English Innovations スタッフブログ

高校生No1ゴスペル歌手が大阪のTOEFLスクールの中でEIを選んだ理由とは?


名前:Haruhi.Imoto
職業:高校生、ゴスペル、R&B歌手
受講期間:通常クラス28週間、夏季短期講習10日間
開始時の英語力:TOEFL36点
現在のスコア:TOEFL74点(受講中2/1現在)
Youtube Cannel:HARUHI

NYのアポロシアターのアマチュアナイトに出たこともあり、ゴスペル甲子園2017ボーカル部門最優秀賞受賞者
目標のために必要なことは、どんなにやっても努力ではなくて楽しいこと、常に前向きなスーパー女子高生。

どうしてTOEFLが必要になったのですか?

最初は日本の大学AO入試のためにTOEFLが必要になりました。
日本で2年間勉強し、2年間アメリカに留学でき、どちらの国でも卒業資格の取れるコースの受講を考えていました。

実際に勉強を初めてみたところ、思った以上にスコアを取るのが難しいということと
イングリッシュイノベーションズのクラスメイトと話しをしていて、アメリカの大学に最初から留学したほうが本当に自分のやりたいことをできる、と思ってアメリカの大学進学に方向を変えました。

どうしてイングリッシュイノベーションズを選んだのですか?

学校を探している時に別の学校の体験レッスンを受けた時に日本語で文法から説明してもらって、自分には合わない、楽しく勉強をすることが難しいなと思っていました。
イングリッシュイノベーションズの体験レッスンを受けた時に授業がすべて英語で、先生の発音がアメリカ発音で聞きやすかったのと、短期留学した時の語学学校に似ていて「これだ!アメリカの雰囲気」と思って通うことを決めました。
また、TOEFLのストラテジー(攻略法)を教えてくれるのでスコアアップが早くできると思いました。
文法をしっかり勉強していかないといけないのはわかっていたのですが、文法から勉強を始めるのではなく、問題の中から文法、単語を勉強していくほうが私にはやりやすかったです。

イングリッシュイノベーションズの授業はどうでしたか?

イングリッシュイノベーションズに通って生徒はみんな同じように言うけど、「やらされている」ではなく「やらな」ってなります。
周りの生徒のモチベーションが高くて、気がついたら自分のモチベーションも上がっています。
クラスではスピーキングもライティングもあるので、他の生徒がやっているのを聞いたり、見たりして、攻略法の活かし方を他の生徒からも盗んでいました。

私が受けているクラスは特に同じ歳の生徒が多くて、同じようにアメリカ大学進学を考えていたり、日本の大学から交換留学を考えていたりと同じ希望の生徒が多く、情報交換をすることもできました。
実際クラスメイトと話をしている中でもともとの進路を変更して、アメリカの大学に進学することを決めました。

また、スポーツで留学する人や、自分以外にも音楽を専門にしている人もいたりして、英語だけではなくいろいろな情報を交換することができました。

夏季短期講習では短期集中で勉強をすることができたのですが、私は性格上1日に長時間集中して勉強をすることは苦手だと気づいたので、やる時は短時間集中型でやることが効率的ということがわかりました。

TOEFLの勉強法

家では怠け者の自分が出てきて、毎日机に向かって勉強するということは正直苦手なので、とにかく授業中に集中してノートを取って、単語も調べてその場で最大限の理解をすることを心がけています。
興味が無いことを続けることは難しいので、自分の興味のあるTED Talk、特にミュージシャンや人種差別などを見て、わかるようになるまで何度も調べながら見ています。
自分の生き方に参考になると思って興味を持ってみているので理解も早く、TOEFLの単語というわけではないですが、いろいろな言い回しを知ることができます。

リスニングはアプリを使って1.5倍速で聞いています。そのおかげで実際のテストでも焦らずに聞くことができるようになりました。

1日にどのくらい勉強しましたか?

毎日勉強、ということはしていません。家では正直絶対に勉強できないので、する時はカフェなどで数時間やっています。
勉強という意識ではないけれどTED Talkはほぼ毎日見て、単語を調べたり、歌手として英語の歌詞の意味をちゃんと理解したいと思っているので、歌詞を調べたりもするので、なんだかんだで1時間以上は勉強していることになっているのかと思います。

TOEFLを勉強していて辛かったことはありますか?

TOEFLは自分のやりたいこと、アメリカ大学進学に必要不可欠なことなので、それを勉強することは辛いと思ったことはありません。
好きなこと、やりたいことをやるために必要なことは辛くはないし、そのためにすることは努力ではないと思っています。

TOEFLスコアは最終的にどのくらい上がりましたか

開始時の英語力:TOEFL36点
現在のスコア:TOEFL74点(受講中2/1現在)
通常クラス28週間+夏季短期講習10日間で38点アップ!

現在も80点目指して勉強中です。

イングリッシュイノベーションズに通われて良かったことはありますか?


※イングリッシュイノベーションズクリスマス会

アメリカの大学に進学するという選択肢を持てたことが一番大きいと思います。
もともと日本の大学進学を考えていたけど、本当に何がやりたいのか、どこで何をしたいのかを考える機会を持てました。

クラスメイトの話しを聞いていると自分の選択肢がどんどん広まっていき、情報を得ることができてモチベーションがどんどん上がっていきました。
夏頃にアメリカに進学すると決めた後は、自力で大学のページを見たり、連絡をとったりして進学をどんどん現実にしていっています。

アメリカの大学に進学、アメリカで生活をすることは、どんな意味を持ちますか?

自分の可能性を広げて、格好いい自分になるための場所

中学生の時から年に一度歌を学ぶためにNY留学をしていました。
最初はアメリカ人の歌がうますぎて自分がこのまま歌をやっていくのかを迷っていました。

高校生になって、歌を学ぶと同時に語学学校に通いました。授業ではいろいろな国籍の人が文法がわからなくてもめっちゃ喋って、拙いながらも自分の意見を言い、みんなと意見を交換しているのをみて、自分も同じように英語で意見を言える様になりたいと思いました。
アメリカの人は同じように自分の意見をはっきり持って発信をしていて、生き方がかっこいいと思いました。
アメリカはそんなかっこいい人成れる場所だと思うので、かっこいい自分になりたいと思います。

これから学びたいと思っている方へメッセージをお願いします

イングリッシュイノベーションズの生徒はモチベーションの高い人が多いです。
自分だけでは頑張れないと思っても、ここにいれば自然にモチベーションが上がります。

落ち込んでる生徒がいたら励ましてくれるクラスメイトや先生、スタッフがいます。
アットホームで先生、スタッフとも距離が近いので、授業終わりにみんなで話しながら勉強法だったり、情報の交換をすることができます。

一人でやっていると怠け物が顔を出しますが、ここにいればやる気がそれを打ち消してくれます。
勉強を楽しさに変えれる場所だと思います。

最後に海外への意気込みを教えてください

世界で活躍できるかっこいい自分になる!

※NYアポロシアター

Haruhiのこの言葉には驚かされました「やりたいことのためにする努力は努力ではなく、楽しいことで辛いことはない」といつもと同じトーンで言っていました。
本当にポジティブで目標に向かって、楽しみながら進むことのできるHaruhiの今後に期待大です。

無料で授業を体験する

関連タグ:, , , ,

執筆者 この記事を書いた人:Yuki

Yuki

元留学カウンセラーであり、ニュージーランド、オーストラリア語学学校にて勤務経験もあります。また、海外でアシスタント英語教師や現地ツアーガイドなどもしていたので、コースや英語の勉強法はもちろん、現地の生活から観光まで、英語、海外について何でも聞いてください!