English Innovations スタッフブログ

言語の仕組みから考えた、TOEFLの単語学習方法を解説!

今回の記事では、TOEFL対策やTOEFL対策に限らず、英語以外の言語学習にも役立つ単語の勉強の仕方をご紹介したいと思います。はじめに、TOEFL iBTで出題される傾向の高い単語について触れ、後半ではじっくりと効果的な単語学習方法について見ていきます。単語学習の量だけに追われ、人間がどのように言語を理解しているのかを考えずに焦って詰め込もうとしても、非効率的ですし、長期的な記憶にはつながりません。

この記事では、言語学的な観点も取り入れ、より現実的で実践的な単語学習の方法をわかりやすい3つのステップに分けて説明していきますので、ぜひご一読ください。

1. なぜ単語が大事なの?14歳までで終わってしまった!? 僕たちの言語学習期

言語学習で絶対に通らなければいけない道である単語学習ですが、「こんなに辛くて地道な作業を繰り返してどんな得があるの?」なんて思ったことはありませんか?生まれたばかりの赤ちゃんが単語帳と赤シートを手にコツコツと単語勉強をしているところなんて見たことがありませんよね。ではなぜ第二言語を勉強しようとする僕たちは単語を「勉強」しなければならないのでしょう。

実は、生まれたての段階での私たちの脳は、 言語学習に関して大変有利な仕組みをしています。記事後半にも書きますが、言語学習をする際に大切になってくる「言語」と「意味」の関連付けを、とても柔軟に行えるような仕組みになっているんです。この柔軟性と吸収力のおかげで、赤ちゃんたちは文法や単語を勉強しなくてもあっという間に言語を操れるようになってしまうわけです。

ところが、この言語学習に特化した能力は、私たちが14歳になる頃までには衰えてしまうということが研究によって明らかになっています。実は中学英語を初めて間もない頃に、私たちの脳は言語への柔軟性を失い始めていたわけです。この段階で、私たちにとっての英語は「吸収」するものから、ある程度「勉強」しなければならないものになってしまったということです。

こう聞いてしまうと、英語を勉強する気が失せてしまいますが、落ち込む必要は全くありません!赤ちゃんたちが「吸収」でしか学習できなかったのに対して、私たちは感覚を使った「吸収」と、本を使った「勉強」を使い分けることができます。この二つの武器をうまく使いこなせば、もう育ってしまった私たちだからこそできる効果的な言語学習ができるわけです。ではどのようにしたら、単語学習に「吸収」と「勉強」をバランスよく組み込めるのか、それがこの記事の本題となるわけです。

単語学習のメリット

単語を効率よく頭に入れることにより、様々なメリットを得ることができます。第一に、テストではるかに有利になるということです。特に120点、677点や990点など、英検と違ってレベルに幅のあるTOEFLやTOEICでは、出てくる単語の難易度にも幅がありますから、知っている単語の量と点数が比例すると言っても過言ではありません。ある文章を読んだとき、その文法が分からなくても単語がわかったから意味がなんとなくわかってしまったという話はよくあると思います。一般的に、文章中の8~9割の単語の意味がわかっていなければ文章の意味は理解できない、と言われるほどですから、単語がわかることの利点はとても大きいですね。

第二に、知っている単語が増えると、その先の単語学習の効率も上がります。特にこの記事でお勧めする、文章に着目した単語学習では、知っている単語が増えるにつれて使える文章も増えてくるため、新出単語へのアプローチがかけやすくなってくるんです。読める情報の種類も増えますから、自然とさらに遭遇する新出単語の数も増えてきます。知れば知るほど効率が上がると考えると、少し希望が持てますよね!

