなさそうです。

3.7って、どれぐらいすごいの?

ちなみに、名門大学にあると良いと言われてるスコア3.7。これを単純計算すると、5段階法では平均4.625となります。

これがどれだけ難しいのか?日本の成績イメージで言うと、基本的にオール5。もし4があっても1年間に1つか2つくらい。

それも、中学3年生から高校3年までの6年間の平均GPAを提出するとしたら、その間ほぼずーーーっとオール5。しかも主要教科だけでなく、体育や技術などすべての授業で、です。

正直、そんな人いるのか???と疑いたくなりますが、アメリカは絶対評価の学校が多く、日本よりはこのようなスコアは取りやすいのです。

日本人はそういう人と戦わなくてはいけないのですね。

あまり難しい学校に行かない方が良い?

「偏差値の高い高校より偏差値の低い高校の方が有利なのでは?」

という質問を受けます。

答えはある意味YESです。

評価方法が学校によっても違うので一概には言えませんが、その傾向はあるでしょう。

偏差値の高い学校の生徒のまわりは勉学に励んできた生徒ばかり。相対評価をされる学校においてはその中での争いとなります。必然的に良い成績を修めるのは難しくなり、より良いGPAを取るのは難しくなります。

例えば、東京大学に通う生徒さん達のIQは平均120だそうです。そんな賢い人たちの中での成績競争、となると大変なことがわかります。

それでも、東京大学を卒業した優秀な方が、アメリカ名門大学院を受けたもののGPAが悪くて苦戦してしまう。という話しは良く耳にします。
注:一部の大学では、大学の良しあしを評価の基準にも取り入れています。

GPAが低かったらどうすればいい?

GPAが思わしくなければ当然ほかの部分でアピールしないといけません。具体的に言うと、推薦状とエッセイ、面接ですね。

推薦状:

推薦状はあなたが学校の先生、選考の教授に書いてもらうのが一般的です。

内容は、基本はあなたが優秀な生徒さんであることをアピールしてもらう形になります。
一般的に日本のGPAはアメリカのGPAよりも低く出てしまう傾向にあるので、その採点法が厳しい旨、本当は優秀なんだけれども、GPAは良くないといった内容を書いてもらうと良いでしょう。

エッセイ

エッセイは自分のアピールをする場です。

自分が何を頑張ってきたのか、部活動なのかボランティアなのか、学外活動はもとより、他の活動にも長けている旨をアピールしましょう。

面接

面接の根本の目的はあなたがその大学に入ることでどんなメリットがあるかを答える場です。様々な質問が投げかけられると思いますが、落ち着いて嫌らしくない程度にアピールしましょう!
※面接がない学校もあります。

一番初めに行く大学=卒業する大学ではない

そもそもあなたが3.5なくて、それでもアメリカの名門大学を出たいんだ!

そんな人ははじめからその3.5が必要な名門大学に入らないといけない、という固定概念を捨てることもひとつの手かもしれません。

そもそもGPAが低い中で名門大学目指すのは結構難しいです。まずはコミュニティーカレッジやリベラルアーツ系のカレッジで良いGPAを取得してから目的の大学に転校する、そんな方法もあるのです。

日本では入った大学=卒業する大学、ですがどこの国でも同様だと思う価値感を捨てましょう。

事実アメリカ人は、最終学歴にはこだわりますが、途中の経緯については全くといいほど気にしません。GPAが取りやすさを第一に進路を考えるのも一つの手だと思います。

まとめ


ちなみに、イングリッシュイノベーションズではアメリカへの大学進学TOEFL専門塾を開講しています。
TOEFLスコアアップはもちろん、上記のような大学進学のための必須スキルをお届けしています。

アメリカの大学進学にご興味のある方は詳細はこちらから
http://english-innovations.com/lp11/

TOEFLのスコア、どうやって伸ばせばいいのか分からない!?


TOEFLを受けたことがない方、これから受けようとされている方、独学では限界を感じている方、最短でスコアを上げたい方は点数を保証するTOEFLスクール、イングリッシュイノベーションズの体験レッスンにぜひ参加してみてください。もちろん無料です。強引な勧誘もありません。

当校の体験レッスンは、ネイティブ講師による生講義です。まるで留学している気分を味わうことが出来ます。来校時に経験豊富なカウンセラーから学校についての説明もさせて頂きながら、どのように勉強すればいいか、スコアアップの秘訣についても伝授しています。お気軽にご参加ください。

体験レッスンは無料。新宿・横浜・大阪(梅田)にて行っています。
授業の邪魔にならないように1日2組まで限定なので、事前に予約をしてくださいね。

▶体験授業の予約はこちら!

無料で授業を体験する

関連タグ:, , ,

カテゴリー:

2017/05/05

執筆者 この記事を書いた人:Shunsuke