English Innovations スタッフブログ

TOEFL iBTが2019年8月に大幅変更!! 時間と設問数、スコアレポートも変更

こんにちは!

 

ETS公式より、TOEFL iBTの内容が2019年8月より大きく変更されると発表がありました。
具体的にはどこが変更されるのでしょうか? 順をおって解説したいと思います。

 

改訂の目的

改訂の大きな目的は、やはり試験時間の短縮にあるでしょう。

 

時間短縮をする事でユーザーへの負担を減らし、ユーザーにとって受験しやすい環境を整えようとしているのでしょう。

 

出題形式に変更はあるの?

引用:https://www.ets.org/toefl/better_test_experience

 

公式が発表した文章の中に“With no change to the overall test format or question change. ” とあります。

この文章からも分かるように、設問形式に変更はないので、公平性、信頼性に関してはこれまでと変わることはありません。

 

具体的な問題内容の変更点

今回の変更では、リーディング、リスニング、スピーキングが変更されました。

 

ライティングに関しては変更はなく、今まで通りのタスクとなっています。
それでは具体的に、どの部分が変更されたのか見てみましょう。

 

リーディング

まず、リーディングセクションでは問題数と時間に変化がありました。
下記画像は、左が変更前で、右が変更後となっています。

リーディングのパッセージ数に変更はなく、3~4のままなのですが、問題数は少なくないります。

今までのTOEFLは各パッセージで12~14問の問題数だったのですが、8月以降のTOEFLでは10問に減ります。

 

これによって時間は、60~80分だったものが、54~72分に短縮されます。
ダミー問題があることは、これまでと変わりないので、54~72分といった形になります。

問題数は少なくなったものの、パッセージ数は減ってないので、受験者への負担がそこまで大きく減ったわけではないみたいですね。

リスニング

次にリスニングセクションでの変更点は、講義形式のみとなっています。

まず会話形式は、これまでと同様に2~3つの会話で、各会話で5問となります。

講義形式では、これまでレクチャーが4~6つありました。そのレクチャーは8月以降、3~4つに減ります。
そして、問題数も各講義で12~14問だったものが、10問へとカットされることになります。

 

この変更によって、時間は60~90分から、41~57分へと短縮されます。
リスニングセクションもダミー問題があることは変わりません。

リスニングセクションは、レクチャーが減ったことで時間が大きく短縮されたという印象があるので、受験者としてはかなり楽になるのではないでしょうか。

スピーキング

最後にスピーキングセクションにも変化がありました。


今までスピーキングセクションのタスク数は、6つでした。8月以降は、そのタスク数が大きくカットされ、4つになります。

具体的に何が少なくなったかというと、Independent Task(自分の意見を述べるもの) と Integrated Task(リーディングとリスニングを元に答える問題)です。

 

今まで2つあった Independent Task は1つになります。
そして、今まで4つあったIntegrated Taskが3つになります。

 

これによってスピーキングの総合時間は、20分から17分に短縮されました。

スピーキングセクションでは、タスクが3つも減りました。時間としては3分しか短縮されてないのですが、この変更によって受験者への負担は大きく減ることになるのではないでしょうか。

ライティング

“The Writing section will remain the same, with 2 tasks taking a total of 50 minutes. The test will still be scored on a 0–30 scale for each section, and 0–120 for the total score.”

上記の文章からもわかるように、ライティングセクションでは変更がなく、今まで通りテストを受ける形になります。

 

スコアレポートが変わる!!

これは受験者にとって一番嬉しいものになるかと思います。

 

8月以降のスコアレポートには、「MyBEST スコア」という方法が導入されます。

MyBESTスコアとは、受験者の過去2年間のテスト結果から各セクションの最高スコアが抽出され、AllOverスコアとして適用されるというものです。

 

MyBESTスコアの導入によって、受験者は団体などへのスコア提出の際に、過去2年間に受験した各セクションの最高スコアとその合計点を提示できるようになります。

8月1日以降に発行されるTOEFL iBTスコアレポートは、テストの試験結果とMyBESTスコアが表示されたレポートになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。8月1日に行われる変更によって、問題数、時間共に大きく短縮されることになりました。

そして何よりも、スコアレポートの変更によって、過去2年間の最高スコアからOverAllが表示されるようになったのは嬉しい事ではないでしょうか?

無料で授業を体験する

関連タグ:, , , , ,

2019/05/28

執筆者 この記事を書いた人:Ryoto

ImaiRyoto

英語力ゼロの状態でアメリカへの短期留学を経験し、その後バリ島の高校を卒業しました。 英語やテストについてはもちろんのこと、留学への不安や相談も受け付けます! 英語力ゼロで留学した、僕だからこそ感じた事や経験を踏まえてお話しできたらと思います。