2. TOEFL試験ではどんな単語が出題される?

TOEFLで出題される単語は、日常的なものからアカデミックなものまで多岐に渡ります。しかし、TEOFLテストの属性から、点数アップにうまく繋がっていく単語はやはり学術的な単語でしょう。しかし、この学術的な単語を分野別に狙い撃ちして学習してしまおうというのはとても難しいです。どのような単語が出題されるかの感覚をつかむために、TOEFL iBT対策用の単語学習教材からいくつか単語をランダムに抜き出してみましょう。

  • Meteorology 気象学
  • Sediment 堆積物
  • Occasionally 時々
  • Artificial 人工の
  • Compulsory 強制された
  • Ancient 古代の
  • Biologically 生物学的に
  • Upheaval 大変動
  • Milestone 画期的な出来事
  • Advent 登場

いくつご存知の単語がありましたか?実はこれらの単語、今までのTOEFLの問題でどれも一度は見かけたことがあります。とは言っても、TOEFLでは膨大な量の単語が出てきますから、これらの単語が頻出するというわけではありませんが、単語のレベルのイメージはつくと思います。

さて、このように全体的に見ると関連性のないような多岐にわたる単語を、どのように覚えて行けばいいのでしょうか。次は、効率的な勉強の仕方を考えていきましょう。

3. 言語の特徴から見る!単語勉強の仕方とは

ここでは、具体的な勉強の仕方の戦略を立てていきます。このセクションでは、より効率的な単語学習をしていくために、少し言語学的な視点からアプローチをしていきます!しかしまずはいつ単語を勉強できるかを整理していきましょう。

単語をいつ勉強する?

さて、単語学習という地道な作業に着手するとき、どのように時間を割いていくかというのは大変重要な問題ですよね。

隙間時間
単語学習の王道は、何と言っても隙間時間でしょう。通勤・通学中、また休憩時間等、人それぞれの隙間時間を見つけてみなさん学習しているようです。隙間時間で勉強することのメリットは、たくさんあります。

例えば、集中力が保てるという点です。机に向かっての勉強だと、どうしても眠くなったり飽きてきたりして集中力が続かなくなってしまいがちですが、移動中などの比較的短時間の勉強ではこれが起きにくいと考えられます。また、時間も限られているため脳が一分一秒を大切に使おうとし、記憶力も向上します。また、隙間時間は一日の間に何度も登場しますから、自然と継続的に繰り返し単語を勉強するきっかけとなり、非常に効率的です。

机での学習
人によるとは思いますが、机に向かってじっくり勉強した方が集中できる、という方もいるかもしれません。集中が続くのであればまったく問題ありませんから、ぜひ続けてください。

しかし、ただ文字を眺めて繰り返すだけでは非効率的です。記事後半で紹介するステップを参考に、単語の意味の具体的な意味をイメージしながら覚えていきましょう。また、せっかく机で勉強しているのですから、時間を使って復習をするように心がけるともっと効果が上がります。前日に勉強した単語、一週間前に勉強した単語を覚えているかさっとチェックするだけでも長期記憶への定着度合いが格段に変わってきます。

日常生活全体
さて、隙間時間は多くの人が取り組んでいると思いますが、これはどうでしょうか。日常生活全体を単語学習のプロセスにしてしまうのです。単語学習では何と言っても繰り返し単語を頭に思い浮かべることが大切です。

逆に言ってしまえば、頭の中だけでも単語学習ができてしまうのです。日頃から目にするもの、行動などを英単語で思い浮かべられるか気にかけながら生活してみましょう。きっと英語ではなんと表されるか知らないものばかりだと思います。これを行うことにより、知っている単語に関しては反復してイメージする練習となり、知らないものに関しては新しい単語を学習する良いきっかけとなります。インターネットでの検索を英語にしてみるというのも、いい方法ですね。はじめは新出単語ばかりかもしれませんが、次第に見たことのある単語がたくさん出てくるようになると思います。

単語学習の本当の意味:言語学の”signifier”と”signified”

さあ、早速効率的な単語学習に向けて具体的な戦略を練っていきましょう!ここからは、単語の役割について説明し、それに沿った学習方法を提案していきます。

「近代言語学の父」と言われているスイスの言語学者であるソシュールは、「ことば」と「もの」の関係について、それぞれを”Signifier”、”Signified”と定義しました。直訳すれば、Signifierは「表すもの」、Signifiedは「表されているもの」となり、単語学習に当てはめて言えば単語がSignifier、単語が指し示す意味そのものがSignifiedとなります。単語は、ある概念・意味を指し示す印であり、印が異なるものが、異なる言語と考えられるわけです。つまり、海を見て”sea”という印で表すのが英語、”うみ”という印で表すのが日本語ということですね。”sea”も”うみ”も、直接的に「海」の概念と結びついています。

