点数保証するTOEFL®テスト/TOEIC®テスト対策専門校

tel/03-4590-0322
tel/06-7713-2108

無料体験レッスン

English Innovations スタッフブログ

【新宿校】卒業生Ryoka登場!TOEFL ibt92点獲得!

2017/06/23

卒業生RyokaがEIに遊びにきてくれました!

2年間のカナダ留学後にイングリッシュイノベーションズに通いはじめた彼女。
入校時TOEFL ibtスコアは57点でした。

そんな彼女は2016年4月開始~9ヵ月の通学で84点にまでスコアアップ!!
(R20 L23 S19 W22)

卒業後、3月~6月は独学
その後のTOEFL6月公式にて 92点を獲得しました!!!!
(R20 L24 S23 W25)

現在高校3年生のRyoka。
入塾当初は日本の大学に行く予定だった彼女ですが、
TOEFLの勉強をしながら別の進路を考えるようになったそうです。

現在!カナダの大学に願書を出す予定!

既にTOEFL全体スコアの基準をパスしている彼女ですが・・・
Readingスコアが2点足りなかったようで、引き続きチャレンジします!
と意気込んでおりました。
(今のままでも大丈夫みたいでしたが、最後までがんばる!とさすが、Ryoka!!ガッツがあります。)

95点目指して、大学合格したらまた報告にきます!
と言って、EIを後にしました。

そんな、順風満帆にスコアを伸ばしてきたように見える彼女ですが、
卒業後にかなり落ち込んだ時期もあったそうです。

と、いうのも、EI卒業時には84点を獲得していた彼女ですが、
何回受けても点数があがらないどころか、どんどん下がっていってしまい、77点にまで落ち込んだ時期もあったそうです。

そんな中、一緒にTOEFLの勉強を頑張っていた親友が、
92点を獲得!!

Ryokaは「おめでとう!」と喜んだものの、内心複雑な気持ちでいっぱいだったそう。

その日は家でかなり泣いたそうで、そんな彼女をみたご両親が
「そんなに悔しいなら、点数取れるまで何回も受けなさい!」と叱咤激励。
Ryokaも気持ちを切り替えて、臨んだ直後のTOEFLスコアが87点!

その後、92点と飛躍的なスコアアップを果たしたそうです。

どうしてそんなに急にスコアアップしたの!?
と彼女に質問してみると

「完全に気持ちの問題です(笑)」

なんて笑いながら話してましたが、
悔しい気持ちをバネに、なかなか上がらなかったWritingをインターネットで色々検索して、こんなやり方で解いてみたらどうかな?など実践してみたり、

Readingも時間を気にしながら焦って解いていたのを
「全て解けなくてもいいから、落ち着いてやろう」
と決めて臨んだ結果、スコアが伸びたり!などなど。

TOEFL受験の数を重ねたことで彼女自身が、
自分に「合う」やり方を自分自身でも導いていったのだと思います。

「それでも気持ちの差は本当に大きい!」とRyoka

「こんなに短期間で劇的に伸びたのは、
近くで一緒にTOEFLの勉強をがんばっていた友達がスコアをあげて
私に悔しい思いをさせてくれたから。本当に感謝してます。」

と、良きライバルの存在に感謝している姿に、私は本気で感動してしまいました。
彼女の大物感というか、オーラというか・・・
まぶしかったです。

↓ 卒業時のRyoka

立派な地球人に間違いなくなりそう!!

Ryokaから言ってもらえた言葉で印象的だったのが

「EIは塾みたいな学校のような、、、けど普通の塾なら進路相談とかしてもらっても、結果だけ見られて”今のレベルならここの大学ならいけるんじゃない?” ”志望している大学はそのスコアじゃ無理だよ”など、初めてあった人に自分の「スコア」だけを見られて評価されるような印象だけど、EIは同じスコアアップを目指す場所だけど、なにが滞っている原因なのか。など、気軽な雰囲気で相談に乗ってくれるので、またがんばろう。というモチベーションに繋げられた。勉強しなきゃスコアはあがらないけど、気持ちでスコアはもっとあげられるし、最後まで楽しく通うことが出来た!また通いたいです。」

EIをそんな風に居心地が良いと感じてくれていることに、私たちスタッフも感動しながら、今通ってくれている生徒のみんなにも同じような気持ちで通ってくれていたら嬉しいな!と思いました。

何かを達成するには、努力は必須。けど、努力をしていても継続していると伸び悩むことは絶対にあります。
けど、頑張っていることは、達成するまで絶対にあきらめないでほしいです。

一度でもあきらめてしまうと、人はあきらめるクセがつきやすくなってしまうと思います。
取捨選択する中で「これは必要なかった」といってやらない選択をすることは全然いいと思います。

けど、一度は達成しよう!
と決めたことに関しては、簡単にあきらめないでほしいのです。

10年後、20年後、振り返ったときに、諦めなかった経験。乗り越えられた経験は、自分自身を輝かせる糧に間違いなく繋がるはずです!

前よりもちょっぴり輝いていたRyokaを見て感じた、
今私がみんなに一番伝えたいことです!

Ryokaありがとう!また、目標達成したときには(そうでなくても!)イングリッシュイノベーションズに遊びにきてね!

, , , ,

執筆者 この記事を書いた人:Kana

Kana

小学校の頃に アメリカ、ニュージャージー州に滞在。 大学卒業後、某大手英語学校に勤務しました。 その後ロサンゼルスに夢だった留学を果たし、 先日日本に帰国しました。 趣味は高校生からずっと続けているチアダンスです☆ 目標のために英語をがんばる人を応援します!

無料で授業を体験する