このことを意識して単語学習をすると、英単語を見て、その次にその日本語訳を見て覚えようとする単語学習がいかに大きな間違いであるかがわかります。多くの単語帳では、英単語のすぐ横に日本語訳が書いてありますから、単純に勉強しているだけではこのパターンに陥りやすいわけです。

日本語訳を覚えるというのはつまり、本来英単語とその単語が表す概念を直接的に関連付けなければならないところを、間に日本語の単語を挟んでしまっている作業です。これでは、Signifier(表すもの)としての英単語に、Signified (表されるもの)として日本語を関連づけてしまっています。本来の意味での単語学習になっていないということは皆さんお気付きですよね。この方法で単語の詰め込みのみを続けていると、スピーキングの際に言い表したい単語がスムーズに出てこなくて支障が出てしまいます。逆に、英単語を意味そのものと直接関連付ける作業が、いわゆる「英語脳」を形成していきます。

単語学習における3つのプロセス

それでは以上のことに基づいて適切な単語学習のプロセスを考えていきましょう。私たちが日常生活で単語と関わるプロセスを3ステップに分けて考えて見ます。

ステップ1:遭遇
どんな言語でも、ある単語を学ぶ必要があるということは、生活の中でその単語に継続的に遭遇し続ける可能性が高いということを示します。新出単語との遭遇が、単語学習をするきっかけとなるわけですね。赤ちゃんの場合はお母さんがしゃべりかける言葉などです。私たちの場合は、長文や単語帳で遭遇する単語とういうことになります。

ステップ2:関連付けと理解
このステップが、単語学習の本質となるプロセスです。赤ちゃんであれば、哺乳瓶がもらえる時間にはお母さんが”milk”と発音しているなと言ったように、状況と言語(この場合は音)を結びつけ、単語の意味を徐々に理解していきますよね。つまり、単語に遭遇した状況から、その音と意味の関連性を見出しながら意味を理解していきます。このプロセスによって、脳が言語をツールとして使えるようになります。しかし14歳を超えた私たちは、「勉強」という新しい方法との使い分けが大切ですから、一発で単語とのその意味を結びつけることができます。詳しい勉強の仕方については、この次のセクションでお話しします。

ステップ3:引き出し
ある単語に遭遇し、関連付けと理解を行えば、次に遭遇した際にはその単語の意味が分かります。もちろん忘れてしまうこともありますが、次に同じ単語を目にした時はそれが刺激となり、その単語の意味するもののイメージが脳内で呼び出されるようになってきます。これが引き出しのプロセスです。また逆に、言語で何かを言い表そうとするとき、表そうとするもののイメージから単語を引き出すことも同じプロセスになります。

つまり、文章を読んで(または聞いて)理解しようとするとき、そのアルファベットの綴り(もしくは音)とより強く関連づけられたイメージや意味を引き出せること、また文章を作ろうとするとき、自分が意味したいもののイメージとより強く関連づけられた綴り(または音)がすんなりと引き出せるようになることが、単語学習の最終目標となります。単語が使えるようになることとは、この単語と意味をつなぐ関連性を無意識的に引き出せるようになること、ということですね。

3つのプロセスに基づいた、単語の学習方法

さて、以上の単語学習のプロセスを確認したところで、これらを具体的な学習方法に当てはめて考えていきましょう。それぞれのステップでの学習効果を最大限にするためには、何ができるでしょうか。

遭遇

  • リーディング量を増やす

より多くの単語を覚えたいのなら、新出単語への遭遇率を増やすことが大切です。このために、まずリーディング量を増やしましょう。繰り返し遭遇する単語は、自然と覚えてしまうものです。最近学習した単語は、よく目につく、ということはありませんか?それは、脳が自然のうちにその単語の関連付けを始めている証拠です。長文などしっかり読むのが億劫ならば、気になる単語探し目的のみでもいいのでざっと目を通して見ましょう。

  • 英語でインターネット検索をする

自分が実際に必要としている情報のリサーチを英語で行って見ましょう。インターネット全体での情報量のうち、日本語のものはは約5%であるのに対し、英語の情報は50%以上を占めます。手に入る情報量も十倍になりさらに単語学習にも良い刺激となるのですからこの方法を使わない手はないでしょう。

実際に必要としている情報を探しているため、自然と調べる癖もつき、飽きにくいことも利点の一つです。慣れてきたら、日頃のニュースチェックなども英語で行うと効果抜群です。特に英語でのニュース記事の書き方に慣れておくと、この先様々な学術文章も読みやすくなります。テストでの長文も読みやすくなりますから是非挑戦して見てください。

関連付けと理解

  • 単語の表すものをできるだけ具体的にイメージする

覚えたい単語の意味は、日本語訳を読んで理解するのでなく、日本語訳を読んで、具体的にイメージするところまでを行って勉強しましょう。視覚的画像、シチュエーション、感情などと関連付けながら学習を進めることで、より単語と意味との結びつきを強く記憶することができます。「この単語、ついさっき勉強したのにもう意味忘れちゃった」というときは、日本語訳のみを見て覚えようとしていた可能性大です。そんなときは次の方法を試して見てください。

  • 文章から覚える

英単語を覚える際、その英単語を使った文章を読むことで意味との関連付けを容易に行うことができます。文章には必ず一定の状況を連想させるのに十分な量の意味が含まれているため、学習しようとする単語とシチュエーションの論理的な結びつきを具体的にイメージすることができます。これを利用して直感的に意味や状況と単語の関係性を理解してしまいましょう。特に、感情を連想させるような文章が参考にできればラッキーです。

人間の脳は感情に関する記憶を長期的に覚えておくのが得意ですから。多くの単語帳には、英単語とともに例文が載っていますから、それを利用しましょう。これをすることで、単語を学習できるばかりか、文法を覚えるのにも役立ち、スピーキングをする際にスラスラと単語を自然に使えるようになります。文法の正誤問題等も得意になるでしょう。

*より現実的で、実用的な文章の方が記憶に残りますから、例えば古典文学からの引用ばかりを例文として使っている単語帳はあまり役に立たないと考えられます。

引き出し

  • 学んだ単語を実際に使う

これにつきます。一番簡単なのは日記をつけることでしょうか。しかし、一番効果的なのは実際に外国人と会話をすることです。まずはアプリなどを利用してchatするのが簡単でしょう。ここで、一つ前に紹介した「文章で覚える」が活きてきます。文章の形はなんとなく覚えていますから、あとは単語を状況に合わせてすり替えるだけで会話に使えてしまいます。

勇気がいることですけれど、積極的に使ったことのない単語を使っていきましょう。また、ここでさらに学ぶ機会を増やしたければ、外国人との会話で遭遇する単語にも注目して見ましょう。この場合、会話をしていますからもちろん新出単語は文章とセットで出てきます。このまま覚えてしまいましょう。

4. TOEFL学習で使いやすい教材・参考書

TOEFL TEST対策iBT英単語テイエス企画 高木義人著

toefl_book

» TOEFL TEST対策iBT英単語―100点獲得のためのRole Playing
この単語帳の最大の特徴は、単語の取り上げ方にあります。語源と同意語をまとめて学習することで、必修単語同士の関連付けを自然に強化してくれます。

語源が同一のものを一緒に学習すると、音の響きから大体の意味が想像できるようになってしまいます。さらに、後半からは長文を交えた単語学習が導入されるため、より実践的に単語を学ぶことができます。大変に効果的です。CDも付属していますから発音も大変に参考になるでしょう。特に例文の音声を聞いておくと効果的だと考えられます。

Vocabulary Cartoons SAT word power New Monic Books

toefl_book

» Vocabulary Cartoons: SAT Word Power

単語学習には完璧と言っていいほどの教材です。
この本は実はTOEFL用の教材ではなくアメリカのSATテスト用ですが、TOEFL単語では物足りない方のために載せておきます。難易度としてはTOEFLよりはるかに高くなっていて、目にしたこともないような単語ばかりですが、本の構成は目をみはるほど良質なものになっています。

一単語に対して、イラスト、覚えやすい関連性のあるダジャレ、例文、そしてもちろんその単語の意味が添えられています。アメリカの本ですから内容は全て英語です。大変面白いので興味のある方はトライして見ても面白いかもしれませんが、TOEFLテスト直前などの対策には役に立ちません。あくまでもっと単語を勉強したい!という場合のみ参考にして見てください。

5. ここにフォーカス!単語学習のちょっとしたTips

繰り返しになりますが、単語は文章から覚えるようにするとより効果的に学習することができます。インターネットや長文などで遭遇する文章では、初めのうちは意味のわからない文章ばかりであまり楽しくないかもしれません。

しかし、進めていくうちに文章が次第に理解できるようになってきて、どんどん楽しくなってきます。単語帳で単語とセットで乗っているような文章の場合は、初めから意味がわかっていますから、文法と単語の使い方を自然と勉強できてしまいます。また繰り返し例文を発音してみることで、スピーキングの際に自然とスラスラと単語が出てくるようになるでしょう。

単語の意味がプラスかマイナスかを覚えよう!

一言に単語学習といっても、膨大な量を一気に覚えようとすると無理が出てくることもあります。そんな時は、単語の意味を抽象的に理解してみましょう。その単語の意味はポジティブなのかネガティブなのか、イメージだけでもなんとなく覚えてしまうのです。こうすることによって長文中にその単語が出てきてしまっても、文章の大体の流れはつかめるようになっているはずです。TOEFLテストでも有利ですね。

また、ポジティブかネガティブかのイメージをするだけでも、次にその単語を見たときにはピンとくるようになり、次からは意味が格段に覚えやすくなっているはずです。ときには、その日本語訳を確認しなくても意味がわかってしまうことさえあります。覚えるのがあまりにも億劫で「今じゃない」と感じた単語は、意味の方向性だけでも掴んでおきましょう。

繰り返しと継続が肝心!

何事でも、継続が命と言われますよね。単語学習でもこれは事実だと思います。先述した、「遭遇・関連付け・引き出し」をなんども繰り返していくことが一番効果的です。冒頭では、私たちは「勉強」しなければならないとお伝えしましたが、勉強を勉強と感じる必要は全くありません。日常生活で遭遇する英単語を増やし、それを生活の一部にしてしまえばいいのです。繰り返しで、あらゆる単語を自分の一部にしてしまいましょう。

継続にどうしても不安がある方は、塾などで自分にタスクを貸すのも有効な方法でしょう。特に、「引き出し」のプロセスはネイティブを相手に繰り返すのが一番です。

ネイティブの先生がいる環境で、効率的に単語を学習して見ませんか?
http://english-innovations.com/

また、「これからの学習に向けてリズム作りがしたい」「テスト前に短期間で追い込みをしたい」という方は、短期講習を利用するのはいかがでしょうか。
http://english-innovations.com/short_toeic/ 

ぜひご検討ください。

6. まとめ

さて、じっくりと単語学習の方法を見てきましたが、いかがでしたか?今回の記事では言語の仕組みの考え方を取り入れながら、効果的な勉強の仕方の戦略を練ってきました。

言語とは、意味を指し示すものですから、英単語を見て「日本語訳」が思い浮かぶようでは、本当の意味での単語学習にはなっていません。英単語と、その「意味」が確実に関連づけられるように心がけながら一つずつ単語を身につけていきましょう。

また、単語学習の3つのプロセス「遭遇・関連付けと理解・引き出し」もステップに分けて見てきましたね。知らない単語に遭遇する機会を増やすこと、文章を使って具体的な意味を想像しながら学習すること、そしてできるだけ学んだ単語を自分から使う機会を増やすことを心がけるようにしましょう。そうすることによって、より実践的に、また結果的には早く英単語を身につけることができます。恐れずに、イングリッシュスピーカーとどんどん話していきましょう!

単語がわかってこそ楽しいのが英語です。TOEFL高得点のためにも、また英語を自由自在に使いこなせるようになるためにも、なんのために勉強しているのかを常にイメージしながら学習を継続していきましょう!

無料で授業を体験する

関連タグ:,

カテゴリー:

2017/04/22

執筆者 この記事を書いた人:EI staff

EI staff

点数保証をするTOEFL/TOEICの専門校、イングリッシュイノベーションズのスタッフです。スタッフの多くはアメリカからの帰国組です。 私たちもTOEICやTOEFLのスコアアップに苦しみました!その経験を皆様にシェア出来ればと思います。何でも聞いてください。